本書は酒井順子さんの代表作のひとつである「負け犬の遠吠え」の地続きにあるものながら、負け犬たちのその後をつまびらかにすることが目的の書ではありません。子を持たぬ人たちへエールを送る本でもありません。誰のことも否定せず、強く肯定もせずに、出生率が低下した日本社会を俯瞰したものです。
 内閣府が発表した「少子化社会対策白書」(平成29年度)によると、日本人女性の第一子出生時平均年齢は、平成27年で30・7歳でした。平成2年の27・0歳と比較すると、3・7歳上昇しています。
 酒井さんが記すように、日本では結婚ありきの出産が一般的とされています。よって晩産化は晩婚化が主な要因と言えるでしょう。前出の「少子化社会対策白書」によれば、日本人の平均初婚年齢は平成27年で夫が31・1歳、妻が29・4歳。平成2年と比較すると夫は2・7歳、妻は3・5歳上昇しており、晩産化の上昇年数とほぼ一致します。第一子の出産年齢が上昇すれば、第二子、第三子誕生の可能性はおのずと低下します。このように、晩産化も未婚率の上昇などとともに少子化の一因と考えられますが、だったら女が早く結婚して産めばよいという話でもありません。女性の意思ひとつで子どもが産めるわけではないことは、少し考えればわかることです。
 本書の大きな意義のひとつに、子なしの理由にも多様性があることを記した点があります。「どうしてもできなかった」から、私のような「なんとなく」、そして「子供はいらない」と明確な意思を持つ人まで、子を持たぬ人はさまざまです。
 酒井さんはバブル世代、私は氷河期世代、そして平成が終わろうとするいま、平均初婚年齢(アラサーと呼ばれる年頃)にいるのが、平成が誕生する前後に生まれた世代です。これら三世代は、同じ国に生まれ育ったとは思えぬほど価値観に乖離があります。しかし、バブルも氷河期も平成序盤生まれも、十代の頃は漠然と「いつか自然に結婚して子供を持つことになるだろう」と思っていたのではないでしょうか。少なくとも私はそうですし、今年三十歳になる女友達もそのようです。
 現実は、そうはいきませんでした。酒井さんも私もアラサーの女友達も、依然、未婚子なしのまま。「自然に結婚し、やがて出産するだろう」と思っていた三世代の多くは結婚を経て出産に至りましたが、残されたその他はやがて「自然に」では結婚も出産もできないと悟り、それでも子を持つことに積極的になれず、気付けばタイムリミットが来てしまうのです。
 政府や自治体の少子化対策を見ていると、待機児童ゼロを目指したり、社会での女性の活躍を促したりと、子供を産み育てやすい環境を整える策を講じているようです。同時に、導入が検討された「女性手帳」では女性に出産の適齢期やリミットについて説く方針がありました。つまり、育児の困難を取り除くとともに、先述の「その他なんとなくな女たち」をこれ以上増やさないことが、少子化を食い止めるとお上は考えているのでしょう。
 では、出産のゲートウェイである結婚を渋る現代の若者たちは、なにを考えているのか。前出の「少子化社会対策白書」には
「いずれ結婚するつもり」と考える未婚者(18~34歳)の割合は、平成27年で男性85・7%、女性89・3%であり、ここ30年間を見ても若干の低下はあるものの、男女ともに依然として高い水準を維持している。
 とありました。わかる。わかりすぎる。私だってそう思っていましたから。
 では、「いずれ」と考えている若者はなぜ若いうちに結婚しないのか。同資料には、
 未婚者(25~34歳)に独身でいる理由を尋ねると、平成27年で男女ともに「適当な相手にめぐり会わない」(男性:45・3%、女性:51・2%)が最も多く、次に多いのが、男性では「まだ必要性を感じない」(29・5%)や「結婚資金が足りない」(29・1%)であり、女性では「自由さや気楽さを失いたくない」(31・2%)や「まだ必要性を感じない」(23・9%)となっている。さらに、前回の第14回調査(平成22年)と比較すると、男性では「自由さや気楽さを失いたくない」(28・5%)や「異性とうまくつきあえない」(14・3%)が上昇しており、女性では「異性とうまくつきあえない」(15・8%)が上昇している。

書籍

『子の無い人生』

酒井 順子

定価 562円(本体520円+税)

発売日:2018年10月24日

ネット書店で購入する