menu
menu

試し読み

月草とお華の凸凹コンビが帰ってきた! 「まことの華姫」シリーズ、待望の第二期スタート!【新連載試し読み 畠中恵「お華の看病」】

9月12日(木)発売の「小説 野性時代」2019年10月号では、畠中恵さんの『まことの華姫』シリーズ第二弾「お華の看病」の連載がスタート!
カドブンでは、この試し読みを実施します!



   1

 太平の世が続く中、江戸は初めの頃より、ぐっと大きくなっている。今では、百万からの人々が、この江戸で暮らしているのだ。
 よって人々に、日々のお楽しみを届ける盛り場も、あちこちに出来ていた。その中でも両国りようごくは、江戸一とも言われるにぎやかさで、毎日祭りの日のように人であふれているのだ。
 茶屋に、団子屋に、寿司、天ぷらなどの、食い物屋が数多あまた、軒を連ねている。芝居小屋に寄席、見世物小屋も数多並び、夏になれば、夜も、遅くまで明かりが消えなかった。
 そして、そんな土地だからこそ、両国には日々、大枚が落ちる。江戸の内から、他国から、人も集ってくる。よって両国を仕切る地回りのかしらは、力が無くてはこなせなかった。
 人望も、腕っ節も、金を生みだす力も、親分には全てが、当然のように求められるのだ。付き従う手下や芸人達にとって、頭の出来は、自分達の暮らしぶりに直に関わる、大問題であった。
(ま、その点、山越やまこしの親分さんは、出来たお人で、ありがたいこった)
 月草つきくさは、小屋に出て話芸で木戸銭きどせんを稼いでいる芸人であった。木偶でく人形のおはなを相棒にし、声音を操って、まるで人形のお華が語っているかのように見せ、客を楽しませているのだ。
 西の生まれだが、今は、両国に住み着いている。そして、山越という地回りの親分が持つ小屋で、日々、せっせと働いているのだ。
 月草が一人で行う芸には、大きな小屋で行う、手妻てづまや軽業師の見世物のような、派手さはない。唯一華やかなのは、華姫とあだ名される、相棒の姫様人形だけであった。
 しかし毎日、毎回話が変わっていくからか、木戸銭が、種物の蕎麦そば一杯ほどの値のためか、月草の小屋を贔屓ひいきにしてくれるお客は、結構いてくれるのだ。
 そんなある日、月草は己の小屋で、首をかしげていた。
「はて、おれは寝てたんじゃ、なかったっけ? いつの間に、小屋まで来てたんだ?」
 すると、横からいつもの声が聞こえてきて、月草は魂消たまげた。何と相棒華姫が、小屋にある床机しようぎの上で、勝手に話し出したのだ。
「月草、月草はまだ、寝床でぐうぐう寝てるわ。これ、夢なのよ。このお華が自分でしやべってるんだもの、間違いないわ」
 そうでしょと言われて、月草は一瞬目を見開いてから、うなずいた。そういうことなら、自分が小屋へ来ている訳も納得出来る。
 ただ。
「お華、おれは今日まで、お華と話している夢など、見たことないよな? 今日はまた、どうしてこんな夢を見てるんだろ?」
 寝ている当人が、夢の中にいる人形へ、訳を聞いているのだから、妙な話だと思う。しかしお華は華やかな袖を振りつつ、あっさりと事情を語り出した。
「この華姫の目は、月草が、〝まことの井戸〟の底からくみ出した、真実の水の玉だわ。月草、ちゃんと覚えてる?」
 大火となった、振り袖火事の後のこと。徳のある御坊が、末期まつごの水も飲めずに亡くなった者達を哀れみ、回向院えこういん近くに、掘り抜き井戸を掘った。
 すると、だ。その井戸は人々に、水面から真実を告げた。それゆえ、ありがたい〝まことの井戸〟だと、言われていたのだ。
 そして月草も、かつてその井戸と関わった。井戸の底から、二つの水の玉を得ていたのだ。月草はその玉にうるしで目玉を入れ、自分の木偶人形、華姫の目としていた。
「けれど井戸は、れてしまったわ。告げられた〝まこと〟を、受け入れられなかった人が、土をいれたから」
 だから、まことの目を持つお華は、特別な者だと言われている。月草の相棒は、〝まことの華姫〟と呼ばれているのだ。
「そして、あたし華姫は、月草へ伝えなきゃならないことが、出来たの。だから月草は、この夢を見ているのよ」
 月草は、わずかに眉をひそめた。
「だがお華の言葉は、おれが語っている話芸だ。おれはお客さんへ、真実を見通すことは無理だって、いつも言ってるぞ」
 月草に、明日を見通す力などない。八卦見はつけみなど、出来るはずもなかった。
 ところがお華は、月草の言葉など聞かず、さっさと先を語って行く。それは、思いがけない話であった。
「月草、おっちゃんを、守ってあげて」
「は? おれが、おなつお嬢さんを守る?」
 お夏は両国の地回りの頭、山越の娘で、お華のことを気に入ってくれている。月草も、まだ十三のお夏を、妹のように思っていた。
 だが、しかし。
「山越の親分は、両国でも名の知れた、地回りの頭だぞ。盛り場に、地面や小屋を多く持つ親分だ。手下だって、沢山抱えてる」
 そんな家の娘を、一介の芸人である月草がしゃしゃり出て、助けろというのか。月草は、首を傾げるしかなかった。
「そもそもお嬢さんには、親御の親分が、付いてるじゃないか」
「その親分さんが危うくなったら、お夏っちゃんはすぐ、一人きりになっちゃうわ。もう、おっかさんもお姉さんも、亡くなってるもの」
 いざ大事が起きたら、おじじ殿達山越の手下は、親分をまず守りにかかる。山越に従っている大勢のために、そうする。
 この盛り場で一番大事なのは、お夏ではないのだ。
「だから月草だけは、お夏っちゃんを一番に守ってあげて」
 珍しいほど真剣に言われたので、月草はとにかく頷いた。
「分かった。おれはお嬢さんのことを、一に案じることにする。華姫に約束する」
 この返事を聞くと、木偶人形のお華が笑ったように見えたから、不思議だ。
「それにしても、おれは何で、こんな夢を見てるんだろうな。親分とお嬢さんのことが、心配になるなんて、どうしてなんだろう」
 月草がつぶやくと、お華が勝手に語り出した。普段は声色を使い、己が華姫として語るばかり。夢の中とはいえ、お華と語るのは、なかなか面白かった。
「月草、きっと、あれのせいよ。ほら、山越親分に言われて、品川しながわに住む親分さんの親戚のところで、月草はあたしと話芸を見せたでしょ。あの日、妙なものを見たじゃない」
「ああ品川で見た、猫いらずか」
 親戚での仕事が済んだ後、月草はお華を羽織で包んで背負い、子守のような恰好かつこうで、街道を江戸へ向かっていた。

