menu
menu

試し読み

圧倒的・純和風幻想譚! 生き血を吸う鬼と人の終わりなき戦いと恋『鬼恋綺譚』試し読み③

「鬼」がはびこる世界で、二人は出逢った。許されない想いをめぐる、圧倒的和風ファンタジー開幕! 刊行を記念し、3日間にわたって特別に試し読みを配信します。

>>試し読み第2回へ

 ◆ ◆ ◆

 その日から、菊と元信の修行生活が始まった。
 互いに互いのことは何一つ知らないに等しい。それでも二人はひとたび会えば半日近くをともに過ごした。元信はとても熱心に厳しく菊を教えたし、菊も必死に稽古にらいついた。
 菊の扱う刀は大刀ではなく、手にずっと慣れ親しんだ短刀だ。少女の細腕で無理に大刀を覚えるよりも、菊の長所である身軽さをかせる短刀が良いだろうとの元信の助言があってのことである。
 稽古をつける元信のほうが驚くほど、菊のみ込みは早かった。祖父則職の武芸の才を菊は受け継いでいたのだ。そして何よりも彼女自身が血のにじむような努力をした。顔に傷を作るのもいとわず、菊はまっすぐに己の腕を磨き続けた。
 元信もとても良い師だった。聞けば菊と同い年だというが、まるで頼れる兄のように菊は感じた。ひとたび刀を握ればとにかく厳しく、そうでない時は菊がうろたえてしまうほど優しいのだ。獲物を狙うもうきんのような鋭いまなしで菊をにらみ木刀を振るう、その一秒後には転倒した菊を慌てて起こしに飛んでくる。
 元信はまた、菊が知らないことを沢山知っていた。刀の扱い方は言うに及ばず、山の安全な歩き方、水場の見つけ方、獣の捕らえ方に肉のさばき方、算術、占星術に至るまで何でも知っていた。山中で危険に出会えば必ず菊をかばい、菊自身の手で危険を回避できるよう教えてくれた。
 そんな元信に、菊は次第にかれていった。息を潜めて生きてきた彼女の目に、元信はとても生命力にあふれた魅力的な若者に映った。それはとても自然な心の変化だった。
 だが彼女はその想いを自覚することをひどく恐れた。生きるか死ぬかの毎日、まして自分は領民を護るべき領主だ。こんな浮ついた感情にうつつを抜かすわけにはいかない。菊は己にきつくそう言い聞かせた。だが毎日元信に会って刀を教わらねばならない。こちらをすくめるそのひとみに、毎日己の目を合わせねばならないのだ。
「そうだ。そこですぐに脇を締めて重心を低く落とすんだ。軸足の力を緩めるな」
 刀を交えながら元信が言う。その力はきつこうしているが、無論これは元信が菊の力量に合わせてくれているからだ。元信が本気で刀を払えば、菊の細腕など簡単に折られてしまうだろう。
 まっすぐに菊を見つめる深い夜の湖のようなそうぼう。それが今目の前にある。菊は一瞬その瞳にれ、慌てて気を引き締めた。だが体勢を立て直そうとしたときには既に遅く、菊の短刀は元信の木刀にがれ、彼女は横向きに転倒してしまう。
「気が散じてるぜ、お菊。もし俺が真剣を使っていたらお前は死んじまっていたところだ」
 はい、と菊は慌てて起き上がる。その拍子に手首が痛んだが気にせずに短刀を構えた。元信との稽古を始める前に比べて、痛みに対する耐性や痛みをごまかす方法まで鍛えられたようで、菊は今や少々の傷やねんではそれを怪我とも思わなくなっている。
「すまない。今一度手合わせ願います、元信様」
「その意気だ。来い」
 元信が刀を構える。菊は地面を強くって彼に向かっていく。そうして刀を交える間中、菊はとにかく刀に意識を集中させようとした。一度でも元信の瞳や、その体温や呼気の近さを意識してしまったら、またさっきと同じことになってしまうだろう。そうしたら。
(──今度こそ元信様にあきれられてしまう)
 菊は己のその思考にがくぜんとした。
(何を考えているのだ、私は。そんなことは刀の鍛錬には何の関係もないはずなのに)
 菊は奥歯を食い縛った。とにかく今は目の前の刀だけに集中しなければ。だがそうしようとするあまり、傍のかんぼくの枝に大きな百足むかでがいることに気づかなかった。元信はすぐにそれに気づき、灌木の枝をつかんで百足から菊を庇う。菊はそれでようやく異変に気づいた。元信が稽古を突然中断したときは、そうしなければならないだけの何かが起こっているのだと、彼女はこの稽古生活の間に学んでいる。元信は灌木の枝を折って遠くに放った。
「毒虫がいた。刺されてねぇか?」
 はい、と言いかけて、菊は気づく。元信が放った枝の先に見えたもの。その大きな百足は、おぞましくうごめく脚や節が毒々しい赤色をしていた。刺されるとひどく傷口が痛む種類だ、と菊は思い出した。毒はさほど強くなく身体に回るのも遅いが、その代わり刺された瞬間その箇所が焼けるように痛むという。
 元信の左手、その親指の腹がれ上がっていた。菊が元信の手を取ろうとすると、元信は慌てたようにその手を背に隠した。菊は思わず元信をめつける。
「お前様はいつも私に怪我を隠す」
 元信はばつが悪そうに笑った。菊はさらに元信を睨む。
「笑い事ではありません。なぜ言ってはくださらないのです。私だって、私だってお前様に──」
 ──助けられてばかりなのじゃなく、力になりたいのに。
 そう言いかけて菊は思わず口をつぐんだ。
 元信は笑った。屈託のないようでどこか寂しげな陰を帯びた、ひどく複雑な笑みだった。
「俺はお前の前では強がっていたいんだよ、お菊」
「何故です。いくら師のお立場といえど──いいえ、今はそのようなことはどうでもいい」
 菊はかぶりを振り、着物の合わせから小さなきんちやく袋を取り出した。中には菊が調合した薬が入っている。元信は観念したように菊の隣に腰を下ろした。菊は黙って手を差し出す。傷口を見せろ、の合図だとわからないはずはないが、元信はやはり渋るような素振りを見せる。
「手当てもさせてはくださらないのですか?」
 知らずとがめるような口調になってしまう。元信は今度はおずおずと左手を出してきた。菊は押し黙ったまま、彼の傷口に処置を施していく。元信は痛がるでもなく、ただきまり悪げに視線をどこかへ流している。
 しばしの沈黙の後、菊は口を開いた。
「……ありがとう。助けてくださって」
 言葉にした途端、涙がこみ上げてきて慌てて口を引き結んだ。
 修行を始めたての頃は、倒れ込むたびに元信が助け起こしてくれるのが、まるで赤子のように扱われているようでがゆかった。優しさなのだと頭ではわかっていても、早く対等な存在と認められたかった。近頃はようやく、少しずつでも前に進めていると思っていたのに。
 元信はじっと菊を見つめている。顔を上げることのできない菊に、だが彼は視線を外す気配はない。
「──何も、自分一人で何もかもできるようになる必要はねぇよ」
 菊はとつに顔を上げ、反論しかけた。自分一人で何もかもできるお前様が何を、と。
 視線が交わった。しんな瞳がこちらを見つめている。言葉を封じられたように、菊はその先を続けることができない。
「俺にだって毒虫に刺された後の応急処置ぐらいなら、できる。だがくすのようには無理だ。せいぜい素人の処置だから、痛みも引かねぇしあとも残っちまうかもな。だからお前が無事で、俺に手当てをしてくれて助かった」
「え……」
「ありがとう」
 元信が微笑んだ。そしてすぐに、再び菊から視線を外した。
 心臓が痛いほど収縮した。その痛みの逃がし方がわからず、菊は咄嗟に元信の手を一瞬、強く握った。
 元信が何かを言いかけた。だが菊は気づかないふりをして手当てに戻る。だから結局、それがきちんとした言葉になることはなかった。

