画像
「記憶に新しい」と心の中で感じているままに、6年半の月日が過ぎ去った。多くの人々にとっての2011年3月11日がどのようなものであったかは、人々の数だけ答えがあるだろう。傷痕の癒えない福島県相双地域と、若くして亡くなった福島民友の新聞記者、熊田由貴生と、生き残った仲間たちの胸の内、新聞記者という職業の知られざる「業」、生きていること、生かされていることの「意味」との対峙…。
 多くの証言や取材によって、まざまざと見せつけられることになる生々しい記録と記憶は、6年半の月日を経てなお、魂に迫り来る痛烈さと悲壮さがある。「福島のために」「生きていてくれてありがとう」という言葉の本当の意味と重さのことを、もう一度胸の奥から引き摺り出そうと思う。語るべきことの多い現代社会。混迷する世界情勢、未来像に惑う日本、インターネット上に溢れかえる情報の渦…ジャーナリズムのお手本はここにある。

書籍

『記者たちは海に向かった 津波と放射能と福島民友新聞』

門田 隆将

定価 950円(本体880円+税)

発売日:2017年02月25日

ネット書店で購入する

    書籍

    『死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発』

    門田 隆将

    定価 907円(本体840円+税)

    発売日:2016年10月25日

    ネット書店で購入する