menu
menu

試し読み

横溝正史、幻の一作『雪割草』が盗まれた!? 最新作『ビブリア古書堂の事件手帖II ~扉子と空白の時~』を特別試し読み!#5

実在の本を手がかりに、古書と人との謎を紐解く“人が死なないミステリ”の決定版!

7月18日発売の最新作は、まるごと一冊横溝正史が題材!
日本を代表する推理作家にして、名探偵・金田一耕助の生みの親でもある横溝の“幻の一作”の謎に迫ります。
栞子と扉子が挑む、書籍としてこの世に存在していないはずの本にまつわる奇妙な謎。その冒頭部分をぜひご覧ください。

 ◆ ◆ ◆

>>前話を読む

「その人は、どうしてうちの店に……?」
 自然と俺の声も低くなる。
「最初はヒトリ書房の鹿やまなおさんに相談されたそうです。古くからのお知り合いだそうで……鹿山さんが『それならビブリア古書堂に』とおっしゃったとか」
 そういうことか。鹿山直美ならうちを勧めるだろう。ちょうど一年前、ビブリア古書堂ががわらんコレクションに関する依頼を受けた時に関わった人だ。栞子さんのそうめいさをよく知っている。
「ごめんなさい。大輔くんにも話したかったんですけれど……身内の恥になることだから、絶対誰にも口外しないで欲しい、と念を押されてしまって。まずはお目にかかって、その時に許可をいただこうと思ったんですが」
 栞子さんは言葉を切り、ためいきをついた。
「無駄に終わりました……」
 様子がおかしかった理由はこれだろう。この依頼を伏せているのが心苦しかったのだ。俺に知られた以上、もうその必要もない。
「で、どういう依頼なんです?」
 遠慮なく尋ねる。彼女は軽く首をかしげた。
「本捜し、でしょうか。盗まれた本を取り返して欲しい、と……」
 沈黙が流れる。本の話になると止まらないこの人にしては珍しい。俺は手元の折られたメモを見下ろした。名前や日時以外にも何か書かれているようだ。開いてみると、筆圧の強い大きな文字が目に飛びこんできた。

 横溝正史『雪割草』

 大事な情報だと示すように『雪割草』は何重もの丸で囲われている。どうやら横溝正史の『雪割草』という本についての依頼らしい。
「横溝正史……」
 俺はつぶやいた。もちろん有名な作家だ。うちの店にも全集や文庫の在庫がある。栞子さんの書庫にも何十冊と並んでいる。俺は読んでいないが、好きでそうしているわけではない。俺には妙な「体質」があって、長時間活字が読めない。本の内容はほとんどこの人から教えてもらっている。
「まだ大輔くんとは、横溝の詳しい話をしたことがなかったですね」
 俺からメモを受け取りながら、栞子さんが言った。
「どういうことを知っていますか? 横溝正史という作家について」
きんいち探偵の生みの親ですよね」
 と、俺は答える。真っ先に思い出すのは名探偵の名前だ。
「古い映画とかドラマはわりと見てます。『いぬがみの一族』とか『はかむら』、あと『悪魔のまりうた』……だったかな。お袋が中学生ぐらいの頃にブームがあったみたいで、DVDが何枚かうちの実家にあるんです」
 どれもストーリーは漠然としかおぼえていないが、地方の集落にある古い一族の中で殺人事件が起こり、それを金田一探偵が解決する──といった内容だったと思う。首が切り落とされたり湖に逆さに突っこまれたり、ずいぶん派手に人が死ぬと思ったものだ。栞子さんがうなずいた。
「おさんが中学生の頃というと、主演はいしざかこうふるいつこうでしょうか」
「あっ、そうです。あと何年か前にいながきろうが主演したドラマもいくつか見ました」
 何年かに一度は金田一もののドラマや映画が作られていて、多くの俳優が金田一探偵を演じている。日本では最も知名度の高い探偵だろう。よれよれの和服と帽子というトレードマークを俺でもぱっと思い描ける。
「……金田一の孫が主人公っていうマンガもありましたよね」
 きちんと読んだことはないが、トリッキーな殺人事件が起こる推理ものだったはずだ。栞子さんが苦笑する。
「あの作品は横溝正史の作品と無関係なものと考えていいかと……そもそも金田一こうすけはずっと独身ですし、恋人の登場するエピソードすらありません。子孫はいない設定だと思います」
「え、そうなんですか」
 俺でも有名な決めゼリフを知っている。言われてみると金田一探偵に妻子がいる感じはしない。地方の村にふらりと現れて事件の謎を解き、一人でまたどこかへふらりと去っていくような──。
「そういえば、金田一ものってホラーっぽい雰囲気ですけど、起こるのは人間の犯人がいる殺人事件ですよね。幽霊に呪い殺される、とかじゃなくて」
「そう! そこがとても重要なんです。大輔くんはやっぱりすごいです」
 突然、栞子さんが興奮したように人差し指を振った。自分が重要な指摘をした気はまったくしないが、手放しでめられるのはうれしい。
「横溝の金田一ものにはおどろおどろしい……怪奇的な要素はありますけれど、超常現象が起こるようなオカルト的な要素はほとんどありません。あくまで論理によって謎を解く本格推理なんです。これは初期の探偵小説……例えば、江戸川乱歩のあけものにも同じようなことが言えますね。不可思議な事件が起こったとしても、犯人はあくまで人間なんです」
 俺は目を上げて記憶を辿った。去年、乱歩コレクションについての依頼があった時、栞子さんから色々話を聞いた。名探偵・明智ろうを生み出した作家。横溝正史の名前も話に出てきていた。
「あれ、横溝正史は江戸川乱歩と親しくしてたんですよね? 雑誌の編集者をやっていた頃、原稿を依頼することもあったって……」
「あっ、憶えててくれたんですね!」
 栞子さんがにこにこ顔になった。この人に教えてもらったことをそうそう忘れたりはしない。話に熱が入ってきて、俺たちは互いに身を乗り出していた。

(つづく)



三上延『ビブリア古書堂の事件手帖II ~扉子と空白の時~』詳細はこちら(KADOKAWAオフィシャルページ)
https://www.kadokawa.co.jp/product/321911000211/


紹介した書籍

関連書籍

MAGAZINES

カドブンノベル

最新号
2020年9月号

8月10日 配信

怪と幽

最新号
Vol.004

4月28日 発売

小説 野性時代

第201号
2020年8月号

7月13日 発売

ランキング

書籍週間ランキング

1

四畳半タイムマシンブルース

著者 森見登美彦 原案 上田誠

2

崎義一の優雅なる生活 太陽の石

著者 ごとうしのぶ

3

心霊探偵八雲12 魂の深淵

著者 神永学 イラスト 加藤アカツキ

4

村上世彰、高校生に投資を教える。

著者 村上世彰

5

虜囚の犬

著者 櫛木理宇

6

女だてら

著者 諸田玲子

7/27~ 8/2 紀伊國屋書店調べ

もっとみる

アクセスランキング

新着コンテンツ

TOP