menu
menu

試し読み

鬼に喰われて死んだ赤ん坊。残された家族を救うため、秘術を持つ薬師・文梧が立ち上がる!『鬼恋綺譚』試し読み②

「鬼」がはびこる世界で、二人は出逢った。許されない想いをめぐる、圧倒的和風ファンタジー開幕! 刊行を記念し、3日間にわたって特別に試し読みを配信します。

>>試し読み第1回へ

 ◆ ◆ ◆

 小寺則職の長男である六代目小寺の急逝から十余年。
 七代目当主、菊は、快活な少女だった。鬼の目を逃れた隠れ家生活を強いられているにもかかわらず、また家族を失った身であるにも拘らず、常に明るく気丈に振る舞う。そして身体も強くよく働く。そんな菊の様子は、使用人たちに自然と、彼女の祖父である則職在りし日の小寺領を想起させた。誰もが心根の優しい菊を慕い、また我が子のように可愛がっていた。
 そんな菊が間もなく十七歳になる春のことだった。みずがめの水がそろそろ底を突きそうになったので、菊は一人おけを抱えて水場へ向かった。途中、目の前を一匹の小さな獣が横切った。彼女は思わずその獣を目で追った。あとあしから血を流しているように見えたのだ。獣は見る間に下草を分け入って、たちまち姿を消してしまった。その寸前、太いしつが揺れるのが見えた。どうやら狸の子どものようだ。怪我で弱っているのか、進路も定まらないままふらふらと歩いているようである。だがいずれ血の臭いをぎつけた獣に襲われてしまうだろう──青山衆に追われる自分たちのように。
 菊は生まれた時から常に青山の鬼に追われ続けていた。菊だけではない。小寺領の出身者は誰であろうと例外なくその標的となり得て、匂いを嗅ぎつけられれば襲われてしまう。菊は平和な時代を知らない。誰かに追われずに暮らせる安穏とした生活を知らなかった。
 ──どうか皆生き延びて。小寺の領主である私が皆をまもれるほどに強くなって、平和な小寺領を取り戻す。必ず、私が皆を救い出すから。
 菊は痛む胸と一緒に、懐に隠し持った短刀を強く握り締めた。短刀の扱い方を誰に習ったわけでもないが、護身のために持ち歩いているのだ。顔を上げたその時、だぬきの尻尾が再び視界の端に飛び込んできた。菊はあんの表情を浮かべてその後を追う。
 その時──菊の背後から下草を踏み分けるような音がした。
 菊は初め、使用人の誰かが心配して後をけてきたのだと思った。そうではないと気づいたのは、いつまで経っても声を掛けてくる気配がないのと、風のうなるような荒い息遣いが聞こえてきたからだった。急激に不安がい上ってくる。息を詰めて足早に歩く。しかし物音はぴったりと菊の後をついてくる。不安はすぐに、湧き上がる恐怖に取って変わる。
 やがて彼女は前方に仔狸がうずくまっているのを見つけた。やはりその左の後肢に傷を負っている。その傷を尻尾で隠すようにして、仔狸はじっと菊のほうを見ている。だめ、早くお逃げ、と菊は胸中で必死に呼び掛ける。だが仔狸は硬直したように動かない。菊のほうも歯の根は合わず、懐の短刀を抜こうにも恐怖で腕が固まってしまって動けない。
 ぐるる、と背後にいるものがのどを鳴らした。その音にはじかれたように菊は駆け出した。背後にいるものも同時に地をった音がした。菊はなりり構わず仔狸のもとへ駆け寄り、その小さな身体を抱き上げた。
