menu
menu

試し読み

最強の殺し屋は――恐妻家。驚愕と感涙のエンタメ小説最高峰!  伊坂幸太郎『AX アックス』試し読み②

2/21(金)発売、伊坂幸太郎さんの文庫最新刊『AX アックス』より、冒頭試し読みを特別公開。『グラスホッパー』『マリアビートル』に連なる<殺し屋シリーズ>の最新作をお楽しみください。
>>第1回から読む

 ◆ ◆ ◆

「そりゃそうだ。仕事は緊張しない。やるべきことをやるだけだ」
「かみさんに対してはそうじゃないのか」
 当たり前だ、と兜はうなずく。
「でも、じゃあ、どうするんだ。カップラーメンが無理なら。スナック菓子にしても音はするぞ」蜜柑がその、うれいを含むようなふたまぶたまなしを向けた。「腹が減ったら、どうする」
「バナナか、おにぎり」兜は真剣な面持ちで、言う。
 なるほど、と同業者の二人が感心しかけた。「鋭いな」と。が、兜はすぐに、「と考える奴はまだ、甘い」とぴしゃりと言い切る。
「甘いのか」「バナナもおにぎりも音がしないけどな」
「いいか、深夜とはいえ、時には、妻が起きて、待ってくれていることもあるんだ。夕食、もしくは夜食を作ってくれていることもある」
「あるのか」
「平均すれば、年に三回くらいはあるだろう」
「ずいぶん多いな」蜜柑はこれは明らかに、皮肉で口にした。
「そうなった場合、彼女の手料理を食べることになる。意外に量が多かったりする。もちろん、おにぎりもバナナも食べようとは思えない」
「そういうこともあるだろうな」
「いいか、コンビニエンスストアのおにぎりは消費期限が短い。翌朝にはもう駄目だ。バナナも意外に日持ちしない」
「つまり?」
「最終的に行き着くのは」
「行き着くのは?」蜜柑が聞き返した。
「ソーセージなんだ。魚肉ソーセージ。あれは、音も鳴らなければ、日持ちもする。腹にもたまる。ベストな選択だ」
 檸檬と蜜柑が一瞬黙る。
「時々、深夜のコンビニで、いかにも俺と同じような、仕事帰りの父親が、おにぎりやらバナナを買っていこうとするけれどな、それを見るといつも、まだまだだな、と感じずにはいられないんだ」兜は続ける。「最後に行き着くのは、魚肉ソーセージだ」
 言い切る兜を、ぽかんと眺めていた檸檬はやがて、ゆっくりと手をたたきはじめる。はじめは間を空けていたのが、だんだんと早く。スタンディングオベーションを座りながらにやるかのような雰囲気で、顔は至って、真面目だった。「兜、おまえは今、非常に情けない話を、これ以上ないくらいに恰好良く語ってるぞ。感動だ」と拍手を小刻みにしていく。隣の蜜柑が、馬鹿馬鹿しい、と苦虫を嚙みつぶしていた。「業界内で兜と言ったら、一目置かれている。一目どころか二目も。それがこんな恐妻家だと知ったら、がっかりするやつもいるだろうな」
 あの二人には最近、あまり会わないな、と兜は思う。「ソドー島建設の責任者は、ジェニー・パッカードさんでした!」と誇らしげに言う檸檬の顔が思い出された。
 背広のポケットに突っこんでいた魚肉ソーセージを取り出す。静かにビニールをがし、一口をかじる。空腹をソーセージが慰める。椅子がきしむため、まずいまずい、と焦る。妻が起きてこないか、耳を澄ました。

〈第3回へつづく〉


伊坂幸太郎『AX アックス』(角川文庫)

伊坂幸太郎『AX アックス』(角川文庫)


伊坂幸太郎『AX アックス』特設サイトhttps://promo.kadokawa.co.jp/ax/


紹介した書籍

関連書籍

MAGAZINES

カドブンノベル

最新号
2020年12月号

11月10日 配信

怪と幽

最新号
Vol.005

8月31日 発売

小説 野性時代

最新号
2020年12月号

11月11日 発売

ランキング

書籍週間ランキング

1

火曜ドラマ おカネの切れ目が恋のはじまり シナリオブック

脚本 大島里美

2

生きる力 引き算の縁と足し算の縁

著者 笠井信輔

3

カラ売り屋、日本上陸

著者 黒木亮

4

この本を盗む者は

著者 深緑野分

5

四畳半タイムマシンブルース

著者 森見登美彦 原案 上田誠

6

ハムスター助六の日常 めざせ世界旅行!

著者 GOTTE 原案 わつみ

11/16~ 11/22 紀伊國屋書店調べ

もっとみる

アクセスランキング

新着コンテンツ

TOP