KADOKAWA Group
menu
menu

試し読み

発売即重版記念! SNSで話題沸騰中の“呪い本”。【滝川さり『ゆうずどの結末』 第1章全部試し読み!】

   五

 そして、八月一日。
 アパートで目が覚めた菊池が枕元の本を見ると、栞の位置はほとんど結末に近かった。
 恐らく、もう最終章に入ったことだろう。そして、結末──呪いの期限は今夜、早ければ夕方には訪れるはずだ。だが、まだ時間はある。
 菊池は、部屋の隅に置いてあった袋を開けた。二十九日に、寺からの帰りにホームセンターに寄って買ったものだ。中には、作業用のロープが入っている。
 菊池はその強度を確かめると、
 胴体に何重にもロープを巻き、しっかりと結ぶ。一人だけでの作業は思ったよりも難航したが、何とか出来た。背中はぴったりと柱にくっついていて、身動きは満足に取れない。……これでいい。あとは、絶対にこの部屋から出ないこと。
 ことだ。
 こう考えたのだ。……呪いが解けないなら、呪いを実行させなければいい。
 このアパートは二階建てで、落ちたところで命に係わることはまずない。『ゆうずど』が自分に飛び降り自殺をさせたいなら、まずは高い建物に連れて行く必要がある。
 だから、それを阻止してやる。
 部屋の姿見に映る自分は、とてもまともには見えなかった。それでも、もうこの方法しかないのだ。
 菊池は、ただひたすら「結末」が訪れるときを待った。部屋の中では、クーラーの稼働音だけが聞こえる。冷房が効いているおかげで熱中症になることはない。そばには水の入ったペットボトルが置いてある。だが、緊張のせいかやたらと喉が渇いて、午前中で三分の二ほども飲んでしまった。午後は節制しなければならない。
 じっとしていると、ふと紙同士が擦れ合うような音が聞こえた。
 心臓が縮み上がる。しかし、〈紙の化け物〉の姿は見えない。まだ時間があるのだ。
 トイレに行きたくなったが、もしロープを外した瞬間に外へ連れ出されてはたまらない。事が終わるまでは動かず、ただ待つ。漏らすことが何だ。命には代えられない。
 時計の音が規則的に鳴る。……どれくらい経っただろう。
 すると、手許にある携帯電話が、けたたましく鳴り始めた。
 ひどく驚いたが、いい眠気覚ましになった。携帯電話を取って開くと、表示されていた名前は「田辺夕香里」。「黒猫の森」のサークル長だ。
 通話開始ボタンを押すと、鈴のような声が聞こえた。
「──あ、菊池くん? 今、大丈夫?」
 菊池は「はい」と返す。まさか、自宅でロープに巻かれているとは思わないだろう。
「えっと、この前の本──『ゆうずど』のことやけどね、OBの先輩に訊いたらいくつかわかったことがあるから、報告しようと思って」
 そうだった。あれ以来ずっと連絡がなかったのですっかり忘れていた。
「ありがとうございます。……それで」
「うん。その六人の共通点なんやけど──最初の死者が出るちょっと前に、その六人だけで読書会したらしい。そのときの本が『ゆうずど』やったかもって、先輩が」
 やっぱりだ。推理どおり。今更それがわかったところで何の解決にも繫がらないが。

「あと、六人が亡くなった状況なんやけど、まずで、宿になって──」

 え、と菊池は声を漏らした。
 さらに四人目、五人目と死の状況を伝える声を遮って、菊池は訊く。
「ちょ、ちょっと待ってください。……ぜ……全員、飛び降り自殺やないんですか?」
「いや? 死に方はバラバラみたいよ。飛び降りもいたけど、他はみんな──」
 そこまで聞いて、携帯電話が手から滑り落ちた。電話は畳の上に落ちて、少し離れたところまで転がる。田辺がまだ一人でしゃべり続けている声が聞こえる。
 死に方が違う。結末は「飛び降り自殺」に統一されていない。
 その事実が頭の中でぐるぐると巡る。
 ということは、俺の結末も、可能性が──
 そのときまた、紙同士が擦れ合う音がした。
 前へ向き直ると──いた。いつの間に。
〈紙の化け物〉が、閉じたカーテンの前に立っていた。
 薄暗い和室。畳の上に、奴は裸足で立っている。身体についた大量の紙が擦れ合い、かさ、かさ、と落ち葉のような音をたてた。顔は相変わらず長く重たい髪に隠れていて、その表情は一切読み取れない。
 来た──菊池は、全身が硬直するのを感じた。

「キク、チ」

 化け物が自分の名前を呼んだ。金属音に似た声。
 奴は畳の上で脚を擦らせながら、ゆっくりと近づいてくる。
 一歩近づくごとに、餓鬼のような脚が、すり……すり……と音をたてる。
 身の毛がよだつ。全身が粟立つのを抑えられない。