 その一瞬後、菊は自分の身体が虚空へ投げ出されるのを感じた。どうもくした視界に岩壁が見えた。仔狸が立ち止まっていた場所の、ほんの一歩先ががけになっていたのだ。菊はとつに身体を丸めて仔狸を抱き締めた。そのまま急なこうばいを転がり、地面にたたきつけられるように落下する。痛みと衝撃にくらくらしながらも顔を上げると、先ほどまで菊が立っていた場所は、見上げればすぐそこにあった。その場所から大きな熊がこちらを見下ろしている。
 背筋が冷えた。後ずさろうとするが腰が立たない。同じく動けないでいる仔狸を抱き締めたまま、菊はただ熊を見上げているしかない。菊の頭よりも大きなまえあしが崖の縁を探っている。菊の念頭からは既に自分が短刀を持っているという事実が消えせている。否、たとえ思い出したとしても、おおくま相手に少女の力で短刀を振るうことにどれほどの意味があるのか。
 熊がとうとう急勾配に肢を踏み出した。土煙を上げながら崖を滑り降りてくる。そして勾配の半ばほどに差し掛かるや、熊は後肢に力を込めた。来る、と菊が悟った時には、熊は彼女目掛けて飛び掛かってきていた。
 その瞬間、菊は何も考えられなかった。生きることも死ぬことも念頭に浮かばず、ただ目の前の受け入れがたい現実をぼうぜんと眺めていた。
 だから──その人影が目の前に飛び込んでくるのを、彼女はただ見ていた。
 その人影は菊と熊との間を遮り、そして幾ばくの躊躇ためらいもなく彼女の目の前で熊を斬り捨てた。辺り中に血が飛散する。仔狸はそれに驚いてか、突然生き返ったように彼女の腕の中から抜け出して走り去っていった。熊の巨体が地面に落下した。大地を揺るがすほどのごうおんが響き渡る。熊は喉を深く斬られて絶命していた。その脇に人影が降り立つ。
 少年だった。菊と同じ年頃の少年が血にれた刀を手に、菊を見つめている。
「怪我はねぇか」
 自分が問われているのだ、とわかっていても菊には答えられなかった。恐怖があまりに急激に襲ってきて、そして急激に去っていったために、頭も身体も事態に追いつかず声を出すことができなかったのだ。少年はわずかにまゆひそめた。
「どこか痛むのか」
 違う、と答えたいがやはり唇が震えるだけで声が出ない。少年は菊のほうに近づいてきた。熊を一撃で倒すほどの剣技を持っているとは到底思えないような、体格も顔つきもごく普通の少年だ。少年は菊の傍らにかがみ込むと、おもむろに菊のほうに手を差し出してきた。助け起こしてくれようとしたのだろうが、反射的に菊はびくっと身体をこわらせてしまう。少年は嘆息した。
「怖がらないでくれ。何もしねぇよ」
 少年はそう言うとすぐに手を引っ込めた。そのよく陽にけた腕にき傷があった。血はほとんど出ていないが傷口が熟れたように真っ赤になっている。傷口を見る菊の視線に気づいたのか、少年は苦笑して腕を自分の背中に隠した。
「奴の爪がかすっただけだ。気にするな」
 菊は喉を震わせた。出ない声の代わりに、眼の奥が熱くなって涙があふれてこぼれた。少年は途端に慌て始める。わたわたと自分の着物のそでとんちやくなく菊の目もとをぬぐった。
「ああもう、泣くんじゃねぇよ。れいな顔が台無しだぞ」
 少年の手つきは限りなく優しい。それが余計に菊にはつらかった。
「怖かったか? それともやっぱりどこか痛むのか」
 菊はただけいれんのように小さく首を横に振る。
 ──自分がもっと強かったなら。
「……まない……すまない……」
 ようやく絞り出した声も、やはり震えてしまってうまく言葉にはならなかった。