 品川の宿では、多くの宿が遊女屋ゆうじよやのように飯盛女めしもりおんなを置き、賑わっている。店も立派なものが多い。そんな賑やかな宿の道で、月草は、突然目をみはることになった。
「あ、あれ? 今の、山越の親分さん?」
 ずらりと、道の両側に並んでいる店の内、小さめの一軒の前で、己の親分と、すれ違った気がしたのだ。
 思わず声を出したからか、その男が店の前で振り向き、月草を見てきた。途端、山越ではないと分かり、月草は慌てて頭を下げる。男は確かに何か、山越を思わせる見た目であったが、遥かに若かったのだ。
 だが、ここで月草は、更に首を傾げた。若者へ目を向けた為、横の店内で買い物をしている、別の男が目に入ったからだ。男は、猫いらずを買っていた。
「おや、あの男、両国のもんだ。頭の一人が使ってる、手下じゃなかったっけ?」
 山越の配下は多く、頭だった者の手下となると、月草は、名前もろくに分からない。だが、男の顔は何度か見ており、山越の名の下で働く者だと承知していた。目立つことのない、影のような男だ。
「山越の手下と、両国から随分離れた所で、会ったもんだ」
 しかも男は、東海道とうかいどう宿場しゆくばで、剣呑けんのんな薬を買っていたのだ。
「何でこんな宿で、猫いらずを買うんだ?」
 しかしそう思っても、月草は、訳を確かめることなど出来なかった。月草は、男の知り合いではなく、何と声を掛けたらいいのか、分からなかった。しかも己は、大きな華姫を背負った姿で、目立っている。何時いつまでも、道端から店をのぞき込んでいる訳にもいかず、早々に、また道を下り始めた。
 ただ、歩き出しても気になった。
(あの男、猫いらずを何に使うんだ?)
 並の身なりだし、盛り場で働く者なら、多分長屋暮らしだろう。だが。
(ならばねずみほふるために、猫いらずを買うとも思えないんだが)
 猫いらずは、人を殺せるほど剣呑な薬であった。だから子供も暮らす長屋で、食い物に仕込み、そこいらへ置くのは躊躇ためらわれる。子供は目を離した隙に、思わぬものを口に入れてしまうからだ。
 もちろん男は人に頼まれ、買ったのかも知れない。しかしその場合は、両国の店で買えばいいではないか。
 その件は、両国に着いてもまだ、月草の頭に残っていた。