「──姫様、お茶が入りましたよ」
 菊の傍仕えの使用人、みつは、戸の奥の間にいる主人に向かってそう声を掛けた。小寺家に仕える使用人の中でも古株の一人で、よわいは菊の祖母と母の間ほど、菊の両親が健在の頃は母親の傍仕えをしていた女だ。入るよう促されたので、光は茶器の載った盆と新しいろうそくを携えて襖を開けた。菊は開いた本を読むでもなく眺めていた。
「ありがとう、お光。一緒に頂きましょう」
 はい、と光は穏やかに微笑んだ。ちやわんを菊の前に置き、傍らに腰を下ろす。
「いい月夜でございますね」
 ええ、と答える菊はどこか上の空だった。そのきめの細かい頰や手の甲に小さなき傷がたくさん付いているのを見て、光はまゆひそめた。
 ──朝も早くから外出しては夕刻に生傷だらけで帰ってくる菊に、最初こそ使用人たちは肝の冷える思いをさせられた。何があったと問うても剣を学んでいたと答えるだけで、誰にとも、どこでとも言わないのだ。それでも使用人たちは、自分たちが菊を止めねばならない立場であるとわかっていながらも、どうしてもそうすることができなかった。
 菊は幼少の頃から、領主たりえる人間になりたいとずっと願っていた。そしてそのための努力を惜しまず生きてきた。そのことはずっと菊の傍にいた使用人たちが一番よく知っている。すべては領民、つまり自分たちのためにしてくれていることなのだと思えば、彼女を止めることなどできるはずもないのだ。
 菊は茶碗を手にしたが、口をつけることなくぼんやりと両手で包んでいるだけだ。そして無意識にだろう、寂しげにためいきをつく。光はとうとう耐えられなくなって口を開いた。
「姫様。何事か、お心につかえるものがおありなのですか」
 菊ははっと我に返った。光は身を乗り出して訴える。
「もしそうならば、この光に何でもおつしやってくださいまし。どうか姫様お一人で抱え込まないでくださいまし」
「な──なんでもありません。本当になんでもないのです」
 菊は微笑わらってみせた。
「心配をかけて悪いことをした。私はただ、自分の剣技があまりにもかつこうなのが悩ましくてならないだけなのです。だからお光、どうか心配しないで」
 それが咄嗟の噓であることなどすぐにわかった。それでも菊の心をおもんぱかれば、再び問いただすことなど光にはできようはずもない。
 光はしばらく黙って菊の顔を見つめていたが、やがて頭を下げ、自分の茶碗だけを持って部屋から出ていった。

