menu
menu

試し読み

恐妻家の「兜」が殺し屋であることは、家族はもちろん、知らない。伊坂幸太郎 『AX アックス』試し読み④

2/21(金)発売、伊坂幸太郎さんの文庫最新刊『AX アックス』より、冒頭試し読みを特別公開。『グラスホッパー』『マリアビートル』に連なる<殺し屋シリーズ>の最新作をお楽しみください。
>>前回を読む

 ◆ ◆ ◆

 恐ろしいことを言うな、と声を大きくしてしまった。
「え、この天気のお姉さんだよ。この間、ネットニュースに載ってたけど、この番組のプロデューサーと不倫してるんだって」
「ああ、そっちか」
「そっちってどういうこと」
「いや」兜は言った後で、曖昧に応じていると良からぬ誤解を受ける、と思い、「俺は浮気をしていないぞ」と説明を加えたが、それはそれで余計に怪しくなった。
「やっぱりれいな女の人はすごいよね」克巳が不意に言う。かたひじをつき、手にあごを載せ、頰が潰れるような表情で、視線はテレビに向いたままであるから、ほとんど独り言のようなものだったが、兜はもちろん聞き逃せるわけがなく、「凄いってどういうことだ」と訊ねた。
「男はさ、美人の前ではもう、なすすべがないでしょ」
「高校生が何を知った口を利いてるんだ」
「学校で教えてくれるんだよ」
「学校で? 何の学科だ」
 克巳はそこで、父親がいることに気付いたかのように、はっとした態度で姿勢を正した。「違うんだ。うちに今、産休の先生のかわりに美人教師が来ているんだけど。一カ月前から」
「美人は主観だ」
「国語の先生なんだけど、全然、なってないんだよ。漢字も書けないし、ざいおさむという名前も読めなかった」
「そんなことでよく務まるな」
「美人だから、オッケーなんだよ」
「そんなわけにはいかないだろ」
「明らかに、他のおじさん教師たちの顔がゆるんじゃって、校長とかさ、もう、めろめろだよ」
「おまえたちもそうだろうが」
「否定はしないけど」
 その後、克巳は黙り、兜もトーストを食べ、テレビを眺めていた。少ししてから、「この間、実は目撃しちゃったんだけどさ」と克巳が言い、会話は続いていたのかと気づく。同時に、目撃した、とは自分の物騒な仕事の場面のことではないか、と早合点し、またしても、「どういうことだ」と語調を強くした。
「放課後、だいぶ暗くなってきた頃に、視聴覚室に、その先生がいたんだよ」
「美人教師がか」
「もう一人、若い男の教師も。隣のクラスの担任なんだけど、熱血の、真面目な先生でさ。やまって言うんだけど。とにかく、二人で何か向かい合ってるわけ」
「がんばれ山田先生。どきどきする展開か」
「そんなのんなことは言えないって。だって、山田のほうは結婚してるんだから」
「何と」兜は自分の体を両手で抱えるようにして、顔をしかめる。「別の意味でどきどきしてくるぞ。気をつけろ山田先生」
「どういう意味だよ、親父」
「その山田先生と、美人教師は公然の仲なのか?」
「たぶん、俺たちだけだよ、知ってるのは。視聴覚室にいたら教師二人が入ってきて、こっちは隠れるしかなかった」
「俺たち? 不倫の二人を目撃したのはおまえだけじゃないのか。おまえと、誰だ?」

〈第5回へつづく〉


伊坂幸太郎『AX アックス』(角川文庫)

伊坂幸太郎『AX アックス』(角川文庫)


伊坂幸太郎『AX アックス』特設サイトhttps://promo.kadokawa.co.jp/ax/


紹介した書籍

関連書籍

MAGAZINES

カドブンノベル

最新号
2020年12月号

11月10日 配信

怪と幽

最新号
Vol.005

8月31日 発売

小説 野性時代

最新号
2020年12月号

11月11日 発売

ランキング

書籍週間ランキング

1

火曜ドラマ おカネの切れ目が恋のはじまり シナリオブック

脚本 大島里美

2

生きる力 引き算の縁と足し算の縁

著者 笠井信輔

3

カラ売り屋、日本上陸

著者 黒木亮

4

この本を盗む者は

著者 深緑野分

5

四畳半タイムマシンブルース

著者 森見登美彦 原案 上田誠

6

ハムスター助六の日常 めざせ世界旅行!

著者 GOTTE 原案 わつみ

11/16~ 11/22 紀伊國屋書店調べ

もっとみる

アクセスランキング

新着コンテンツ

TOP