(何でわざわざ品川で、あんな薬を買ったのか、不思議だった。実を言うと、本当に鼠を捕るために使うのか、不安に思ったんだ)
 月草は、小屋内で立ち上がり、ああ、そうかと納得した。お華が、お夏を助けてくれと言うような夢を、なぜ自分が見たのか。その訳が分かったのだ。
(もし、あの男が薬を、鼠を殺す以外に使う気なら。一つの使い道は、恨みのある者へ、一服盛ることだろう)
 その思いつきには、更に剣呑な続きがある。
(男が金で雇われ、誰かに猫いらずを盛ることだって、あるかもしれない)
 その場合、あの男はきっと、一服盛る相手に、恨みも関わりも余りない。だから男は疑われることもなく、悪行を為すだろうと思った。狙われた者は、誰にやられたのか分からないまま、命を落としてしまうのだ。
 そして男が暮らす両国で、狙われるとしたら。
(一帯の顔役、山越の親分が、一番危ないに違いない)
 月草は、そう思いついてしまった。そして。
 丁度そんな時、間の悪いことが起きたのだ。山越は病にかかり、今、伏せっている。今こそ狙われやすいと、月草には思えた。
 そして山越が狙われた時、危うくなるのは、親分だけではない。お夏もそうなのだ。下手をしたら、〝ついでに〟一服、盛られかねない立場であった。
「ああお華、おれは、お夏お嬢さんを守るよ」
 猫いらずの件が、月草の単なる思い込みで、大間違いであったら、後で己を笑えばいい。そう言うとお華が、横で何度も頷いている。
 ただ。ここで月草は、己に首を傾げた。
「親分は確かに、両国じゃ一番、知られた男だ。けれどなぁ」
 自分は何で、山越こそ、危ういと思ってしまったのだろうか。山越は、人に恨まれるような人でもないのだ。さっぱり訳が分からず、また首を傾げてしまう。
 すると、そんなことをしている間に、明るい光が、月草の周りを包んでいく。明け方が近いのだと不意に思いつき、月草は顔を、光の方へ向けた。

▶このつづきは、「小説 野性時代 第191号 2019年10月号」でお楽しみください!


「小説 野性時代」2019年10月号

「小説 野性時代」2019年10月号


こちらもおすすめ
 ▷【文庫解説】腹話術でお見通し⁉︎ 口の悪い姫人形・お華と相方人形遣い・月草が江戸の事件を大解決『まことの華姫』


紹介した書籍

関連書籍

MAGAZINES

小説 野性時代

最新号
2022年12月号

11月25日 発売

ダ・ヴィンチ

最新号
2022年12月号

11月5日 発売

怪と幽

最新号
Vol.011

8月31日 発売

ランキング

書籍週間ランキング

1

夜は猫といっしょ 4

著者 キュルZ

2

マダムたちのルームシェア

著者 sekokoseko

3

私のジャンルに「神」がいます3

著者 真田つづる

4

疲れた人に夜食を届ける出前店

著者 中山有香里

5

小説 嘘つき魔女と灰色の虹

著者 そらる

6

アイドル失格

著者 安部若菜

2022年11月13日 - 2022年11月20日 紀伊國屋書店調べ

もっとみる

アクセスランキング

新着コンテンツ

TOP