 冷静になってよく見ると、少年の身体には腕の他にも傷跡が沢山あった。それらはどうやら昨日今日に付いたものではなかった。既にふさがって蚯蚓みみずれのようになったものや、黒ずんだあざのようになったものもある。少年らしく骨の細い身体をしているが、その腕や脚にはしなやかで無駄のない筋肉がついている。昔、山中で出会った若い野伏もこんなふうだったと菊は思い出した。これは毎日相当な鍛錬を積んでいる者だけが持ちえる身体だ。
 しばらく泣いたおかげで落ち着きを取り戻した菊は、地面に手をつき、深々と頭を下げた。
「お助けくださり、ありがとうございました。お蔭様で命永らえました」
 少年は面食らったようだった。
「そんな丁寧に礼を言われるようなことをした覚えはねぇよ。顔を上げてくれ、そんなことされても困っちまう」
 菊は少し躊躇いながらも顔を上げる。少年は当惑しきった顔で菊を見下ろしている。
 とてもしんな眼をした少年だった。まっすぐに菊を見つめるそのひとみは全てを抱く夜のよう、あるいはどこまでも深い湖面のようだった。菊は思わずその瞳に見入った。
 視線を外したのは少年のほうが先だった。やおら菊の手を取り、土を払ってくれる。ごつごつと骨っぽい手だった。手のひらの指の付け根には、刀を扱う者特有の肉刺まめの感触がある。
 ──この手が自分を救ってくれたのだ。
「どうした?」
 再び押し黙りうつむいてしまった菊の顔を、少年が心配そうにのぞき込んでくる。
「……私は悔しい。自分の身すら護れず、お前様に怪我までさせてしまって」
「だから大したことねぇって。変に気に病むんじゃねぇよ」
「ではせめて、お前様の傷の手当てをさせてはくださいませんか。良い薬があります」
 菊は帯に挟んでいた厚い帳面を取り出してみせた。ぱらぱらと頁をめくるとそこには植物の図面や解説が、菊自身の流麗な手跡で事細かに書き込んである。少年は感心した面持ちで帳面を覗き込む。
「こりゃあすげぇな。あんた、やくに明るいのか」
「母の実家がくすでしたので、多少は。ここでお待ちを。いま材料を採って参ります」
 言って菊は腕と脚に力をこめた。だが意に反して手足は痙攣するばかりで、上手うまく立ち上がることができない。無理に立ち上がろうとしたその瞬間、ひざががくりと抜けた。後ろに倒れかかったその身体をふわりと受け止めるものがあった。少年が菊の身体を支えてくれたのだ。少年のあきれたような、心配したような顔が間近にある。
「危なっかしい娘だな。悲鳴ぐらい上げたらどうなんだ」
 言葉に反してその声はひどく優しかった。それでますます菊の胸は痛んだ。
「……申し訳ありません」
「別に謝ることねぇけどよ。まだ無理して動かないほうがいい」
「ですが、傷が痛むのでしょう? 私のせいで……」
「違う。俺が勝手にやったことだ。それに薬が必要なほど大げさな傷でもねぇしな」
 少年は悪戯いたずらっぽく笑う。菊はしかし首を横に振った。そして何の迷いもなく、自分で自分のじゆばんの左袖を短刀で引き裂く。おい、と少年が慌てるが、菊は構わず袖の布地をさらに細く裂いて、それを少年の腕の傷口に巻きつけた。そして端と端をきつく結ぶ。
「こんなものでも、ないよりはいいでしょう?」
 菊は控えめに微笑んでみせた。少年は、あんたなぁ、としばし視線を右往左往させていたが、やがて深々と嘆息した。そして菊に背を向けて屈む。
「乗れ」
 え、と菊は目をしばたたかせる。少年はれたように振り返る。
「崖の上まで送ってやるから。足が動くようになっても登れねぇだろ、その細腕じゃ」
 もう一度、今度は身体ごと促される。菊は迷いながらもおずおずと少年の肩にしがみ付いた。特別力があるようには見えないのに、少年は菊を背負ったまま軽々と立ち上がった。
「あんた、この辺の村の娘か? うちはどこだ?」
 家まで送ると言わんばかりの口ぶりだった。菊は二つの意味で躊躇した。
 巨熊から助けてもらった上に怪我までさせてしまったのに、薬を作ることもできず、その上その相手に背負われて家まで帰るのではあまりにも申し訳ないし情けない。
 それに──この少年が青山衆でないという証拠は、どこにもない。
 菊は思わず黙り込んだ。その様子から何かを感じ取ったのか、少年は軽い口ぶりで言う。
「なら、やっぱりがけの上までだな。そこからは自力で帰りな」
