menu
menu

試し読み

<『心霊探偵八雲11 魂の代償』文庫発売記念>「──お姉ちゃん。私は死ぬのかな?」『心霊探偵八雲12 魂の深淵』試し読み#11

『心霊探偵八雲11 魂の代償』文庫発売記念!!
『心霊探偵八雲12 魂の深淵』全11回大ボリューム試し読み

最終巻『心霊探偵八雲12 魂の深淵』文庫発売日はいつ? 待ちきれないあなたへ!
『心霊探偵八雲11 魂の代償』で起きた事件はまだ終わっていない――。

累計700万部突破の怪物シリーズ「心霊探偵八雲」。『心霊探偵八雲11 魂の代償』(角川文庫)の発売を記念し、続きとなる『心霊探偵八雲12 魂の深淵』の増量試し読み版を11日間連続にて配信! 
一足先に続きを味わい、12巻を楽しみにお待ちください。

「心霊探偵八雲」シリーズ最終巻『心霊探偵八雲12 魂の深淵』2022年5月角川文庫より発売予定

角川文庫にて、本編の完結である『心霊探偵八雲12 魂の深淵』の刊行が、2022年5月に迫ります。
『心霊探偵八雲12 魂の深淵』と『心霊探偵八雲 COMPLETE FILES』、2022年5月に文庫版として発売です!

『心霊探偵八雲12 魂の深淵』試し読み #11

     九

 ──晴香。
 誰かが、名前を呼んでいる。
 八雲の顔が見えた。
 目の前にいるわけではない。タブレット端末のモニター越しだった。
 いつもは仏頂面で、何を考えているのか分からないのに、眉を下げ、今にも泣き出しそうな顔をしている。
 悲しみに満ちていて、ふっと消えてしまいそうなほど儚かった。何が、そんなに悲しいのだろう。こっちまで悲しくなってしまう。
 ──そんな顔をしないで。
 晴香は、そう言ったつもりだったが、音として空気を震わせることはできなかった。
「さようなら──」
 八雲とは違う声がした。
 目を向けると、そこには──七瀬美雪の姿があった。
 晴香を射貫く視線には、強い憎しみが込められていた。
 本当なら、そこに恐怖するはずなのに、どういうわけか、あまり恐怖を感じなかった。それよりも、疑問を覚えた。
 どうして彼女は、こんなにも憎しみに支配されているのだろう?
 彼女の憎しみの根源は、いったいどこにあるのだろう?
 今さらのように、そのことが気にかかった。
 晴香などが想像もつかないような、辛く苦しい道を歩んできたのかもしれない。でも、いくらそれを憎んだところで、痛みが消えるわけではない。
 憎しみを強めるほどに、心が削られていく。これまで以上の痛みを感じることになる。それなのに──どうして?
 七瀬美雪は、ゆっくりと口許に笑みを浮かべると、優雅ともいえる動きで、晴香の身体を押した。
 身体が後方に倒れ込む。
 ──落ちる。
 踏ん張って、抗おうとしたがダメだった。
 晴香は、重力に引かれて真っ逆さまに落ちていく。
 スローモーションのように、時間がゆっくりと流れる。このまま、どこまでも墜ちていくような気がした。
 だが、それは唐突に終わりを迎えた。
 背中に衝撃が走る。
 冷たい水に落下したのだ。
 温度差で、心臓が悲鳴を上げる。
 息が苦しい。
 沈む身体を浮上させようとしたが、手足が動かなかった。身体を捩って足掻いてみたが、そうすればするほどに、水に呑み込まれていく。
 ──駄目だ。私は、死ぬんだ。
 そう思った刹那、白い光に包まれた。眩すぎるその光に、晴香は思わず目を閉じた。
 やがて、その光は薄らいでいく。
 瞼を開けてみた。
 そこは水の中ではなかった。
 病院と思われる場所で、晴香はベッドに横になっていた。
 腕からは点滴のチューブが伸びていて、口には気管チューブが差し込まれていて、人工呼吸器に繋がっている。
 心拍、呼吸、体温、血圧などを計測する機器が身体のあちこちに取り付けられ、生体情報モニターが設置されていた。
 医師や看護師たちが、慌ただしく動き回りながら、晴香の様子を看ている。
 ──そうか。
 晴香は、ようやく何が起きているのかを悟った。
 さっきまで見ていたのは、水門での記憶の断片なのだろう。
 晴香は、水門の上から、七瀬美雪に川に転落させられた。それから、病院に運ばれて、今は治療を受けているのだろう。
 ──私は、まだ死んでいなかった。
 安堵した晴香だったが、それはすぐに違和感に変わった。自分が見ているものの不自然さに気付いてしまったのだ。
 ──どうして、自分の姿が見えているの?
 晴香は、俯瞰でベッドに横たわる自分の姿を見ていた。鏡でもない限り、そんなことはできないはずなのに、自分で自分の姿を見下ろしている。
 まるで、自分が二人いるみたいだ。
 ──何これ?
 声を上げてみたが、医師にも看護師にも届いていないらしく、全くの無反応だった。
 ──助けて下さい!
 晴香は、再び声を上げたが、やはり届かなかった。
 何とかベッドに寝ている自分に近付こうとしてみたが、水の中に潜っているときのように、身体の自由が利かなかった。
 手を伸ばしてみたが、そうするほどに、どんどんと距離が離れていくようにすら感じる。
 宇宙空間に放り出されたようだ。
 ──何が起きてるの?
 困惑しているところに、父である一裕と、母である恵子が駆けつけた。
 恵子は、ベッドに寝ている自分にしがみつくようにして、必死に何かを叫んだ。
 それなのに、晴香の耳には、何も聞こえなかった。
 こちらと向こうが、見えない壁に隔てられているような気がする。
 ──どうして、こんなことになってるの?
 訳が分からなかった。この状況に答えを見つけようとしたが、何一つ思い浮かばない。考えれば、考えるほどに、頭が混乱していく。
 パニックに陥りかけた晴香の耳に、懐かしい声がした。
 ──晴香。
 はっと振り返ると、そこには双子の姉、綾香の姿があった。
 交通事故で亡くなった、七歳のときのままの姿だった。
 ──どうしてお姉ちゃんが?
 問い掛けてみたが、返事はなかった。ただ、今にも泣き出しそうな目で晴香をじっと見ている。
 その目を見ているうちに、晴香は自分に何が起きているのかを理解した。
 前に、テレビで臨死体験をした人が、同じように俯瞰で自分の姿を見た──という話をしていた。
 今、晴香が置かれている状況は、まさにそれだ。
 晴香の魂は、肉体から切り離されてしまっているのだろう。
 ──お姉ちゃん。私は死ぬのかな?
 綾香に問い掛ける。
 口にすることで、急に怖くなった。
 死というのが、どういうものなのか、晴香には分からない。未知の領域に踏み込んでしまったという恐怖はある。
 だが、それよりも、晴香を怖れさせたのは、大切な人たちとの別れだ。
 死んだら、両親とはもう二度と会えなくなってしまうのだ。
 話したいことは、まだまだたくさんあるし、親孝行もできていないのに、もう会えなくなるなんて、受け容れがたかった。
 会えなくなるのは、両親だけではない。地元の友だちや、大学の友人たち。後藤、石井、真琴、奈緒、敦子、英心、畠──事件を通して関わった人たちとも、以前のように言葉を交わすことはできない。
 そして──八雲とも、もう会えなくなってしまう。
 全ての大切な人たちとの別れが、一遍にやってくることに対する恐怖が、晴香の心を震え上がらせた。
 ──嫌だ。私はまだ死にたくない!
 晴香は強く念じる。
 みんなと話したいことが、まだまだたくさんある。やりたいことだって、まだ半分もできていない。
 そうだ。あのときの答えを、まだ八雲から聞いていない。だから──。
 ──私はまだ死ねない。
 自分の身体に戻ることを、強く強く願ったが、水を打ったような静寂が続くばかりで、何も変わらなかった。
 むしろ、さっきよりも自分の身体が遠くにあるように感じられる。
 もしかしたら、自分の肉体と魂を繋いでいる何かが、切れてしまったのかもしれない。それが、死ぬということなのだろうか?
 ふと、脳死した一心のことが思い返された。
 八雲は、まだ肉体としては生きている一心に向かって、「叔父さんは、もうここにいないんだね」と口にした。
 あのときは、その言葉の意味がよく分からなかった。
 でも、今は理解できる。きっと、一心は、今の晴香と同じ状態だったに違いない。
 肉体と魂が切り離され、もう二度と戻ることがない。八雲は、それが分かったからこそ、一心の死を受け容れた。
 そう感じると同時に、晴香は悟ってしまった。
 自分が死んだということを。
 肉体は、活動しているかもしれないが、魂は世界と隔てられてしまったのだ。
 ──八雲君。幽霊になっても、会いに行っていい?
 晴香は、諦めとともに呟いた。

