menu
menu

試し読み

反町隆史主演・ドラマ『リーガル・ハート~いのちの再建弁護士』好評放送中! 原作試し読み②

「企業再生こそ日本の再生だ」会社を生き返らせる男が修羅場で見た物とは!

テレビ東京系で放送中のドラマ「リーガル・ハート~いのちの再建弁護士~」。
反町隆史さん演じる再建弁護士・村越誠一が、倒産の危機に瀕した中小企業を救うことに心血を注ぐ、熱きヒューマンドラマです。

カドブンではドラマの放送開始を記念して、現役弁護士・村松謙一(構成協力:石村博子)による原作『いのちの再建弁護士 会社と家族を生き返らせる』(角川文庫)の試し読みを実施。

「まえがき」につづき、第2章「ふたつの死が私を変え、支えている」を3回にわけて全文公開いたします。

 
 

第二章 ふたつの死が私を変え、支えている

九九%ダメと言われても、私は諦めない

 私が深くかかわる会社は、倒産は時間の問題として関係者がさじを投げたようなところがほとんどである。
 人間の体でいえば、心肺停止の仮死状態。しかし、たとえ心臓がいつたん止まっても、マッサージをすれば生き返るかもしれない。
 九九%ダメと思われても、最後の一%の望みにかけて、私は心臓マッサージを続ける。
 皆があきらめる案件でも、私は諦めない。もしかしたら「あと一回」のマッサージで、息を吹き返すかもしれない。奇跡が起こるかもしれないからだ。
 絶望的と思われる状況のなか、私の背中を押してくれるのは、生きたくても生きられなかった、私の娘や経営者たちの「前へ、続けて」という励ましである。
 彼らの思いを受け止め、人々を救うのが私のなすべき仕事だと思っている。
「会社の救済は人生の救済」と唱える私の原点には、ふたつのつらい別れがある。
 どん底の悲しみの体験は、生き方も仕事への向き合い方も根本から変えるものだった。私自身も死と再生の道のりを歩まなければならなかった。

初めての大きな失敗

 弁護士として独り立ちし、「むらまつけんいち法律事務所」を開いたのは三五歳の時である。再建弁護士の第一人者・みずただし弁護士の「イソ弁」時代から私は、失敗を恐れず突っ走る〝熱い〟タイプの弁護士だった。
 気力体力では誰にも負けない自信があった。師匠から学びとった「死んだ子も生き返らせてしまう」手法を駆使し、困難な案件でも真正面から挑んでいった。いつも全力投球だった。自分で言うのはおこがましいが、大小さまざまな再建事件にあたった当時の若手弁護士の筆頭と言えたかもしれない。
 事務所を構えて七年、弁護士としてどんな会社でも大丈夫と自負していた。正直、自信もあった。そんななかで、起こってはいけない事件が起きてしまった。

 一九九七年二月の月曜日の出勤前だった。秘書から緊急の電話が入った。大量の書類がFAXから机上にあふれている。送り主は関西の顧問先会社であるが、その内容がただ事ではないという。
 事務所に駆けつけ、書類を読むうち、体が震え始めた。会社の詳しい営業報告の後に続いていたのは、まぎれもなく〝遺書〟の内容だったからである。
 そこにはこのように書かれていた。

「先生。本当に申し訳ございません。
 私としては先生のアドバイスに従い、精いっぱい努力してきたつもりですが、六九歳のこの身、もはや限界です。先生とお知り合いになれて本当にうれしゅうございました。長い間、本当に幸せでございました。先生がいつも激励してくれた『勇気をもて』との言葉、胸に刻んでおります。……ぎりぎりまで悩みましたが、私は首をつり、自殺を致します。御恩をあだで返す結果となり、まさに断腸の思いでございます。……では、お別れを申し上げます」


 私に最後の手紙を書いたのは、関西地方で子供服販売店の経営をしている六九歳の社長だった。送った時間は明け方四時ころとなっている。夜半過ぎから綿々と書き始め、誰もいない事務所にFAXを流すと、覚悟の行為を行ったということか。
 新幹線に飛び乗り、会社に行くと奥さんが泣き崩れていた。私は奥さんの姿をぼうぜんと見守るばかりだった。
 その会社は、ピーク時には関西地方で一六店舗を有する、地元では名前の知れた会社だった。社長の夢は店舗を五〇にまで増やすことだったが、私が相談に乗り始めた時には、店舗の半数以上は赤字経営。借入金も増えて、金融機関への返済に四苦八苦するようになっていた。
 このままでは危ないと、私は私的再建(リスケジュール)を社長に提案。金融機関に対して、返済の一時猶予と金利の引き下げの要請を進めることにした。
 金融機関は私の前では「よくいらっしゃいました」といんぎんに振舞った。しかし、私が東京に帰ると「なぜ弁護士など頼んだ! 裏切り行為だ、もう協力できない」と、ひどせいを何度も社長に浴びせたという。
 真面目な人ほどそうしたしつせきをまともに受け止め、プライドはズタズタに引き裂かれてしまう。加えて「あそこは危ない」という不信も広がり、さまざまなトラブルも発生し始めた。「社長が死んだら、生命保険はいくら入るのでしょう」という金融機関の不用意な一言が、死をもって償えと聞こえたのだろうか。
 その時期の私は全国的にも注目された大型案件の弁護士チームの一員として、精力的に動き回っていた。大規模再建から地方の中小企業まで、さまざまな事件を数多くこなし、自分の力と技をもってすれば、たいていの人は助けられると思いこんでいた。
 そんな過信を打ち砕いたのが、変わり果てた社長の姿だった。