 少年は少しも気分を害した様子がなかった。菊は思わず少年の首に、控えめに、だがきつく抱きついた。この少年の厚意を、素直に受け取ることすらできない身の上の自分。それが何より憤ろしく、哀しい。
「……あんた」
 至近距離から少年の少し怒ったような声が聞こえた。
「どうにも良くねぇなぁ。世間知らずっつーか、妙に隙があるっつーか」
「……? どういうことです?」
「胸があたってる」
 菊は慌ててひじを張ってけ反った。少年は声を上げて笑う。
「そんだけ動けりゃ一人でも大丈夫だな。相変わらず悲鳴の一つも出ねぇけど」
「っ、からかったのですか!?」
ちげぇよ。もっと用心深くなれって話だ」
 菊はぜんとして押し黙る。少年は何がおかしいのか声を殺したように笑った。
「怒らないでくれ。悪かったよ。そうだ、まだ名乗ってなかったな。俺はもとのぶという。きぬがさ元信だ。あんたの名は?」
「……菊。私は、菊」
 菊はわずかに躊躇ためらい、そう答えた。菊は今までの人生で一度たりとも、他人の前で姓名ともに名乗ったことがない。小寺菊と名乗ることは、ほぼ確実に死に直結するからだ。
「お菊か。あんたに似合いの良い名だな」
「……ありがとう。元信様はこの辺りにお住まいですか?」
「このところこの山で寝泊りしてるのは間違いねぇな」
 元信はそう言って菊の質問をかわした。
 ──ひょっとするとこの少年もまた、菊と同じように、何らかの事情を抱えているのだろうか。
 その不確かな想像は、しかし菊にある決断をさせるのに十分だった。
「──元信様。一つ、頼まれてはくださらないでしょうか」
「ん? 何だ?」
 元信は顔だけで振り返る。菊は元信の肩に添えた両手にわずかに力をこめた。
「私に、刀を教えて頂きたいのです」
 何、と元信は立ち止まる。菊は押し殺した声で続ける。
「私は一人では何もできないぜいじやくな人間です。今日のことでそれを思い知りました」
 菊が今日まで生き延びてこられたのは、いざとなったらまもってくれる使用人たちがいたからだ。だが運はいつか必ず尽きる。その瞬間が訪れたとき、果たして今のままで自分に何ができるというのか。きっと今度こそ本当にすべてを失ってしまう。
「お願い。お願いします。私は強くなりたいのです」
 菊は元信の背中に向かって頭を下げた。元信は困惑した様子である。
「俺は別に構わねぇが……。だがあんた、そんなことを言うのは何か事情があってのことなんだろう? 俺みたいな得体の知れない野郎が相手で怖くねぇのか?」
 菊は微笑わらってうなずいた。──確かに得体は知れないが、こんなにも優しく真摯な眼をした人間を、怖いなどと思うはずがない。
 元信は深く嘆息した。そして観念したようにうめく。
「俺は大抵いつもこの山にいる。この辺りで剣術の修行をしてる。そのついでにあんたの剣技を見てやるよ。ただし俺のけいは厳しいぜ」
 菊は神妙な面持ちで頷いた。元信は、あ、と思い出したように付け足す。
「それと、一つ条件がある」
「何です? 何でも言ってください、私にできることなら」
 勢い込んで菊が言う。すると元信は少しはにかんだように笑った。
「さっきあんたが言ってた傷薬、今度会ったときに作ってくれよ」
 菊は思わず顔をほころばせた。
「──喜んで、元信様」

(つづく)



沙川りさ『鬼恋綺譚 流浪の鬼と宿命の姫』詳細はこちら(KADOKAWAオフィシャルページ)
https://www.kadokawa.co.jp/product/321911000248/


紹介した書籍

MAGAZINES

カドブンノベル

最新号
2020年10月号

9月10日 配信

怪と幽

最新号
Vol.005

8月31日 発売

小説 野性時代

第203号
2020年10月号

9月12日 発売

ランキング

書籍週間ランキング

1

四畳半タイムマシンブルース

著者 森見登美彦 原案 上田誠

2

小説 野性時代 第203号 2020年10月号

小説野性時代編集部

3

昨日星を探した言い訳

著者 河野裕

4

村上世彰、高校生に投資を教える。

著者 村上世彰

5

女だてら

著者 諸田玲子

6

僕の神さま

著者 芦沢央

9/14~ 9/20 紀伊國屋書店調べ

もっとみる

アクセスランキング

新着コンテンツ

TOP