menu
menu

レビュー

千利休と対照的な稀代の大茶人・小堀遠州。茶で天下“泰平”を目指した男の生き様を描く『孤篷のひと』

文庫巻末に収録されている「解説」を特別公開!
本選びにお役立てください。

(解説者:東えりか / 書評家)

──人間五十年 下天の内をくらぶれば、夢幻のごとくなり──

おけはざの戦い前夜、のぶながは「敦盛」のこの一節を謡い舞ったという。だがわずか五十年のうちに、信長はほんのうで果て、とよとみ家が栄えたのも束の間、天下分け目のせきはらとくがわいえやすが勝利して徳川幕府が開かれる。まさに人間の一生分の年月で、世の為政者は夢幻のごとく浮かんでは沈んでいった。

『孤篷のひと』はぼりえんしゆうの人生を描いている。幼名はさくすけ、名はまさかずといい、てんしよう七年(一五七九)にしばちくぜんのかみひでよしに仕える小堀しんすけまさつぐの長男として生まれた。後に父に従い秀吉の弟、ひでながしようとして仕えたが、秀長が病没し遺領を継いだひでやすも亡くなった後、秀吉のじきしんとなる。その秀吉の死後は父とともに関ヶ原の戦いで徳川方に付く。

徳川が勝利し、びつちゆうまつやまで一万石の加増を受けた父・新介が急逝すると、作介(遠州)がその遺領を継ぎ、さく奉行として駿すん城やきんじよう城など多くの普請に携わり、建築と造園の才能を発揮し六十九歳の人生を全うした。本能寺の変ではまだ幼児であったにせよ、その後の豊臣家の隆盛から関ヶ原の戦いを経験し、家康によって世の中が平定される流れをつぶさに見てきたのが小堀遠州なのだ。

作介が生まれたのは秀吉の茶の湯への執着が次第に熱を帯びてきたころだ。幼いころより新介について茶に親しみ、わび茶の大成者、せんのきゆうにも出会った。

才能もあったのだろう、利休七哲のひとりふるおりに師事して茶の道を極めた。遠州の茶は「綺麗び」と呼ばれ、巷間では利休、織部に次ぐ大茶人と称される。織部亡き後は大名茶の総帥となり多くの大名茶人を指導したという。遠州という名はけいちよう十三年(一六〇八)にじゆいの遠江とおとうみのかみに叙せられたところから、そう呼ばれるようになった。

「綺麗寂び」とは何か。後に葉室麟のインタビューをまとめた『葉室麟 洛中洛外をゆく。』(KKベストセラーズ)では利休、織部と比較してこう説明されている。

余分なものを徹底的に削ぎ落とした暗い茶室で、黒い楽茶碗を用いることで、客人と深く濃い交わりを求めた利休、大きく歪んだ茶碗で自身の感性を表現しようとした織部。一方、遠州は、均整のとれた白い茶碗を好み、茶室は、窓が多く、柔らかに光が届く明るい空間だった。

戦国時代を生き抜き、独自の茶道を見出した遠州の処世には、りようろうも興味を持っていたようで、『街道をゆく34』(朝日文庫)の「大徳寺散歩」のなかにも「小堀遠州」という一章がある。徳川家の重臣でもないのに、譜代並の扱いを受け、将軍の直接の命令によって五畿内を検地する仕事を成した遠州は、江戸時代の幕藩体制の中で、門閥にさえ生まれれば生涯遊んで食べられたのに、彼ほど働かされた大名は、江戸時代を通じていなかっただろうと綴っている。

『孤篷のひと』の遠州は六十八歳。徳川幕府のふし奉行を務める遠州のもとをさまざまな人物が訪れる。客は長き人生のなかで、茶の湯を共に親しんだ誰よりも語り合える相手である。

おとなうのは奈良の豪商で屋のまつひさしげ、作庭を手伝ってきた得難い家臣のむらすけ、「綺麗寂び」の茶と並んで華やかな「姫そう」の茶人として名高いかなもり宗和、義理の弟で作庭の右腕となったなかぬまきよう、弟子の五十嵐いがらしそうりん、医師のそうゆう、絵師ののう采女うねめ鹿ろくおんほうりんしよう

語り合うのは、かつて遠州が関わった戦国の世の荒々しい歴史の裏で、ひっそりと行われた交渉事。遠州は大名茶の総帥として、禁裏や名刹の作庭を行った作事奉行として、何よりも千利休の流れを引く、古田織部の弟子として、争い事を丸く収める画策をしてきたのであった。

