menu
menu

試し読み

女になったことを楽しんでいる余裕はない。『君の顔では泣けない』試し読み#4

圧倒的リアリティで「入れ替わり」を描く小説野性時代新人賞受賞作!『君の顔では泣けない』

9月24日に発売される小説 野性時代 新人賞受賞作『君の顔では泣けない』。
同級生と体が入れ替わって、元に戻れないまま15年が過ぎた――。
そんな驚きの設定とリアルな描写で発売前から話題沸騰の注目作です。
ありそうでなかった「入れ替わり」の物語、特別に試し読みをお届けします!

『君の顔では泣けない』試し読み#4

 昨日の水泳の授業のときだ。プールに入る前、生徒たちはプールサイドに並び教師の話を聞いていた。見学の為制服姿のままだった水村もそこに並んでいた。見学者でも、最初はそこで話を聞くルールだった。
 教師がその日の授業内容をつらつらと話す中で、俺は隣にいたざきとふざけ合っていた。田崎が、冗談で俺の肩を小突く。それほど強くない力だったが、バランスを崩し、プールの中へと体が傾いた。
 そのすぐ隣には水村がいた。俺がとつに水村の腕をつかんだのか、それとも水村が俺を助けようとして腕を摑んでくれたのか、一瞬のことでよく覚えていない。ともかくも、俺たちはそのまま、二人でもつれ合うようにしてプールに落ちた。
 何やってんだよお前と男子からは笑いが起こり、女子は大丈夫? と水村を心配する声を上げていた。お前らちゃんとやれと先生からは叱られてしまった。俺たちは軽口すらたたくことなくそれぞれプールから上がる。ただただ恥をかいただけの出来事だ。
 たったそれだけ? たったそれだけのことでこんなことが起きているというのか。けれど確かに水村の言う通り、今までろくにしやべったことのない俺たちにとって、関わりがあった瞬間はそのときくらいしかない。
 とりあえずさ、と水村が何か言いかけて、口をつぐむ。おばちゃんがアイスコーヒーを持ってきた。不愛想にシロップとミルクを置くと、何も言わずカウンターへ戻る。このおばちゃんは客に無関心で、昼過ぎから喫茶店にいる学生に対して詰問したりはしないだろうから、水村のこの店のチョイスは正しかったと思う。
「とりあえずさ」もう一度水村が口を開く。「もとに戻る方法、探さなくちゃね」
 そうだ。それが最優先事項だ。しかし、何をすればいいのかすら分からない。
「探さなくっちゃね、って言ったってさあ、具体的な原因だって分かんないのにどうするってんだよ。まずこの今の状態がありえないわけでさあ」
「私もどうやったら戻るかわからないけどさ。とりあえずいろいろやってみようよ。昨日みたいに、いっしょにプールに飛び込んでみるとかさ」
 諭すような水村の物言いに更にいらちが募る。
「随分冷静沈着じゃんよ。何? もしかして入れ替わるの慣れてるとか?」
「いやまさか。私だってはじめてだよ、こんなこと。でも坂平くんすっごいあわててるから、こっちのほうはなんか妙に冷静になっちゃって」
「はあ?」
 かちんときてにらみつける。そこには間の抜けた顔で俺を見ている俺がいる。いくら凄んでみせても、結局その姿は背の低い女子が頑張って目を吊り上げている様子でしかなくて、そう思うと急に馬鹿馬鹿しくなって長めに息を吐く。この時のことは今でも水村にされる。坂平くん、自分では気づいてなかったかもだけど、超パニック状態で挙動不審だったよ。
「じゃあとりあえず、水着に着替えて学校に集合するか」
「そうだね。いろいろ試してみようよ」
 水着。その単語に思わずよこしまな想像をしてしまう。さっきはそれどころじゃなかったが、いざ改めて自分の体が異性のそれになっているという事実を認識して、急激にむずがゆさが全身を走った。
 しかし、それは水村だって同じことだ。俺は内心の動揺を悟られないように、不機嫌を装って尋ねる。
「お前、俺の裸見てないだろうな」
 一瞬きょとんとした顔を見せた後、どういう表情を作ったらいいか考えあぐねているような、不格好な笑顔を見せる。
「ごめん。着替えたりしたから」
「ああいや、それはもちろんいいんだけど。こう、パンツ脱いだりとか」
「ごめん、トイレ行きたかったから……」
 その言葉に一気に顔が熱くなる。うわあまじかよお、と小さく叫んで手のひらで顔を覆った。まだ家族以外の異性には誰にも見せたことがないのに。こんな形で見られることになるなんて。屈辱にも似たしゆうで顔を上げられない。
「あ、でも、そんなしっかりとは見てないから安心して」
 慌てたその声に、伏せた視線をゆっくりと戻す。困った笑みを浮かべる水村を見て、なんだか急に自分が子供じみている気がして居住まいを正す。
「ごめん。それは俺だけじゃなくて、水村もだよな。俺も、できるだけ見ないようにしたから」
「あ、ううんそれはぜんぜんいいよ、しかたないもん。でも、だいじょうぶだった?」
「大丈夫って、何が?」
「いや、ほら。私、昨日から生理だったから」
 言われて、白い便器の上で波状に滴った赤黒い色と、腹の奥から得体の知れない何かがずるりと滑り落ちる感覚を思い出してしまう。急に下着の奥に不快さを感じる。どうにか平静を装って、大丈夫だよ、と答える。
「女子も色々大変なんだな」
「まあね。でも、男子もいろいろ大変そう」
 そう言って水村が俺の顔ではにかむ。
 今思えば、あの時の俺は幼稚だったなと思う。そして、水村は大人だった。同じ状況に立たされているはずの彼女の冷静さに俺は救われていた。今はもう水村はその過去を笑い話にしかしないけれど、入れ替わってしまったことを知った時の恐怖と不安は俺とは比べ物にならなかったはずだ。女である自分の中に入り込んだ男のすることとは何か。女の体で十五年間生きてきてようやく思い知ったが、その想像だけで気が狂いそうになる。
 それでも水村はそれを隠して笑っていた。想像力の乏しい俺がそれに気付くのはもっとずっと後になってだった。

