menu
menu

試し読み

累計260万部突破! <殺し屋シリーズ>最新作  伊坂幸太郎 『AX アックス』試し読み③

2/21(金)発売、伊坂幸太郎さんの文庫最新刊『AX アックス』より、冒頭試し読みを特別公開。『グラスホッパー』『マリアビートル』に連なる<殺し屋シリーズ>の最新作をお楽しみください。
>>前回を読む

 ◆ ◆ ◆



 朝起きると、すでに兜の妻は家を出るところだった。「ごめんなさい。テーブルに朝食は置いてあるから。食べておいて」と言い、玄関を開けて飛び出していく。「朝、会議があるのを忘れていたから」
「どうぞどうぞ」兜は言い、洗面所で顔を洗い、トイレを済まして、ダイニングテーブルへと向かう。壁の時計を見れば、朝の七時半だった。
 妻が不在の家は、気分が楽だ。もちろん妻が苦手であるとか、嫌いであるとか、そういったことではない。むしろ、それなりに長い結婚生活の中で、愛情は一目盛たりとも減っていないと断言できるが、常に、妻の機嫌を気にかけてしまうのは事実だった。虎の尾ならぬ妻の尾は、家の床中にっており、しかも見えない。いつ踏むかも分からない。
 テレビが点いていた。朝の情報番組が流れ、天気図の前に若い女性が立ち、関東の週間天気について説明をしている。
「この人、母さんに似ているよな」兜は言う。すでに息子のかつが座り、トーストを齧っていた。鼻筋が通り、ひとみは黒目が目立つ。高校生にしては大人びて見える。力強さとぜいじやくさが入り混じった外見は、贔屓ひいき目を差し引いても、魅力的に思えた。母親に似たのだろう。
「おふくろに? いやあ、ぜんぜん違うよ。この人、二十代だよ」
「あと二十年もしたら、母さんみたいになる」
「それってさ」克巳はテーブルの上の、由緒正しい海外ブランドの、ティーカップを指差した。「これも千年したら、土器になる。って言ってるようなものでしょ」
「土器を馬鹿にするのか? カップよりも、貴重だぞ。それにそれは、土器ではない。いいか、この天気の女の子は、母さんに似ている」
「親父は、思い込みが激しいんだ」
「俺が? 思い込みが激しい?」
「そう。あ、これはこうなんだ! と思ったら、それが真実だと信じるだろ」
「そうかな」
「前もほら、歩いていたら、ビルの前に人だかりができていて、遠くから消防車のサイレンが聞こえてきたら、『なるほど、あそこが燃えているんだな』と自信満々に指差していた」
「あったな」
「結局、ただのセールで、行列ができていただけだった」
 その前日、兜は同じ業界の人間から、放火事件を起こす集団がいると聞いていたばかりで、それが先入観として働いた。が、息子には説明ができない。勘違いだったのは事実だ。「そうだったか」
「宅配便の配達のお姉さんが来なくなったら、『なるほど、運転免許を持っていないことがばれたんだろうな』とか真面目な顔で言うし」
「その頃、ニュースで話題になっていたんだ。無免許の宅配ドライバーが」
「ほら、親父はそうやってすぐに、情報を組み合わせて、結論に飛びつくんだ。何でも結び付けたくなる。親父の、『なるほど』は要注意だ」
 自覚はなかったため、不本意ではあったが、兜は言い返さなかった。「そういう側面もあるかもしれないな」とあいまいに応じた。
 克巳はすでに兜の言葉を聞いていないかのようで、テレビをじっと眺めている。「そういえば、浮気してるのって本当?」とぼそりとこぼす。
 兜はその場で、座りながらにして転びかける。せんりつが体を走り抜ける。「何言ってるんだ!」


〈第4回へつづく〉


伊坂幸太郎『AX アックス』(角川文庫)

伊坂幸太郎『AX アックス』(角川文庫)


伊坂幸太郎『AX アックス』特設サイトhttps://promo.kadokawa.co.jp/ax/


紹介した書籍

関連書籍

MAGAZINES

カドブンノベル

最新号
2020年12月号

11月10日 配信

怪と幽

最新号
Vol.005

8月31日 発売

小説 野性時代

最新号
2020年12月号

11月11日 発売

ランキング

書籍週間ランキング

1

火曜ドラマ おカネの切れ目が恋のはじまり シナリオブック

脚本 大島里美

2

生きる力 引き算の縁と足し算の縁

著者 笠井信輔

3

カラ売り屋、日本上陸

著者 黒木亮

4

この本を盗む者は

著者 深緑野分

5

四畳半タイムマシンブルース

著者 森見登美彦 原案 上田誠

6

ハムスター助六の日常 めざせ世界旅行!

著者 GOTTE 原案 わつみ

11/16~ 11/22 紀伊國屋書店調べ

もっとみる

アクセスランキング

新着コンテンツ

TOP