menu
menu

試し読み

【板垣瑞生、吉柳咲良、竹内涼真ら出演】映画公開直前・原作小説試し読み『初恋ロスタイム -First Time-』第3回

9月20日(金)ロードショー、映画『初恋ロスタイム』。
映画の公開を記念して、原作小説の冒頭約70ページを7日連続で大公開!

時が止まった世界で、最初で最後の恋をした――。
ロスタイムの秘密が明らかになったとき、奇跡が起こる。

>>前話を読む

 第一話 静止した街の中で

 停止世界に風は吹かないが、風を切って走ることはできる。
 いつものように時間が止まったあと、教室の後ろの戸から抜け出した僕は、せいひつに包まれた午後の廊下を全力疾走した。
 一月中旬の乾燥した冷気が、まされた無数のとげのように頰をかすめていく。それでも熱情に支配された僕の足を止めることはできない。
 一段飛ばしで階段を下り、またたに校舎の玄関を抜け、息を荒らげながら外へとおどると、そこでさらに気温が下がった。寒気のゆう鉄線に飛び込んだようで、体のしんにぞわりとした感覚が通り抜ける。
 だが立ち止まることは許されない。そんなひまはないからだ。
 急がなければならない理由は二つある。一つはタイムリミットの存在だ。
 以前、時間停止直後から、ひたすら数をかぞえてみたことがある。停止時間の長さを計測するためだ。
 カウントのタイミングは脈動に合わせたのだが、時間が動き出したのは三九〇三をかぞえたときだった。通常時間における僕の脈拍数が、一分間あたり六五回であったので、停止時間の長さはほぼ一時間だと判明した。
 高町教諭への宣言で時間を浪費したため、タイムリミットまでは残り五〇分程度と推測される。女子とお近づきになるという目的を果たすには充分なゆうに思えるが、ここでもう一つの理由が問題になってくる。
 それは、この近くに女性が全くいないということだ。
 何度も言うようだが、僕の通う須旺学園は男子校である。旧制中学の伝統をぐ硬派な校風は、一言でいえば質実剛健。
 そのせいか、校内で女性の姿を見ることはいつさいない。教師陣は男性のみで構成され、養護教論や学校職員ですら男性がつとめるというてつていぶりだ。これは、停止時間を利用して劣情を満たそうとする者には、手足をもがれたにも等しい状況である。
 しかし、校内に女性がいないのであれば、外に探しに行けばいいのだ。
 幸いなことに、自転車で一五分ほど走った場所に共学校がある。
 学院という名のこの学校は、男女共学のくせに県内で最高の偏差値を誇り、卒業生の半数は東大と京大に行くという超名門校だ。
「……まさかこんな理由で、吉備乃に行くことになるとは」
 駐輪場にて愛車のかぎを外しながら、ためいき混じりにそうつぶやいた。
 実を言うと僕には、吉備乃学院の入試を受けた過去があるのだ。あのとき受かってさえいれば……といまさら後悔が込み上げてくるが、
「いや、いまは集中しろ。時間がない」
 思いを振りきるように自転車にまたがる。
 ペダルはものすごく重かった。
 この停止世界では、全ての物体は凍結したように空間に固定されてしまう。
 物体に強い力を加えれば動かせるようになり、一度凍結を解いてしまえば通常通りに動作させられるとはいえ、非力な僕には結構な重労働だった。
 が、げに恐ろしきはぼんのうの力である。汗だくになりながらもハンドルやブレーキを慣らし、校門に辿たどく頃には愛車を乗りこなせるようになっていた。
 そして学校から出る直前になって、一度だけ校舎を振り返ってみた。
 当然ながら、どの教室でもまだ授業が行われている。かろうじて僕の教室も見えたが、高町教諭は変わらず生徒に向かってきようべんを振るっているようだ。そのクラスの中に一人、学外に出ようとしている者がいることに気付きもせず。
 次第に湧き上がる優越感と背徳感。相反する感情で胸をいっぱいにしつつ、前方に目を戻すなりペダルを強くんだ。
 もはや障害は何もない。あっという間に車体が校門を抜けると、長くうねった下り坂が見えてきた。
 日常から解き放たれた感覚がして、たちまち気分はそうかいになる。
 僕はハンドルから手をはなし、両腕を左右に大きく開いた。そのまま眼下に延びるゆるやかなスロープへと、つばさを広げた海鳥のようにかつくうしていく。
 冷たく清浄な大気が、そっと抱き留めてくれたように感じた。さらに道端に咲いた山茶花さざんかの香りが胸中に広がり、制服の内側をらした汗もすぐにぬぐられていく。ああ、なんて気持ちがいいのだろう。
 赤信号でもまる必要はない。歩行者が飛び出してくることもないので、狭い路地でもスイスイ走ることができる。
 となればルート選びの自由度も上がる。この辺りで一番の近道は、ふもとにある巨大な総合病院の敷地内を突っ切るコースだろう。
 病院のロータリー付近は、いつも朝から患者とタクシーでごった返しているため、よほど遅刻しかけているときにしか使わないルートである。しかし時間停止中ならばお構いなしだ。
 病院内にえんりよなく自転車を乗り入れたところで、このままここでかんさんと……という妄想が頭に浮かんできたが、すぐさま首を横に振って打ち消した。記念すべき初めての行為は、やっぱり同年代の女の子がいいと思う。
