menu
menu

連載

北上次郎の「勝手に!KADOKAWA」 vol.31

北上次郎の勝手に!KADOKAWA 第31回・穂村弘『短歌ください』を読む

北上次郎の「勝手に!KADOKAWA」

数々の面白本を世に紹介してきた文芸評論家の北上次郎さんが、KADOKAWAの作品を毎月「勝手に!」ご紹介くださいます。
ご自身が面白い本しか紹介しない北上さんが、どんな本を紹介するのか? 新しい読書のおともに、ぜひご活用ください。

穂村弘『短歌ください』を読む


穂村 弘『短歌ください』
定価: 616円(本体560円+税)


「短歌ください」は、「ダ・ヴィンチ」誌上に連載中の、読者から短歌を募集する企画ページをまとめたもので、この文庫第一弾では30回までを収録している。2020年には文庫版の続刊も出ている。
 選者の穂村弘が読者の歌に評を寄せているからそれで十分で、屋上屋を架すこともないが、こういうのを読むと一言つけくわえたくなるので許されたい。
 

 四十肩
 三段腹に
 二重あご
 一重まぶたで
 ツンツルあたま

 まず、目に飛び込んできたのがこの歌だ。人体に「数」を見い出すアイデアがとても面白い、と穂村弘は書いている。最後の「ツンツルあたま」が特にいい。
 

 山手線全駅の匂いを調査したサギサワ君の卒業論文

 山手線の駅に匂いがあるのか。いったいどんな匂いだ。そして、あったとしても駅による違いはあるのか。この歌をよむと思いがどんどん広がっていく。「サギサワ君」という固有名詞を出す手つきがややプロっぽい。
 

 じゃんけんでいつも最初にパー出すの知っているからわたしもパーで

 いいなあこれ。あえて「あいこ」にしようという心のうごきがいい。これは恋の歌だ。
 

 ひよこって昔のあだなで呼ばれれば子供時代がきらきら光る

 幸せな子供時代を送ったんだなあと思わせる一首。きらきら光る子供時代があったなんてホント、羨ましい。
 おお、もっと読みたくなってきた。


紹介した書籍

関連書籍

MAGAZINES

小説 野性時代

最新号
2022年12月号

11月25日 発売

ダ・ヴィンチ

最新号
2022年12月号

11月5日 発売

怪と幽

最新号
Vol.011

8月31日 発売

ランキング

アクセスランキング

新着コンテンツ

TOP