 あらゆることを試したが、俺達は元に戻らなかった。
 思いつく限りのことは試した。まず、水泳部の活動が終わった後こっそりプールに忍び込んで、いっせーのせで落ちた。駄目だった。頭をぶつけ合ってみたり階段を転げ落ちてみたりもした。全部駄目だった。
 したたかに打ち付けた肩の痛みに耐えながら、俺達は先程転げ落ちたばかりの神社の階段に腰を掛け、ぽつりぽつりと話し始める。
「とりあえずさ、一日待ってみようよ」
「うん」
「朝起きたらさ、戻ってるかもしれないでしょ? 入れ替わったのだって、プールに落ちたときじゃなくて、その翌朝だったんだし」
「うん」
「だからさ、そんなへこむことないよ。ポジティブに考えてこうよー」
 水村がガッツポーズをしてにこにこと笑う。それを見て思わず大きな溜息をつく。能天気な女だ。
「とりあえず、少なくとも今日の夜までは私は坂平くんのふりしなきゃいけないし、坂平くんは私のふりしなくちゃいけないから。情報交換しておこうよ」
「情報交換?」
「そう。家族にばれないようにしたほうがいいでしょ、こういうのは」
「まあ、言ってもどうせ信じないだろうけどな」
「頭おかしいと思われちゃうからね。夜までは穏便に過ごそう」
 とりあえず家族構成から、と互いに伝え合う。水村は母親と父親との三人暮らし、ペロという名前の犬が一匹。俺は父と母、そしてろくという二歳下の弟がいる。
「ちなみに、お父さんとお母さんのことはなんて呼んでるの?」
 訊かれて、思わず言葉を詰まらせる。そんなこと訊いてどうすんだよ、と必要以上に鋭い声を出してしまう。
「いやだって、呼び方とかでばれちゃうしさ。ちなみに私は普通にお母さん、お父さんって呼んでるよ」
 最悪だ。むかつく。水村の言うことが至極全うなのも余計腹立たしい。くそ。なんでこんな女の言うこと聞かなきゃなんないんだ。腹立つ。むかつく。
「ママとパパだよ」
 できるだけ自然に言わなくては。羞恥が伝わってしまう。そう思ってものどの奥ですり潰されたような声が出て、耳から首筋にかけてかあっと熱が走った。
 水村の目が見られなくて、スニーカーの爪先を睨みつけた。綺麗に手入れされているのか、それとも買ったばかりなのか、雪のように真っ白だ。けれどさっきのドタバタで、点々と泥汚れがついてしまっている。
「そっかー了解。弟くんのことはなんて呼んでるの?」
 事もなげにそう言ってくれるのは水村の優しさなのだろう。他人の機微に無関心だった当時の俺にもそれくらいは分かっていたが、でもその心遣いが一層惨めな気持ちにさせたことも間違いではなかった。禄だよ、と答える声が自然ととげとげしくなってしまう。それでも水村は表情一つ変えず話し掛けてくる。
「坂平くんの家族って、どういう人たちなの?」
「どういう人達、って言われてもな……」
「だってやっぱり、どういう感じなのかっていうの知っとかないとやりづらくない?」
「まあ、それはそうだけど」
 頭をぽりぽりとく。自分の家族を評するという行為はなんとなく気恥ずかしく感じられた。そもそも、自分の親や家族をどういう人間かなんて目で見たことがない気もする。

