menu
menu

連載

赤川次郎「三世代探偵団4 春風にめざめて」 vol.32

【連載小説】久我医師の命が危ない――そう知った居酒屋の女将は、ついに口を開いて……。赤川次郎「三世代探偵団4 春風にめざめて」#8-4

赤川次郎「三世代探偵団4 春風にめざめて」

※本記事は連載小説です。
>>前話を読む

「それは──」
「あの人も、いい加減なところはあるけど、悪い人じゃないんです」
「分ってます」
 と、有里は肯いて、「だから、マナさんを捜すのに力を借りたいんです」
「その子のことかどうか……。あったのは、あの人も分ってました」
 と、女性は言った。
「やっぱりここへ来たんですね」
 と、充代が言った。
「いつですか?」
 と、村上が訊く。
 女将は、深々と息をつくと、
「ゆうべです」
 と言った。「夜、店を閉めた後でした。前もって、『遅くなるが、行くから』と連絡をもらっていたので、待っていたんです」
「そのときには、どんな話を?」
「しばらく遠くへ行く、とだけ。どこへ行くとは言いませんでした」
「なぜ病院を捨ててまで旅に出るのか、言いませんでしたか」
「訊いても、『ちょっとわけがあって』としか……。私も気になりました。──ここでお酒を飲んで行くのは当然でしたが、そのときに、『今までのを払うよ』と言い出したんです。今まで、そんなことをしたこともないのに」
「お金を持ってた、ってことですね」
 と、有里が言った。
「ええ」
「いつも、をためてたんですか?」
 と、充代が訊くと、女将はちょっと笑って、
「払ったことなんか、ありませんでしたよ。少なくとも、ここ五、六年は」
「それじゃ……」
「こっちもお金を取る気になれなかった。古い友達同士って感じでね。あの人はいつも酔うと、『この前の分は払ったっけ?』って訊くんです。それで私も、『ちゃんといただいてますよ』って答えることにしてて」
「それが、昨日はお金を──」
「そうなんです。取り出した古ぼけた札入れに、お札が分厚く詰ってたのが見えました」
「それで、払って行ったんですか?」
「私、もうここへは帰ってこないつもりだなと思ったので、『じゃ、二万円もらいましょ』って言ったんです。そしたらあの人は三万円置いて行きました」
 女将は少し間を置いて、
「──どうなるんでしょう、あの人は」
 と言った。「いくらお金を持ってたと言っても、そうそう長くはもたないでしょう」
「危険だな」
 と、村上は言った。「むなかたが、口封じのために平気で人を殺す奴だってことははっきりしてる。久我さんも──」
「あの人が殺されると?」
「おそらく、一時的に遠くへ行かせておいて、ほとぼりがさめたころ、やるでしょう」
「そんな……」
 女将は青ざめた。「あの人を助けて下さい!」
「しかし、どこにいるかも分らなくては……」
「おそらく……。そう遠くない温泉旅館ですよ」
 と、女将は言った。「あの人は、慣れた場所にしかいられない人なんです」
「分りますね。年を取ると、たいていはいつも同じ辺りに出かけますから」
 と、村上は言った。「どこの温泉ですか?」
 女将がケータイを取り出して、
「──ここです」
 と、連絡先のリストを見せた。「その〈M〉っていう旅館」
「久我さんに連絡できないんですか?」
 と、有里が訊くと、
「できない、と言ってました。ケータイを使えないんだ、とも」
 村上と有里は顔を見合せた。
「それは、もしかしたら、久我さんを消そうとしてるのかもしれない」
 と、村上は言った。「旅館へ電話してみよう。年寄りの一人旅なら、分るかもしれない」
 村上がすぐにその旅館へケータイで電話した。
 しかし、それらしい客はいないという返事だったのだ。
「村上さん。まだ丸一日もたってないんだよ。これから旅館に入るのかもしれない」
「そうか! そうだな。ゆうべどこかに泊って、今日向うへ行くつもりなら……」
 村上は少し考えて、「──その旅館へ行ってみる。むろん、途中からも連絡を取りながら。ともかく、用心しろと言ってやれれば……」
「お願い。あの人を死なせないで下さい」
 と、女将が身をのり出して言った。
「行こう」
 有里たち三人は、その古ぼけた居酒屋を大急ぎで出たのだった。

▶#9-1へつづく
◎第 8 回全文は「小説 野性時代」第206号 2021年1月号でお楽しみいただけます!


「小説 野性時代」第206号 2021年1月号

「小説 野性時代」第206号 2021年1月号


紹介した書籍

関連書籍

MAGAZINES

小説 野性時代

最新号
2021年3月号

2月13日 発売

怪と幽

最新号
Vol.006

12月22日 発売

ランキング

アクセスランキング

新着コンテンツ

TOP