続きは2022年5月発売の『心霊探偵八雲12 魂の深淵』(角川文庫)をお楽しみに!

(本試し読みは『心霊探偵八雲12 魂の深淵』(四六判単行本)を底本にしました)

10/21発売!『心霊探偵八雲11 魂の代償』(角川文庫)



心霊探偵八雲11 魂の代償
著者 神永 学
定価: 880円(本体800円+税)
発売日:2021年10月21日

宿敵・七瀬美雪に晴香が拉致!?  大人気シリーズ、物語は最高潮へ!
八雲の宿敵・七瀬美雪の手により、晴香が拉致されてしまう。晴香の居場所を探す鍵は、四つの心霊現象のどこかに隠されているというのだが……タイムリミットが迫る中、八雲は重大な決断を迫られる。
詳細:https://www.kadokawa.co.jp/product/322106000375/
amazonページはこちら

ついに完結!!『心霊探偵八雲12 魂の深淵』(角川書店)



心霊探偵八雲12 魂の深淵
著者 神永 学 イラスト 加藤 アカツキ
定価: 1,540円(本体1,400円+税)
発売日:2020年06月25日

大人気「心霊探偵八雲」シリーズ、ついに完結!!
シリーズ累計700万部突破、16年間に渡って読者に愛されてきた「心霊探偵八雲」。そのフィナーレを飾る、待望の完結作がついに発売!!堂々たるラストを見逃すな!!
詳細:https://www.kadokawa.co.jp/product/321911000191/
amazonページはこちら

「心霊探偵八雲」あらすじ、シリーズ全巻はこちら!
【神永学シリーズ特設サイト】



「心霊探偵八雲」シリーズ詳細https://promo.kadokawa.co.jp/kaminagamanabu/yakumo/


紹介した書籍

関連書籍

MAGAZINES

小説 野性時代

最新号
2022年7月号

6月25日 発売

ダ・ヴィンチ

最新号
2022年7月号

6月6日 発売

怪と幽

最新号
Vol.010

4月25日 発売

ランキング

書籍週間ランキング

1

六人の嘘つきな大学生

著者 浅倉秋成

2

メンタル強め美女白川さん3

著者 獅子

3

黒牢城

著者 米澤穂信

4

メンタル強め美女白川さん

著者 獅子

5

夜は猫といっしょ 3

著者 キュルZ

6

メンタル強め美女白川さん2

著者 獅子

2022年6月26日 - 7月3日 紀伊國屋書店調べ

もっとみる

アクセスランキング

新着コンテンツ

TOP