menu
menu

試し読み

『君の顔では泣けない』著者待望の第2作!『夜がうたた寝してる間に』大ボリューム試し読み#1

『君の顔では泣けない』著者・君嶋彼方さん待望の新刊! 小説野性時代新人賞受賞第一作『夜がうたた寝してる間に』

新人ばなれしたデビュー作として話題となった『君の顔では泣けない』の著者・君嶋彼方さんの待望の第2作となる長篇小説『夜がうたた寝してる間に』が8/26に発売となります。
生まれつきある「力」を持ったことで、周囲との違いや関係性に悩みを抱える高校生の葛藤と成長を描いた作品です。
本作の冒頭50ページを特別公開。書き出しの一文から息を呑むほど美しい、珠玉の物語をお楽しみください。



▼君嶋彼方特設サイトはこちら
https://kadobun.jp/special/kimijima-kanata/

『夜がうたた寝してる間に』試し読み#1

 四角い窓に、夜を眠らせて閉じ込めた。
 少し開いた窓から漏れ聞こえていた雨の音が、ぴたりとやむ。ベッドサイドに置かれているデジタル時計がその動きを止める。ぼんやりと流していたスマホの動画の中の人々は、奇妙な格好で静止している。
 ベッドで寝そべっていた体を起こす。窓の方まで歩いていき、カーテンを開く。黒く塗られたガラスに自分の顔がぼんやりと映った。若いけれどもう少年とは言えないような、一人の男の顔だ。それをかき消すように窓を開ける。
 息を止めた暗闇が、絵画のように張り付いている。深夜の住宅街の明かりは部屋によってともったり灯らなかったりで、あとは辺りを照らしているのは街灯と一台の車だけだった。その車も道路の真ん中でじっとりと動きを失っている。ヘッドライトの中に、いくつもの雨粒が見える。
 体を乗り出して窓から顔を出す。エアコンで暖まった体が、首筋から徐々に冷えていくのを感じる。腕にぷつぷつと鳥肌が立つ。鼻から息を吸うと、凍り付くような空気が肺へと落ちていった。
 大きく息を吐く。白いもやが空中にぷかりと浮かぶ。更に、はぁ、はぁと立て続けに息を吐く。靄の塊がいくつもできて、そしてそれは宙に浮いたまま消えない。ゆっくりと右手をそこに差し込むと、湿り気のある生暖かさが指に絡みつく。
 ふいに手首に何か冷たいものが当たって、思わず手を引っ込めた。雨だ。雨粒はいくつもの小さな球体になって、夜の空を漂っている。体を動かす度、それはぺたぺたとまとわりつく。気付けば窓の周りだけ、れいに雨粒がなくなっていた。
 更に身を乗り出して、手を伸ばした。ぴったりと動きを止めているその水滴たちを、つかみ取るようにしてすくっていく。手のひらが露に浸ってれる。湿った手をパジャマのすそいて、また水滴を掬い取る。そんなことをしているうち、周辺には雨粒が一つもなくなった。
 せいひつな夜だ。雨の音も車の音も、テレビの中の声もやかましく笑う若者の声も、全てが聞こえない、完全な静寂。自分が息を吐く音だけが耳の奥でやたらとやかましく響く。
 両手をこすり合わせる。指の氷のような冷たさが皮膚を貫く。体がすっかり冷えてしまった。乗り出していた半身を引っ込めると、腕をさすりながらわずかに隙間を残して窓を閉める。
 くしゅん、とくしゃみを一つする。
 窓の隙間から、雨の音が聞こえ始めてきた。


紹介した書籍

関連書籍

MAGAZINES

小説 野性時代

最新号
2022年10月号

9月25日 発売

ダ・ヴィンチ

最新号
2022年11月号

10月6日 発売

怪と幽

最新号
Vol.011

8月31日 発売

ランキング

書籍週間ランキング

1

1と0と加藤シゲアキ

文・編 加藤シゲアキ

2

先生日誌1 ほむら先生はたぶんモテない

著者 せかねこ

3

アンクールな人生

著者 弘中綾香

4

濱地健三郎の呪える事件簿

著者 有栖川有栖

5

がんばれ! コッペパンわに2

著者

6

マダムたちのルームシェア

著者 sekokoseko

2022年9月25日 - 2022年10月2日 紀伊國屋書店調べ

もっとみる

アクセスランキング

新着コンテンツ

TOP