「トウマ、は」

 両脚が勝手に動く。
 身じろぎするたびに、ロープがぎち……ぎち……と擦れ合って鳴る。

「自らの意思で──

 そう聞こえた瞬間、菊池は頭の中が真っ白になった。
 噓だ、とつぶやく。
 ロープを使った死に方なんて、一つしか思い浮かばない。
 それは、菊池がこの世でもっとも忌むべき死に方だった。
 すり……すり……と足音が鳴る。化け物の姿が目の前まで迫ってくる。
 お前は、俺に、飛び降り自殺をさせたいんじゃなかったのか──

「アトは、足の、指先に力を込メるダケ、だ。足と床の間のワずカナ、空間。ソれが生と死ノ間なノダ、と彼ハ知った。タッた、三十センチほドノ隙間。だが、それコソが、決シて、埋まル、コとのナイ、絶対的ナ断絶なノダ、と」

 髪の毛の奥から聞こえる声が、徐々に鮮明になっていく。
 だって、違う、と駄々っ子のように繰り返す。飛び降り自殺だ。宮原も日下部もそうだった。二人連続してそうだったのに、どうして自分は別の死に方になるのか。
 そのとき、ひらめきが頭の中で閃光のように迸った。
 もしや──宮原すみれの「結末」は、「のではないか。
 彼女が残した遺書を思い出す。こんな結末は耐えられない──あれは「飛び降り自殺」のことではなく、彼女が『ゆうずど』に与えられた「結末」を指していた。
 恐らく、のことを。

「ロープガ、首に、食イ込む。ソの瞬間、生キテいル、ウちには味ワう、コトのナいであロウ、禁断ノ快感が、キクチの全身カラあふれ、出しタ」

 緑青色の手が、菊池の肌に触れた。
 吸い付くような冷たい手。気持ち悪い。首から上を激しく振って逃げようとする。
 だが、身体が動かない。菊池は自らの行いを悔いた。
 しかし、もう手遅れだった。
 獣のような咆哮が口から迸る。
 涙があふれてくる。歪んだ視界に化け物の姿がどんどん迫ってくる。
 嫌だ。ダメだ。嫌だ。自殺だけは。
 首吊りだけは、絶対に。

 ──斗真は絶対、自殺なんかせんでね。

 母の声が蘇った。喪服姿ですすり泣く彼女の背中も。
 そして、あの日見た父の最期も。

 ──飛び出した両目。異様に長くなった首。青黒い顔。口からだらんと垂れ下がった赤い舌は、まるで別の生き物みたいだった。異臭がしていると思うと、父の下半身が大きな染みを作っていることに気づく。

 それは──菊池が最も恐れる死の形。
 菊池は、絶叫した。

 ──嫌だ! 自殺は嫌だ! 殺してくれ!
 

 そのとき、緩んだロープが蛇のように首に巻き付く。
 次の瞬間、菊池の身体は見えない力でふわりと浮き上がった。

(続きは本書でお楽しみください)

作品紹介



ゆうずどの結末
著者 滝川 さり
発売日:2024年02月22日

「こんな結末は耐えられない」絶対に読んではいけない、禁忌の本が誕生。
こんな結末は耐えられない――。
大学に入学して3か月、菊池斗真はサークルの同級生・宮原の投身自殺を目撃してしまう。死因に不審な点もなく遺書もあったことから、彼女の死は自殺と断定された。
宮原の死から数日後、菊池は同じサークルに所属する先輩の日下部から、表紙にいくつかの赤黒い染みがある本を手渡される。それは、宮原が死の瞬間に持っていた小説らしい。
「ゆうずど」というタイトルの小説は角川ホラー文庫から刊行されている普通のホラー小説で、特に宮原の死と結びつけるような内容は描かれていなかった。
しかし、本を読んだ日下部はその翌週に自殺をしてしまう。
そして日下部の死後、なぜか菊池の手元には「ゆうずど」の本が現れていた。
何度捨てても戻ってくる本。そして勝手に進んでいく本に挟まれた黒い栞。自分にしか見えない紙の化け物。
菊池は何とか自らに迫る死の呪いを回避するために、ある手段を講じるが――。

その■■を、絶対に読んではいけない。
あなたの身に恐怖が迫る、新感覚ホラー誕生!

詳細ページ:https://www.kadokawa.co.jp/product/322306000297/
amazonページはこちら


紹介した書籍

関連書籍

MAGAZINES

小説 野性時代

最新号
2024年5月号

4月25日 発売

ダ・ヴィンチ

最新号
2024年6月号

5月7日 発売

怪と幽

最新号
Vol.016

4月23日 発売

ランキング

書籍週間ランキング

1

気になってる人が男じゃなかった VOL.2

著者 新井すみこ

2

気になってる人が男じゃなかった VOL.1

著者 新井すみこ

3

ニンゲンの飼い方

著者 ぴえ太

4

人間標本

著者 湊かなえ

5

怪と幽 vol.016 2024年5月

著者 京極夏彦 著者 小野不由美 著者 有栖川有栖 著者 岩井志麻子 著者 澤村伊智 著者 諸星大二郎 著者 高橋葉介 著者 押切蓮介 著者 荒俣宏 著者 小松和彦 著者 東雅夫

6

家族解散まで千キロメートル

著者 浅倉秋成

2024年5月6日 - 2024年5月12日 紀伊國屋書店調べ

もっとみる

アクセスランキング

新着コンテンツ

TOP