menu
menu

試し読み

<『心霊探偵八雲11 魂の代償』文庫発売記念> 「何の情報もねぇんじゃ、動きようがねぇ」。『心霊探偵八雲12 魂の深淵』試し読み#6

『心霊探偵八雲11 魂の代償』文庫発売記念!!
『心霊探偵八雲12 魂の深淵』全11回大ボリューム試し読み

最終巻『心霊探偵八雲12 魂の深淵』文庫発売日はいつ? 待ちきれないあなたへ!
『心霊探偵八雲11 魂の代償』で起きた事件はまだ終わっていない――。

累計700万部突破の怪物シリーズ「心霊探偵八雲」。『心霊探偵八雲11 魂の代償』(角川文庫)の発売を記念し、続きとなる『心霊探偵八雲12 魂の深淵』の増量試し読み版を11日間連続にて配信! 
一足先に続きを味わい、12巻を楽しみにお待ちください。

「心霊探偵八雲」シリーズ最終巻『心霊探偵八雲12 魂の深淵』2022年5月角川文庫より発売予定

角川文庫にて、本編の完結である『心霊探偵八雲12 魂の深淵』の刊行が、2022年5月に迫ります。
『心霊探偵八雲12 魂の深淵』と『心霊探偵八雲 COMPLETE FILES』、2022年5月に文庫版として発売です!

『心霊探偵八雲12 魂の深淵』試し読み #6

     四

 息が詰まる。
 石井雄太郎は、ネクタイを緩めてみたが、息苦しさは変わらなかった。
 部屋の空気が淀んでいるのかもしれない。
〈未解決事件特別捜査室〉の部屋は、以前は倉庫だった場所を改装したものだ。窓がないので、空気の入れ換えができず、酸欠気味になるのは致し方ない。
 改めて、デスクの上にある書類に向き直ったものの、やはり頭の中に靄がかかったようで、内容がまるで入ってこない。
 苛立ちを覚え、髪の毛を掻き毟ってみたが、靄が晴れることはなかった。
 この息苦しさは、部屋の構造だけの問題ではないのかもしれない。それが証拠に、〈未解決事件特別捜査室〉に異動になって二年が経つが、それまで息苦しいと感じたことはなかった。
 天井を見上げて、ため息を吐くのと同時に、頭の中に一人の女性の顔が浮かんだ。
 丸顔でつぶらな瞳。ショートカットの髪は、ボーイッシュなようで、女性的な繊細な美しさも兼ね備えていた。
 何より、周囲を癒やす明るく、柔らかい笑顔──。
 ──天使。
 それが、晴香を見た第一印象だった。
 可愛らしい顔立ちでありながら、晴香は芯が強かった。どんなときでも前を向いて歩み続ける強さがあった。
 そして、何より優しかった。
 そんな晴香の存在に、何度助けられたか分からない。
 落ち込んで自信を無くしたときも、晴香の笑顔を見るだけで、臆病な自分に打ち勝てる気がした。
 石井にとって、晴香はそういう存在だった。
 最近は、出会ったときとは抱く感情に変化が生まれたが、それでも、大切な人であることに変わりはない。
 だから──。
 何としても、晴香を助けたかった。
 それなのに──。
 間に合わなかった。あの夜、河川敷の道を必死に走ったのに、辿り着く前に、晴香は川へと転落していった。
 あと少しだった。もっと自分が速く走っていれば、落下する前に、その手を掴むことができたかもしれない。
 そうすれば、晴香は今も、あの温かい微笑みを向けてくれていただろう。
 悔やんだところで、現実が変わらないのは分かっている。だが、それでも、どうしても思考がそこに向いてしまう。
 目頭が熱くなり、じわっと涙が浮かんだ。
 石井は慌てて瞼を固く閉じ、涙が零れ落ちるのをせき止めた。
「ぼうっとしてんじゃねぇよ」
 ちょうど、上司である宮川英也が部屋に入ってきて、石井の頭を小突いた。
「す、すみません……」
 石井は、慌てて姿勢を正す。
「まったく……」
 宮川は、呆れたように言いながら石井の向かいの席に座った。
 坊主頭で、眼光の鋭い宮川は、一見するとその筋の人間に見えるが、これでれっきとした刑事だ。
「あの。それで、何か分かりましたか?」
 石井は身を乗り出すようにして訊ねる。
 宮川は、後藤が起こした不祥事の責任を取って、今は〈未解決事件特別捜査室〉に追いやられているが、かつては刑事課長だった。
 晴香の一件のあと、石井は宮川と協力して七瀬美雪を追おうとしたのだが、捜査本部がそれを許さなかった。
 七瀬美雪を取り逃がした失態の責任をなすり付けられ、捜査から完全に外されてしまった。
 そもそも〈未解決事件特別捜査室〉は、名称こそ立派だが、過去に起きた事件資料の整理という、まさに閑職なので、捜査に加わることはできなかっただろう。
 何にしても、情報がなければ、七瀬美雪の追跡もできない。
 そこで、宮川が刑事課長だったときの伝を使って、捜査本部から、色々と情報を聞き出してきてくれている。
 見てくれは怖いが、情に厚い人なのだ。
「あまり芳しくないな。潜伏しそうな場所の捜索も進めているようだが、いかんせん、十五年近くも消息を絶っていた女だ。人間関係がさっぱり分からん」
「確かに」
 七瀬美雪が、十歳のときに失踪してから、再び姿を現すまで十五年近くの歳月が経過している。
 その間、どこで何をしていたのか、一切手掛かりがない。
「全国指名手配をかけて、検問を張ったりしているようだが、望み薄だな。頼りは、防犯カメラの映像ということになるが、動きが分からない以上、捜索範囲が広すぎて、手に負えない」
 宮川が坊主頭を撫でながら答える。
「そ、そうですか……」
 落胆はあったが、予期していた答えでもある。
 七瀬美雪は、憎いくらいに狡猾でずる賢い人物だ。そう簡単に尻尾を掴ませたりしないだろう。
「何の情報もねぇんじゃ、動きようがねぇ」
 宮川の言う通りだ。
 晴香を救うことができなかった。だとしたら、せめて七瀬美雪を逮捕したいところだが、手掛かりがないのでは、どこをどう捜していいのかすら分からない。
 ここで、ふと石井の中に閃きがあった。
 警察は手詰まり状態だが、彼──斉藤八雲なら、七瀬美雪に繋がる何かを掴んでいるかもしれない。
 携帯電話を手に取り、八雲に電話を入れてみたが、しばらくのコール音のあと、留守番電話に切り替わってしまった。
 石井は、メッセージを残すことなく電話を切った。八雲に電話をするのは、これで何度目だろう。
「例の眼の赤いガキは、まだ連絡が取れないのか?」
 誰に連絡していたのかを察したらしく、宮川が声をかけてきた。
 宮川も、八雲の事情を知っている人間の一人だ。直接の絡みは、ほとんどないが、心配しているのだろう。
「はい」
「そうか……。自分を責めてるんだろうな……」
 宮川が、しみじみと口にする。
 たぶん、宮川の言う通りだろう。あの事件以降、八雲は自分を責め続けているに違いない。
 気持ちは分かる。石井も、何度悔やんだか分からない。あのとき、他の方法をとっていれば──と、数え切れないほど頭の中でシミュレーションを繰り返した。
 だが、いつも同じ結果に辿り着いて絶望に暮れる。
 おそらく八雲も同じはずだ。
 ダメだ。自分でもどうしようもないくらいに、思考がマイナス方向に引っ張られている。
 晴香は、太陽のような存在だった──。
 彼女がいないと思うと、二度と明けない夜の中にいるように感じられる。
 項垂れたところで、携帯電話が鳴った。
 ──八雲氏?
 そう思って慌てて手に取り電話に出る。
「石井雄太郎であります!」
〈知ってます〉
 笑みを含んだ真琴の声が聞こえてきた。
「何だ。真琴さんでしたか……」
 八雲でなかったことに対する落胆が強く、うっかり口にしてしまった。
〈残念そうですね〉
「あっ、いや、違うんです。てっきり、八雲氏かと思ったもので、その……」
 大慌てで言い訳を並べる。
〈そうですか? 私には、違う意味に聞こえましたけど〉
「本当に違うんです」
〈まあ、いいです。それより、これから時間ありますか?〉
「ええ。大丈夫です」
 書類仕事が大量に残っているが、どうせ、こんな状況でははかどらない。
〈良かった。実は、見て頂きたいものがあるんです〉
「見て頂きたいもの?」
 問い返しながら、石井の中に一気に緊張が走った。
 真琴が何か見て欲しいと言い出したときは、決まって大きなトラブルに巻き込まれている。
 いつもなら、それに怖れをなしていたのだが、今は少しだけ違った。
 タイミングから考えて、真琴が無関係な話を持ち出すはずがない。おそらく、彼女の──七瀬美雪の行方に関係する何かに違いない。

