『ドクター・デスの遺産』は、難病を抱える娘を持つ捜査一課・犬養隼人刑事が、部下の高千穂明日香とともに、末期患者らの安楽死を二十万円で請け負う「ドクター・デス」の逮捕劇を描いた中山七里氏の「刑事犬養隼人」シリーズ第四弾だ。その闇の人物とは誰なのか。悪魔、それとも聖人か。
 犬養は、一人の刑事、そして一人の父親として、死を間近に控える患者の尊厳に立ちはだかり、葛藤する。それと同時に読者も、これまでとは異なる視点で安楽死を見つめ直すに違いない。
 中山氏は、警察と安楽死依頼者たちの倫理的ギャップを緻密に映し出し、スリリングな見せ場とともに法を超えた人間の尊厳について、問題提起しているように見える。つまり、「生きる権利」だけに目を向けがちな現代社会で、個人が望む「死ぬ権利」を法が支配できるのか、という問いかけのようでもある。
 本作品の中で、全身性エリテマトーデスという難病を背負う娘を安楽死させようと、ドクター・デスに依頼した父親・増渕耕平が取り調べ中に、次のように述べている。
「……痛がって、苦しんで、わたしに向かってお願いだから殺して欲しいとまで懇願したんですよ。だけど、わたしには、そして主治医の先生もどうすることもできなかった。最後の最後まで苦痛と絶望に塗(まみ)れた死でした。あんな目に遭わせるくらいなら、もっともっと早く安楽死させてやればよかった。な、何故もっと早く……」
 介護、高額医療、保険金、相続……。昨今、高齢者を取り巻く諸問題が、殺人事件へと進展している。安楽死さえ認められていれば、と願う人たちの声も分からなくはない。登場する事件対象者たちのように、悪意でなく善意として、末期の伴侶を死に導こうとする人や、生かすだけの治療に意味を見出せない人もいる。著者は、現実に起こりうる社会問題を次々と事件化させ、犯行者のグレーゾーンに迫っていく。
 もがき苦しむ最期を避け、その姿を家族に見せたくないという思いは、万国共通だ。余命わずかと知る医師たちも、現実の世界では患者を「楽」にすることはできない。現状の日本で、安らかな死を迎えることは難しく、だからこそ安楽死待望論を叫ぶ国民も増えている。ドクター・デスは、このような人々の願いを叶え、恨まれることのない存在として浮かび上がってくる。
 正体不明の犯人が特定されてからのクライマックスは、凄まじい。なぜ、その闇の人物が安楽死を繰り返すのか。その背景には、戦地で悶絶する重傷者たちの生死をコントロールしてきた過去に由来した。
 国や状況によっては、安楽死を正義と見なしたり、殺人と見なしたりする。戦争という舞台を織り交ぜることで、日本における「死ねない患者」たちこそが、尊厳のない戦傷者たちに等しいことを、著者は揶揄しているのかもしれない。
 捜査一課が仕掛けた囮作戦で、犯人はまんまと罠にはまるのだが、末期癌患者を前にした二人は、呆然と立ち尽くし、犯人の言葉に動揺する。凄絶な殺害を実行するドクター・デスを前に、犬養は力なく肩を落としてしまう。刑事としての正義感に揺らぎが生まれるという、事件小説には稀に見る展開だ。
 究極の選択を迫られた状況下で、法がいかに無意味であるか、読者が理解に苦しむことはないだろう。だが、医師であっても、死を早める行為は常に犯罪であることを忘れてはならない。
 日本において安楽死は殺人罪に当たる。医師が薬物を投与し、患者を死に至らす「積極的安楽死」だけでなく、医師が処方した薬物で患者自らが自死する「自殺(自死)幇助」も認められていない。一九九一年に起きた東海大学付属病院事件を始め、二〇〇二年の川崎協同病院事件などは、医師が担当していた末期患者に筋弛緩剤を投入し、有罪判決を受けている。医師免許剥奪には至らなかったものの、彼らの現場復帰は不可能となった。
 海外で安楽死が許されているのは、スイス、オランダ、ベルギー、ルクセンブルク、カナダや米国の一部にすぎない。中でも、スイスは外国人が安楽死できる、世界でたったひとつの国で、海外からの患者たちが「理想的な死」を求めて渡航する。実際の費用は約百万円で、ドクター・デスが受け取る二十万円では実現が難しい。だが、致死薬を使えば、患者が苦しまずに一瞬で息を引き取るというのは間違いない。
 本作品でも触れられているが、安楽死が認められるためには、主に以下の四条件が満たされていなくてはならない。
 1)回復の見込みがない
 2)耐え難い苦痛がある
 3)代替治療がない
 4)本人の明確な意思がある
 昨今、日本では、多くの著名人が安楽死を望んだり、自殺希望者が容認論を叫んだりと、以前に増して「死期を早める行為」に正当性を見出そうとする風潮が高まっている。まもなく高齢者人口が三五〇〇万人に達する中、われわれは「死にたくても死ねない現実」とどう向き合うべきか、議論を積み重ねていかなくてはならない。
 胃瘻いろうによる延命や高額な医療費を払ってまでの治療など、人間はどこまで生かされるべきなのか。とりわけ、高齢者でなくとも、末期や難病患者が「本人の明確な意思」の下で安楽死を選択できるのかは、国の価値観によって大きく異なるところだ。
 犬養は、犯人逮捕には手段を選ばない上司・麻生に対し、こう語っている。
「医療現場では医師の多くが法的責任を怖れて、積極的に終末期医療に取り組もうとしない。それに日本人独自の倫理観からすれば、どうしても患者の延命を第一に考えてしまいます。個人の死ぬ権利、終末期医療について一般的なコンセンサスが得られていないのも理由の一つでしょう」

書籍

『ドクター・デスの遺産 刑事犬養隼人』

中山 七里

定価 691円(本体640円+税)

発売日:2019年02月23日

ネット書店で購入する

    書籍

    『切り裂きジャックの告白 刑事犬養隼人』

    中山 七里

    定価 691円(本体640円+税)

    発売日:2014年12月25日

    ネット書店で購入する