menu
menu

ニュース

早世の歌人・違星北斗。アイヌ民族復興のために駆け抜けた生涯をたどるオンラインイベント開催!

このたび、マルジナリア書店によるオンライントークイベント違星北斗歌集 アイヌと云ふ新しくよい概念を』刊行記念「今ぞアイヌのこの声を聞け」を、2021年6月25日(金)19時~20時30分に開催いたします。

夭折の歌人作品集『違星北斗歌集 アイヌと云ふ新しくよい概念を』

いまからおよそ百年前、アイヌの和人への同化が推し進められていた時代。アイヌ民族復興のために立ち上がりその生涯を捧げ、病のため27歳で早世した歌人がいました。それが違星北斗です。

このたびKADOKAWAより『違星北斗歌集 アイヌと云ふ新しくよい概念を』を刊行いたしました。短歌はもちろん、日記、俳句、詩、童話・昔話、散文も収める作品集です。


違星北斗歌集 アイヌと云ふ新しくよい概念を
著者 違星 北斗
定価: 990円(本体900円+税)


「アイヌと云ふ新しくよい概念を内地の人へ与へたく思ふ」
「人間の誇は何も恐れない今ぞアイヌのこの声を聞け」
「生産的仕事が俺にあって欲しい徒食するのは恥しいから」
「悪辣で栄えるよりは正直で亡びるアイヌ勝利者なるか」
「世の中は何が何やら知らねども死ぬ事だけはたしかなりけり」

このような歌を詠んだ違星北斗とは、いったいどんな人物だったのか。
アイヌ民族を思い、差別と闘うこころを、いかにして作品に託していったのか。

書籍を監修し、解説、解題も執筆された山科清春さん(違星北斗研究会代表)に、違星北斗の作品をたどりながら当時の時代背景、北斗の心、表現ほかについて語っていただきます。

『違星北斗歌集 アイヌと云ふ新しくよい概念を』刊行記念トークイベント「今ぞアイヌのこの声を聞け」概要

イベント名

『違星北斗歌集 アイヌと云ふ新しくよい概念を』刊行記念トークイベント「今ぞアイヌのこの声を聞け」

講師

山科清春(やましな・きよはる)
ライター・編集者。違星北斗研究会を主宰、寿郎社ウェブサイトにて「今ぞアイヌのこの声を聞け―違星北斗の生涯」を連載、『違星北斗歌集 アイヌと云ふ新しくよい概念を』の監修と編集、解説・解題・年表などを担当。

日時

2021年6月25日(金)19:00~20:30

主催

マルジナリア書店

会場

オンライン(Zoom)

参加費

・書籍をマルジナリア書店でご予約・ご購入の方⇒参加費500円
・イベントのみ参加の方⇒参加費1000円

ご予約、詳細はこちら

▼書籍付き
https://yorunoyohaku.com/items/60c83f10933e9b4fd3946777
▼イベント参加のみ
https://yorunoyohaku.com/items/60c83e29b5285a3245ea920a


紹介した書籍

MAGAZINES

小説 野性時代

最新号
2021年9月号

8月25日 発売

怪と幽

最新号
Vol.008

8月30日 発売

ランキング

アクセスランキング

新着コンテンツ

TOP