 残された菊は一人、茶碗を握り締めたままうなれた。
 胸の奥が酷く痛む。家族同然の光の優しさにさえこたえられず、胸の内にこごる悩みを打ち明けることもできない己。
(打ち明けられるはずがない……だって、私は)
 涙があふれた。頰からあごさきへと伝った涙は、茶碗の水面に小さな波紋を作った。
 こうしている今も、頭の中に浮かんでは心を弾ませていく存在がある。いつでも何をしていても頭から離れず、胸の奥をやわく締めつけるような甘い痛みを残していく存在がある。
 毒虫から自分をかばってくれてうれしかった。怪我や痛みを隠されて哀しかった。対等に並び立つことができなくて憤ろしかった。身体を支えられると安心し、笑顔を向けられたら胸の奥がうずき喜びに溢れた。こんな想いは初めてだった。それなのに菊の心は、この想いが一体何なのか、何と呼ばれるものなのか、わかってしまった。
 否、ずっと目を背けていただけで、本当は最初から知っていたのだ。
 あの痛いほどの心臓の鼓動も、──その後彼の手を強く握った己の手も、この想いを知っていた。
「私は、元信様を──」
 ──愛してしまっている。
 菊は震える声でつぶやいた。それは、年頃の少女が初めて出会った愛に浮かべる喜びの表情とはかけ離れた、絶望に打ちひしがれた者のかおだった。
 そしてその絶望は、苦悩の中でなお沸き上がり続ける、元信への想いの強さに他ならなかったのだ。

