menu
menu

レビュー

大切なのは「別れた」ことではなく、「出会えた」ということ 古市憲寿『アスク・ミー・ホワイ』(マガジンハウス)

物語は。

これから“来る”のはこんな作品。
物語を愛するすべての読者へブレイク必至の要チェック作をご紹介する、熱烈応援レビュー!

古市憲寿『アスク・ミー・ホワイ』(マガジンハウス)



 ハリウッドの脚本家ブレイク・スナイダーによれば、映画の(ひいては物語の)ジャンルは一〇種類に分けられる。その中に、ラブストーリーは入っていない。それは、「バディとの友情」というジャンルに吸収される。著者は当該ジャンルが〈映画の発明とともに生まれた〉〈映画が誕生するまでは、このジャンルは一人前ではなかった〉と指摘したうえで、秘めたる特性をこう記す。

実は《バディとの友情》といっても、バディの仮面をはがせばラブストーリーだということだ。逆に言えば、ラブストーリーとはセックスの可能性がプラスされた《バディとの友情》映画だということだ。菊池淳子訳『SAVE THE CATの法則』

 気鋭の社会学者で、芥川賞に二度ノミネートされた小説家でもある古市憲寿の最新長編『アスク・ミー・ホワイ』は、まさに「セックスの可能性がプラスされた《バディとの友情》」の物語だ。

 小説は、「僕」が「君」を失ってしまった――〈彼が遠く離れてしまった〉――現在時制から、過去を回想するかたちで起動する。

 二〇代後半の日本人青年・ヤマトは三年前、恋人のサクラに誘われてオランダの首都アムステルダムへ移住してきた。恋人に捨てられた後も、さしたる理由もないままこの街の日本料理店で働き、シェアハウスの狭い一室で鬱屈した日々を過ごす。そんな二月のある日、街で偶然出会ったのが、日本でかつて国民的人気を誇りながら、薬物疑惑絡みのスキャンダルで芸能界を突然引退した「港くん」だった。最初の頃は「芸能人」と会って喋っている、というミーハー心がくすぐられていたが、港くんの自由さと逆境でも燻らないレジリエンスに、ヤマトは居心地の良さを抱いていく。強い港くんがごく稀に見せる弱さを見て、もっと近づきたい、と思うようになっていく。

 外国での生活を追体験する異郷小説、ヨーロッパの様々な風景を旅する観光小説としても楽しめる本作は、ヤマトと港くんとの距離をミリ単位で測定し記録する。だが、港くんはゲイで、ヤマトは異性愛者だ。親友にはなれても、恋人にはなれない。そう自分に言い聞かせ続けるヤマトの心は、果たしていついかなる形で決壊するか。そして、冒頭に刻印された別れはいつ訪れるのか。

 冒頭が主人公の回想で、タイトルはビートルズの楽曲名で、主たるモチーフは運命の(失)恋。本作のことを、つい「令和の『ノルウェイの森』」と言ってしまいたくなる。では、村上春樹が一九八七年に発表したその小説と『アスク・ミー・ホワイ』は、何が違って何が同じなのか。ひとつ間違いなく言えることは、村上の小説に満たされているのは「死」であり、古市の小説は「生」であるということだ。たとえこの世界は不条理でままならなくても、生きていく。たとえ人生で二度は手に入れられないような強い絆──友情であり恋愛でもある──を失ったとしても、「別れた」ことではなく「出会えた」ことに目を向けて、生きる。この物語は、そう記す。

 優れたフィクションは、産み落とされた時代の空気を単に反映するだけでなく、時代の空気をより清々しくバランスの取れた方向へと調整する力がある。新型コロナウイルスとともに世界中に死と絶望の空気が蔓延した、この時代だからこそ産み落とされた、美しくも力強い小説だった。

あわせて読みたい

村上春樹『ノルウェイの森』(講談社文庫)


37歳のワタナベは、ハンブルク空港に着陸した飛行機から流れ出したビートルズの「ノルウェイの森」をきっかけに、記憶のフラッシュバックを引き起こす。学生運動が盛んだった一九六〇年代の終わり、「僕」は直子と緑という二人の少女と出会った――。作家自身が考案した単行本初版のオビのキャッチコピーは、「100パーセントの恋愛小説」。


関連書籍

新着コンテンツ

もっとみる

NEWS

もっとみる

PICK UP

MAGAZINES

小説 野性時代

最新号
2021年5月号

4月25日 発売

怪と幽

最新号
Vol.007

4月27日 発売

ランキング

書籍週間ランキング

1

魂手形 三島屋変調百物語七之続

著者 宮部みゆき

2

六人の嘘つきな大学生

著者 浅倉秋成

3

ドキュメント

著者 湊かなえ

4

傷痕のメッセージ

著者 知念実希人

5

再生(仮)

著者 緒方恵美

6

怪と幽 vol.007 2021年5月

著者 京極夏彦 著者 有栖川有栖 著者 恒川光太郎 著者 山白朝子 著者 澤村伊智 著者 加門七海 著者 荒俣宏 著者 小松和彦 著者 諸星大二郎 著者 高橋葉介 著者 波津彬子 著者 押切蓮介 著者 東雅夫

2021年5月2日 - 年5月9日 紀伊國屋書店調べ

もっとみる

レビューランキング

TOP