 いやいや、行為という表現は誤解を招きかねない。訂正しよう。
 年頃の欲情に頭をおかされている僕ではあるが、もちろん女性の体に触れるつもりなんてないのだ。
 何故なら、人体に強い力を加えれば、凍結が解けて動き出すかもしれないからだ。そうなれば両手が後ろに回ってしまうし、現状では肌の質感はプラスチックのように味気ないものなので、触ると逆に気分が盛り下がる恐れがある。
 だから初日の課題としては、女子のとなりに並んで座るぐらいにしておこう。
 我ながら小市民すぎる望みに自嘲を禁じ得ないが、そんなささやかな想像にさえ、胸の鼓動はどくんと高鳴ってこたえた。ビバ・ボーイミーツガール。自転車のスピードもぐんぐん上がっていく。
 ノーブレーキで街中をけ、鼻息を荒くしながら車道の真ん中を突っ切って、おおよそ一〇分程度走ったところで、吉備乃学院の白い校舎が見えてきた。
 ああ……。あそこに女の子がいる。
 妄想が先走って視界がピンク色に染まり出した。
 もう止まらない。自転車に乗ったまま大理石の校門を抜けると、レンガ造りのオシャレな歩道が校舎まで続いていた。
 何やらすでに、においが違う気がした。
 がきや花壇は冬でもれいに整備され、来客用の駐車場には高そうな車がぎっしり。無人のグラウンドには全面に人工芝が張られており、金網フェンスも穴だらけだったりゆがんだりしていない。ここで流す青春の汗は、さぞや美しいのだろう。砂煙に巻かれたり泥にまみれたりしないのだろう。
 ただし残念ながら、どこにもたいそう姿すがたの女子はいなかった。というより見渡す限り誰もいなかった。
 よくよく考えてみると、午後一時三五分という時間は非常にちゆうはんだ。もちろん吉備乃でも授業中だろうし、女子の着替えに鉢合わせできる可能性はない。
 となれば、教室の中でちょっかいをかけるしかないのだが……男女が隣り合って座っている場所にちんにゆうしていくことに、何故か抵抗感があった。衆人環視では何となく気分が乗らない。実際には見られていないとしてもだ。
 できれば、女の子が一人きりでいてくれると助かるのだが……。
 そう思いつつ、自転車で校内を巡回していると、
「──あっ」
 茶枯れた芝生が広がる校舎の中庭に、制服姿の女子を発見した。
 地面にハンカチを敷いて、そこに腰を下ろしているようだ。座り方はいわゆる体育座りというやつで、りようひざそろえて立てている。
 吉備乃学院の制服は、濃紺色を基調としたシックな三つボタンブレザーだ。首元には可愛かわいらしいリボンがあしらわれ、スカートは明るいブルーのストライプ柄である。布地の下からかすかに見えるふとももが、太陽のごとき眩しさで僕の脳を揺らしてきた。一瞬くらくらとしてしまう。
 ──待て待て、落ち着け僕。
 まずは息を整えろ。
 自転車をその場に停めて、女の子に近づきながら眼鏡を直し、目をらしていく。
 どうやら彼女は、膝の上にスケッチブックを置いて、そこに何かを描き込んでいるようだ。
 彼女の目線の先には、ヒイラギの植え込みがあった。その向こう側には校舎の壁際で丸くなった黒猫の姿が見える。どうやら彼女は、猫の絵を描いていたらしい。
 どうして授業中に一人でスケッチなどしているのか、まるでわからない。だがいまはどうでもいいことだ。ただ出会えた幸運にかんしやしよう。彼女にとっては不運かもしれないが。
 ならばさっそく、失礼して……。
 聞こえないとはわかっていても、足音を忍ばせて彼女に歩み寄っていく。我ながら本物の変態みたいでこつけいだが、いまはぎやくは置いておけ。
 いよいよ待ち望んでいた瞬間がやってきた。心臓が暴れて口から飛び出しそうだ。あと一歩、手を伸ばせばすぐそこに──
「……誰?」
 不意に、無音の世界にかすかな声がひびいた。

〈第4回につづく〉

ご購入はこちら▷仁科裕貴『初恋ロスタイム -First Time-』| KADOKAWA



※掲載しているすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。


映画「初恋ロスタイム」
2019 年 9 月 20 日(金)公開
出演:板垣端生 吉柳咲良 石橋杏奈 甲本雅裕 竹内涼真
主題歌:緑黄色社会「想い人」
監督:河合勇人
脚本:桑村さや香
https://hatsukoi.jp/
©2019「初恋ロスタイム」製作委員会


紹介した書籍

関連書籍

カドブンノベル

最新号 2019年11月号

10月10日 配信

ランキング

書籍週間ランキング

1

明日の僕に風が吹く

著者 : 乾 ルカ

2

トリガー 上

著者 : 真山 仁

3

ドラフト最下位

著者 : 村瀬 秀信

4

逃亡小説集

著者 : 吉田 修一

5

私のことが好きじゃないとかセンスないよね

著者 : あたりめ

6

キミのお金はどこに消えるのか 令和サバイバル編

著者 : 井上 純一

10/7~ 10/13 紀伊國屋書店調べ

もっとみる

アクセスランキング

新着コンテンツ

TOP