KADOKAWA Group
menu
menu

レビュー

辛口なストーリーに仕込まれた隠し味で、みんなこわい話が大すきに――尾八原ジュージ『みんなこわい話が大すき』レビュー【評者:背筋】

呪いと因縁がすべてを繋ぐ本格じわ怖ホラー
『みんなこわい話が大すき』レビュー

第8回カクヨムWeb小説コンテスト〈ホラー部門〉の受賞作が2冊同時刊行!
大注目ジャンルで生まれた全く新しいホラー作品を、『近畿地方のある場所について』著者、背筋氏の書評とともにご紹介します。



辛口なストーリーに仕込まれた隠し味で、みんなこわい話が大すきに

書評:背筋(作家)

『みんなこわい話が大すき』を読み終えたとき、頭に浮かんだのは、「最高に美味しい辛口カレー」だった。隠し味はきっと、ヨーグルトかはちみつ。
本来カレーの持つ「辛い」という感覚は、不快に分類される。だが、私のようにそれを好み、ともすれば病みつきになる人間は多い。ただし、辛いだけのカレーは間口を狭めてしまう。辛くはありながらも、スパイスの奥深さや、隠し味が生み出すコクなどに人は魅了されるのだろう。ホラーもきっと同じだと思う。
タイトルの印象とは裏腹に、この作品の辛さは強い。物語は、小学校でイジメに遭っている少女の独白からはじまる。彼女はいつからか自室の押し入れにいる「秘密の友達」に話しかけることで、傷ついた自分を慰めている。だが、ある日「秘密の友達」にまつわる事件が起こってしまう。このように、読者は次々と変わる語り手の視点を通して、物語の核を見出していく。
物語の核、それは呪いだ。もちろん呪い自体も十分に怖い。だが、それ以上に恐ろしいのは呪いを取り巻く人物だ。あるときは当時者として、あるときは傍観者としてその呪いに関わってしまう人間の心のありようが非常に恐ろしい。呪いの背景には、それを操る人間の抱く恨み、妬み、悲しみが常に垣間見える。それは、呪いそのものよりも重苦しく、救いがない。一方で対照的なのが、呪いに触れてしまった人間の変わりようだ。彼らはある感情に支配され変容してしまう。それは、呪いをかける人間たちの鬱屈した感情とはある意味で対になっている。そのさまが、物語全体に不気味で不穏な味を加える。
このような辛口ともいえる物語をまろやかにし、コクを足している要素がある。それが、主人公たちだ。
「よみご」のシロさん、そしてその助手であるくろ。彼らは、いわゆる「祓い」を生業としている。怪異に対して飄々としたスタンスを取るシロさんと、一般感覚を持つがゆえに、シロさんに振り回され、右往左往する黒木。呪いを解くため奮闘する彼らの掛け合いが、辛口な物語のテーマを食べやすく、口当たりのよいものにしている。彼らの軽妙な会話に、きっと読者は、物語をすくう手が止まらなくなるだろう。本来、それは辛口なはずなのに。
元来、カレー一辺倒のはずの私が、今は、今後著者が作るであろう別の料理すら楽しみにしている。そう思わせてくれる著者は間違いなく、凄腕料理家だ。

作品紹介



みんなこわい話が大すき
著 者:尾八原ジュージ
発売日:2023年12月22日

ほんとうにこわいものは、何?
ひかりの家の押入れにいる、形も声もなんにもない影みたいなやつ、ナイナイ。
唯一の友達であるナイナイをいじめっ子のありさちゃんに会わせた日から、ひかりの生活は一変した。
ありさちゃんはひかりの親友のように振る舞い、クラスメイトは次々と接近してきて、いつもはつらく当たる母親さえも、甘々な態度をとるように。絶対に何かがおかしい。疑心暗鬼になったひかりはありさちゃんと距離を置こうとするが、状況は悪化するばかり。
数年後、〈よみご〉と呼ばれる霊能者・志朗貞明のもとに、幼い子供と心中した姉の死の真相を探ってほしいという依頼が舞い込んでいた。
無関係に思える二つの異変は、強大な呪いと複雑に絡み合い……。
第8回カクヨムWeb小説コンテスト〈ホラー部門〉大賞受賞作。

詳細:https://www.kadokawa.co.jp/product/322307000942/
Amazonページはこちら

第8回カクヨムWeb小説コンテスト〈ホラー部門〉特別賞受賞作『対怪異アンドロイド開発研究室』レビューはこちら


紹介した書籍

関連書籍

新着コンテンツ

もっとみる

NEWS

もっとみる

PICK UP

  • 浅倉秋成『六人の嘘つきな大学生』
  • 湊かなえ『人間標本』
  • 新井すみこ『気になってる人が男じゃなかった』特設サイト
  • 「おでかけ子ザメ」シリーズ特設サイト
  • もっと知りたい! 紫式部
  • 「ブックウォーカー 読み放題」が14日間無料!

MAGAZINES

小説 野性時代

最新号
2024年6月号

5月25日 発売

ダ・ヴィンチ

最新号
2024年6月号

5月7日 発売

怪と幽

最新号
Vol.016

4月23日 発売

ランキング

書籍週間ランキング

1

告白撃

著者 住野よる

2

夜は猫といっしょ 6

著者 キュルZ

3

地雷グリコ

著者 青崎有吾

4

気になってる人が男じゃなかった VOL.2

著者 新井すみこ

5

ノリ吉は大吉猫

にごたろ

6

気になってる人が男じゃなかった VOL.1

著者 新井すみこ

2024年5月20日 - 2024年5月26日 紀伊國屋書店調べ

もっとみる

レビューランキング

TOP