つづく
(本試し読みは『心霊探偵八雲12 魂の深淵』(四六判単行本)を底本にしました)

10/21発売!『心霊探偵八雲11 魂の代償』(角川文庫)



心霊探偵八雲11 魂の代償
著者 神永 学
定価: 880円(本体800円+税)
発売日:2021年10月21日

宿敵・七瀬美雪に晴香が拉致!?  大人気シリーズ、物語は最高潮へ!
八雲の宿敵・七瀬美雪の手により、晴香が拉致されてしまう。晴香の居場所を探す鍵は、四つの心霊現象のどこかに隠されているというのだが……タイムリミットが迫る中、八雲は重大な決断を迫られる。
詳細:https://www.kadokawa.co.jp/product/322106000375/
amazonページはこちら

ついに完結!!『心霊探偵八雲12 魂の深淵』(角川書店)



心霊探偵八雲12 魂の深淵
著者 神永 学 イラスト 加藤 アカツキ
定価: 1,540円(本体1,400円+税)
発売日:2020年06月25日

大人気「心霊探偵八雲」シリーズ、ついに完結!!
シリーズ累計700万部突破、16年間に渡って読者に愛されてきた「心霊探偵八雲」。そのフィナーレを飾る、待望の完結作がついに発売!!堂々たるラストを見逃すな!!
詳細:https://www.kadokawa.co.jp/product/321911000191/
amazonページはこちら

「心霊探偵八雲」あらすじ、シリーズ全巻はこちら!
【神永学シリーズ特設サイト】



「心霊探偵八雲」シリーズ詳細https://promo.kadokawa.co.jp/kaminagamanabu/yakumo/


紹介した書籍

関連書籍

MAGAZINES

小説 野性時代

最新号
2021年12月号

11月25日 発売

怪と幽

最新号
Vol.008

8月30日 発売

ランキング

書籍週間ランキング

1

闇祓

著者 辻村深月

2

黒牢城

著者 米澤穂信

3

USJを劇的に変えた、たった1つの考え方 成功を引き寄せるマーケティング入門

著者 森岡毅

4

民王 シベリアの陰謀

著者 池井戸潤

5

テスカトリポカ

著者 佐藤究

6

六人の嘘つきな大学生

著者 浅倉秋成

2021年11月28日 - 12月5日 紀伊國屋書店調べ

もっとみる

アクセスランキング

新着コンテンツ

TOP