社長の遺書をかばんに入れて、いつも持ち歩く

 私に託された仕事は、残された取引先に迷惑をかけないよう、迅速に会社の後始末(整理)を行うことであった。大事な取引先を守ってほしいと、社長が私に依頼していることが、遺書の端々から痛いほど伝わってきた。
 遺書が届いた日から二日間、私はほとんど一睡もせず、その作業に取り組むことになった。
 地方裁判所に「破産の申立」申請、及び商品を守るための「保全処分の申立」申請、管財人の早期選任申請……。明け方四時までかけて書類を作成すると、始発の新幹線に乗って現地の裁判所に提出。その間、裁判所と連絡を取り合ったので、申立てと同時に「処分禁止の保全処分の決定」が発令された。これにより、仕入れた商品はどこにも流出せずにそのまま店舗・倉庫等に保管されることになった。
 状況が状況なだけに、債権者に「何が起きたのか、今後はどうなるのか」を一刻も早く知らせる必要があった。
 午後一〇時、駅近くのホテルに金融機関や取引先などの債権者に集まってもらい、事情説明を行うことにした。
 通常債権者への説明は、会社の会議室などで行われる。しかし、こうした緊急事態では、債権者の不安に火が付き、何が起こるか分からない。場合によっては監禁状態となって身体の危険も伴いかねない。その点、人々が行きかう公の場、ホテルのロビーなら大丈夫だろうと考えた。
 私はふくろだたきになることも覚悟していた。裁判所を通した和議(現在の民事再生の前身の手続)ではなく、金融機関と交渉する私的再建を選んだのは私である。金融機関と秘密に協議していた私を、他の債権者が許さなくともいたしかたない。
 妻には電話を入れて、「万一、一一時半を過ぎても私から連絡がなければ、警察に電話をするように」と伝えた。
 だが、いざ集まってもらうと案に相違して、債権者は強く迫ることもなく、自殺した社長にも私にも同情を示してくれた。長くつきあいのあった経営者の突然の死は、彼らにとっても他人ひとごとではなかったのだろう。そして、債権者のなかの何社かは、商取引先たる彼らを保護するため、和議でなく、あえて交渉の困難な私的再建を選んだことに感謝してくれた。
 帰り際、ある大口債権者がわざわざ近よって「先生が素早く手を打ってくれたから、社長も安心して眠れるでしょう。頑張ってください」と声をかけてくれた。その言葉を聞いて、涙が出てきたことは忘れられない。
 冷たい雨の降る夜だったが、私は傘をさす気力もなかった。
 一連の対応が終わり、ホテルに戻ってひとりビールを飲んでいると、泥のような身体に、深い悲しみと自責の念が襲ってきた。自分の学んできた企業再建の技術とは、何だったのか。初めての敗北がもたらしたものは、あまりに過酷な結末だった。
 それ以後、私は社長の〝遺書〟をかばんに入れて、いつも持ち歩くようになった。社長は救えなかったが、社長の人生を誇りに思っていこうと決めたのだ。
 会社は大きな混乱もなく、淡々とたん処理が行われ、残された奥さんと娘さんは静かな暮らしに入った。しばらく後、娘さんから「母も亡くなりました。安らかで平穏な晩年でした。お世話になりました」との手紙が送られてきた。

 この事件のショックは大きく、私はしばらくの間、仕事を休んでいる。だが翌年、さらに大きな打撃を受けることになる。
 長女のが、一五歳で突然、別れもできずに本当に突然、この世を去ってしまったのである。

>>第3回へつづく
ご購入はこちら▶『いのちの再建弁護士 会社と家族を生き返らせる』| KADOKAWA
※掲載しているすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。

おすすめ
 ▷誰もが見放した“命”を救え! 100社以上の会社を立て直した男が見た修羅場とは?『いのちの再建弁護士』


紹介した書籍

カドブンノベル

最新号 2019年9月号

8月10日 配信

ランキング

書籍週間ランキング

1

営繕かるかや怪異譚 その弐

著者 : 小野 不由美

2

氷獄

著者 : 海堂 尊

3

未来を決めるのは私だから王子様も魔法もいらない

著者 : とどろん

4

鹿の王 水底の橋

著者 : 上橋 菜穂子

5

USJを劇的に変えた、たった1つの考え方 成功を引き寄せるマーケティング入門

著者 : 森岡 毅

6

これからの都市ソフト戦略

著者 : 藤後 幸生

8/5 ~ 8/11 紀伊國屋書店調べ

もっとみる

アクセスランキング

新着コンテンツ

TOP