思い出は次々甦る。一緒に関わりのあった茶道具の姿もまた思い出される。各章に付けられた題名はそれらの銘である。

しろずみ」は湯を沸かす折に使う特別な炭。遠州は自ら炭焼きがまを造り焼いていた。そこには利休とも織部とも一線を画する、遠州のこだわりがあった。

かたつき」は茶入れの壺で肩が張った形のもの。信長が所有していたというせいたか肩衝がいしみつなりと似ていた、と遠州は語る。かたひじを張り、背筋のすっきり伸びた後ろ姿には孤独なかげりがあった。

なげきん」も茶入れの銘。「この」は香炉。「あまぐも」は楽茶碗。「夢」は掛け軸。「なみだ」はちやしやく。「うずみび」ははいかつぎてんもくぢやわん。「桜ちるのふみ」は掛け軸。そして「ぼうせん」は遠州が普請した茶室の名。

茶の湯はいつも密室で行われた。天下が覆るような争い事もあれば、男と女のこまやかな秘め事もあった。人に恨まれることも疎んじられることも、反対に慕われることもあった。

各章のタイトルに茶道具の名称を連ねたわけを葉室麟はこう語る。

 茶道具には、基本的に銘があり、名付けられた謂れがあります。多くの場合、背景に何かしら物語が隠されています。遠州を主人公にした小説を書くことにしたとき、その物語を小説のストーリーと重ね合わせることで、二重構造的な世界観が生まれるのではないかと考えました。『葉室麟 洛中洛外をゆく。』

関わった人たちは、みな彼岸に旅立った。それぞれの茶道具に秘められた思いが戦国時代の激動と呼応し、静かな物語にもかかわらず内側にはマグマのような熱量をはらんでいる。戦いのはざまにあったしばしの静謐である茶席の場が、その熱さをさらに際立たせる。

権謀術数の限りを尽くした遠州の、晩年の心の動きだけを描いた作品なのに、読み手はなぜか胸が躍る。あの日あの時の謎解きを、手に汗握り読みふけってしまうのだ。

やがて来る最期の時。利休とも織部とも違う安寧の瞬間を著者はこう思っていた。

 人は、それなりに働いて、最期に成仏していきます。つまり、ある種の役割を果たして、何者かになっていく過程の果てが〝死〟だったと僕は思います。(中略)
 死ぬということは、生きてきたという証。だから、自分自身が『ちゃんと生きてきた』と言えるのであれば、『死もまた、良し』です。『葉室麟 洛中洛外をゆく。』

本書を上梓した一年三か月後、葉室麟は二〇一七年十二月に急逝された。享年六十六。早すぎる死である。多くの後輩作家に慕われた葉室麟へ、さまざまな追悼がなされ、特に同じ京都に住んだ歴史小説家、さわとうの文章が哀切であった。一部、澤田さんの了承を得て紹介する。

 葉室麟さんはお話好きな方だった。酒を愛し、酔えば酔うほど饒舌になり、活発な意見の応酬を好まれた。(中略)
 我々後進作家の成長を心の底から喜ぶ一方で、作品はもちろん随想にも目を通し、常に丁寧な意見を下さった。「この人に会っておくといいよ」と様々な方を引き合わせ、よりよい活躍の場を、惜しまず人に与えられた。それでいて決しておごらず、親しい友のようにお付き合い下さりながら、常に「正しく生きる」とは何かという問いを、我々に──そしてご自身に投げかけ続けられた。「波」二〇一八年二月号

『孤篷のひと』はこの澤田さんの言葉どおり、何が正しい生き方であったのかを、終始、問い続ける作品だ。人生を全うした天下一の茶人の人生に酔いしれてほしい。

ご購入&試し読みはこちら▷葉室麟『ほうのひと』| KADOKAWA


紹介した書籍

関連書籍

おすすめ記事

新着コンテンツ

もっとみる

NEWS

もっとみる

PICK UP

  • 新刊『闇祓』特集ページバナー

MAGAZINES

小説 野性時代

最新号
2021年11月号

10月25日 発売

怪と幽

最新号
Vol.008

8月30日 発売

ランキング

書籍週間ランキング

1

民王 シベリアの陰謀

著者 池井戸潤

2

君の顔では泣けない

著者 君嶋彼方

3

テスカトリポカ

著者 佐藤究

4

六人の嘘つきな大学生

著者 浅倉秋成

5

USJを劇的に変えた、たった1つの考え方 成功を引き寄せるマーケティング入門

著者 森岡毅

6

50代になった娘が選ぶ母のお洋服 魔法のクローゼット

著者 くぼしまりお

2021年10月10日 - 10月17日 紀伊國屋書店調べ

もっとみる

レビューランキング

TOP