 苦悩のふちにいるのは元信も同様だった。彼もまた菊にかれていたのである。
 菊の何物にも屈しない強い光を持ったひとみが、りんとしたたたずまいが、そしてたまに見せる寂しげな笑顔が、元信の心の深いところに住み着いて離れない。強い志を秘めて生きる姿がまぶしい。その想いは日ごと夜ごとに募っていった。
 しかし元信は、菊のそれとはまるで異なるたぐいの苦悩を抱えていた。
 ──元信は、菊が小寺の領主であることに気づいていたのである。
 昼間の百足むかでの一件の後、元信は菊とのけいを夕刻前まで続けたが、その間中菊はずっと集中力を欠いていた。元信はこのまま続けては彼女が怪我をしかねないと判断し、いつもより少し早い時間に稽古を切り上げた。菊は思い詰めたような、どこか何かをあきらめたような顔で帰っていった。去り際も彼女はほとんど言葉を発しなかった。
 元信の野営場所は、修行場所から一こく半ほど山道を行った場所にある。一見すると野伏の野営地のようなあずまで、水場が近いのは便利だが、そのぶん野生のきんじゆうが出る。それらから身をまもったり、狩って肉を得たりするのも生活の一部なのだった。
 元信はかわべりに座って、手製のつり竿ざおの先に小魚がかかるのをぼんやりと待っていた。頭に浮かぶのは昼間の菊の、思い詰めたように口を結んだ表情だった。彼女にあんな顔をさせてしまったのは元信自身なのだと、思えば思うほどに気分は>うつうつと沈んでいく。
 思わず元信が項垂れたとき、背後からふんわりとびやくだんの香りが漂ってきた。それと同時に、いきなり二本の腕が後ろから伸びてきて元信の首に抱きついた。長い黒髪が頭の上のほうから、さらさらとこちらの頰まで垂れてくる。元信は深く嘆息した。
「気配を殺して現れんなよ、しろたえ
「あらぁ? 冷たい反応だこと」
 背後の女はくすくすと笑ってするりと腕を解いた。元信が振り返ると、着崩した着物に緩いまとめ髪の、どこかあそびのようなふうぼうをした二十絡みの女が立っている。
「久々に会った友に対してその態度はひどいじゃない。ぼんやり項垂れちゃってどうしたの。何か悩みでもあるなら、あたしに話してごらん」
 白妙は元信にしなだれかかるようにして身体をすり寄せてきた。白檀の香りが強く漂ってきて元信はげんなりと嘆息する。
「俺の目下の悩みはな、誰かの香がきつすぎることだ」
「あらそ。でも『あのひと』はこの香りが好きなのよ。だからあんたが我慢なさいな」
 白妙は悪戯いたずらっぽく笑う。元信は、はいはい、とうめいた。元信のそのうんざり顔におかしそうに笑いながら、白妙はそでから笹の葉の包みを取り出した。
「差し入れ。あんたの好きなお団子よ、しよう味の。ちょうど参ってる頃だろうと思ってね」
 包みを元信に軽く投げてし、白妙は片目をつぶってみせた。元信は思わず笑う。
「……ありがとな」
「いーえ。優しいこの大親友様に感謝なさいな」
「ああ。本当に感謝してるんだぜ、白妙。お前の手引きがなきゃ、今頃俺は──」
「それは言いっこなしよ、元信。あんたとあたしの仲じゃないの」
 白妙は笑った。いちいち意味ありげな言いようだが、彼女はかつて元信に対し、面と向かって「好みじゃない」と言い放ったすがすがしい性格の持ち主である。
 彼女はやおら笑みを収めて視線を落とした。
「それに、今日あたしはあんたに、酷いことづてを伝えなきゃならないのよ」
 元信はどうもくした。まさか、と白妙を見返すと彼女は言いづらそうにうつむいてしまった。
「……すぐに戻ってこい、ですって。『あのひと』が」
 元信の肩が震えた。指に力が入り、手の中の包みが押しつぶされる。白妙はそんな元信の様子を気遣わしげに見つめた。
「……つらいわよね。あたしだって本当はこんな言伝、持ってきたくなかったのよ」
 言って白妙は元信の手を自分の手で包み込み、慰めるように彼の肩に頰をすり寄せた。
「あんたの望みをかなえるために今は耐えて。そうすれば、いつか報われるときが来るわ」
「わかってる」
 元信は吐き棄てた。白妙はそんな彼の背中を軽くたたき、立ち上がる。
「先に戻って待ってるわ」
 白妙が背を向ける。そして顔だけで振り返り、告げた。
「──『青山』で」
 次の瞬間、風が鋭くうなったかと思うと、白妙の姿は跡形もなく消えていた。
 後には木々のざわめきと、濃厚な白檀の香りだけが残った。

(この続きは本書でお楽しみください)



沙川りさ『鬼恋綺譚 流浪の鬼と宿命の姫』詳細はこちら(KADOKAWAオフィシャルページ)
https://www.kadokawa.co.jp/product/321911000248/


紹介した書籍

MAGAZINES

カドブンノベル

最新号
2020年10月号

9月10日 配信

怪と幽

最新号
Vol.005

8月31日 発売

小説 野性時代

第203号
2020年10月号

9月12日 発売

ランキング

書籍週間ランキング

1

四畳半タイムマシンブルース

著者 森見登美彦 原案 上田誠

2

小説 野性時代 第203号 2020年10月号

小説野性時代編集部

3

昨日星を探した言い訳

著者 河野裕

4

村上世彰、高校生に投資を教える。

著者 村上世彰

5

女だてら

著者 諸田玲子

6

僕の神さま

著者 芦沢央

9/14~ 9/20 紀伊國屋書店調べ

もっとみる

アクセスランキング

新着コンテンツ

TOP