つづく

作品紹介『君の顔では泣けない』君嶋 彼方



君の顔では泣けない
著者 君嶋 彼方
定価: 1,760円(本体1,600円+税)

圧倒的リアリティで「入れ替わり」を描く小説野性時代新人賞受賞作!
高校1年の坂平陸は、プールに一緒に落ちたことがきっかけで同級生の水村まなみと体が入れ替わってしまう。いつか元に戻ると信じ、入れ替わったことは二人だけの秘密にすると決めた陸だったが、“坂平陸”としてそつなく生きるまなみとは異なり、うまく“水村まなみ”になりきれず戸惑ううちに時が流れていく。もう元には戻れないのだろうか。男として生きることを諦め、新たな人生を歩み出すべきか――。迷いを抱えながら、陸は高校卒業と上京、結婚、出産と、水村まなみとして人生の転機を経験していくことになる。
詳細:https://www.kadokawa.co.jp/product/322105000257/
amazonページはこちら

実力派新人のデビューを応援する「ナキザカナプロジェクト」進行中!

最新情報は特設サイトで↓
https://kadobun.jp/special/nakizakana/

「ナキザカナプロジェクト」とは?
9月24日発売予定単行本・第12回小説 野性時代 新人賞受賞作『君の顔では泣けない』(著・君嶋彼方)と、10月22日発売予定単行本・第41回横溝正史ミステリ&ホラー大賞〈大賞〉受賞作『虚魚』(そらざかな)(著・新名智)という、ふたりの実力派新人のデビュー作を盛り上げるべく立ち上げられたプロジェクトです。 文芸界の新たな才能をお見逃しなく!



紹介した書籍

MAGAZINES

小説 野性時代

最新号
2021年11月号

10月25日 発売

怪と幽

最新号
Vol.008

8月30日 発売

ランキング

書籍週間ランキング

1

民王 シベリアの陰謀

著者 池井戸潤

2

君の顔では泣けない

著者 君嶋彼方

3

テスカトリポカ

著者 佐藤究

4

六人の嘘つきな大学生

著者 浅倉秋成

5

USJを劇的に変えた、たった1つの考え方 成功を引き寄せるマーケティング入門

著者 森岡毅

6

50代になった娘が選ぶ母のお洋服 魔法のクローゼット

著者 くぼしまりお

2021年10月10日 - 10月17日 紀伊國屋書店調べ

もっとみる

アクセスランキング

新着コンテンツ

TOP