menu
menu

ニュース

あの恋愛小説の名作「ジョゼと虎と魚たち」がアニメ映画化! 12月25日公開決定!!


芥川賞作家・田辺聖子の代表作『ジョゼと虎と魚たち』(角川文庫刊)。2003年に妻夫木聡、池脇千鶴主演で実写映画化され、高評価を得て話題を集めました。さらに海外でも注目を集める本作は、時代が変わっても色褪せることなく愛され続けています。

そんな恋愛小説の名作「ジョゼと虎と魚たち」が今年、ついに劇場アニメ化! 本作は、新型コロナウイルス感染症の状況を鑑み、公開日延期の発表をしていましたが、新たな公開日が12月25日(金)に決定、キャスト情報等が一挙解禁となりました。

中川大志&清原果耶がW主演‼

この度、W主演を務める中川大志&清原果耶、その他主要キャラクターを演じるキャスト情報等が一挙解禁!
留学する夢のためにアルバイトに勤しむ大学生・恒夫には、テレビドラマ「家政婦のミタ」(11/NTV)で注目を集め、以後、NHK大河ドラマ「真田丸」(16)をはじめ数々の映画・ドラマに出演する中川大志。可愛らしい見た目とは裏腹に口が悪い、車椅子のヒロイン・ジョゼにはNHK連続テレビ小説「あさが来た」(15~16)で女優デビューを果たし、その魅力と演技力で一躍脚光を浴びた清原果耶。更に彼らを取り巻く主要キャラクターには、宮本侑芽、興津和幸、Lynnなど豪華声優陣が参加しています。
更に、本作の主題歌はシンガー・ソングライターEveの「蒼のワルツ」に決定、特報映像も解禁となりました!

特報映像はこちら▼


恒夫役・中川大志コメント



恒夫を演じていけばいく程、僕はジョゼが愛おしくて堪らなくなりました。
ジョゼと出逢って、見慣れたはずの景色がこんなにもカラフルに見えるなんて。
お客様にも、ジョゼと恒夫と共に、劇場でその景色を観て頂ければ嬉しいです。

ジョゼ役・清原果耶コメント



出会うべくして出会ったような、そんな2人が手を取り合って新しい世界へ飛び出すお話です。
ジョゼを演じると聞いた時、とても嬉しく思った事を覚えています。慣れない演技に足踏みをしたりしましたが監督が丁寧に指導して下さり、中川さんが雰囲気を引っ張って下さったお陰で無事に撮り終えることが出来ました。役者が声を吹き込む、という事の意味や、監督・スタッフの皆様の、この作品に対する情熱を現場で教えて頂いた気がします。本当に有難い経験でした。
ジョゼと恒夫のみならず、観て下さった方々に愛されるような登場人物が沢山出てきます。
アニメーションでしか描けない映像の美しさを、是非スクリーンで感じて頂ければ幸いです。

原作『ジョゼと虎と魚たち』(角川文庫)



著者:田辺聖子
定価:660円(本体600円+税)
ISBN:9784041314180
https://www.kadokawa.co.jp/product/199999131418/

足が悪いジョゼは、車椅子がないと動けない。世間から身を隠すように暮らし、ほとんど外出したことのない、市松人形のようなジョゼと、“管理人”として同棲中の、大学を出たばかりの恒夫。どこかあやうくて、不思議にエロティックな関係を描く表題作「ジョゼと虎と魚たち」ほか、さまざまな愛と別れを描いて、素敵に胸おどる短篇8篇を収録した珠玉の作品集。

アニメ映画情報



監督:タムラコータロー
脚本:桑村さや香
キャラクター原案・コミカライズ:絵本奈央
キャラクターデザイン・総作画監督:飯塚晴子
コンセプトデザイン:loundraw (FLAT STUDIO)
音楽:Evan Call
アニメーション制作:ボンズ

配給:松竹/KADOKAWA
製作:『ジョゼと虎と魚たち』製作委員会
©2020 Seiko Tanabe/ KADOKAWA/ Josee Project
公式サイト:https://joseetora.jp/


紹介した書籍

MAGAZINES

小説 野性時代

最新号
2021年2月号

1月12日 発売

怪と幽

最新号
Vol.006

12月22日 発売

ランキング

アクセスランキング

新着コンテンツ

TOP