menu
menu

試し読み

役立たずの同居人は最近ちょっとおかしい/渡邊璃生のデビュー小説『愛の言い換え』傑作3篇を全ページ試し読み!#25

元「ベイビーレイズJAPAN」の渡邊璃生さん初の小説集『愛の言い換え』が5月2日に発売になりました! その中から選りすぐりの傑作書き下ろし3篇を30日間連続で全文特別公開します。

>>前話を読む

 ◆ ◆ ◆

 コンビニエンスストア・「ファミワ」。昨夜、冷凍炒飯で失敗した経験から、新は買い物カゴに冷凍ピラフを入れた。
 ふと蒼介からのメッセージを確認するためスマートフォンを開くと、ロック画面に通知が数件溜まっていた。
「(あ、通知音切ったままだった。)」
 内容を確認すると、タブには「すみません。」、「シャンプー買うの忘れてました。」という蒼介からのメッセージが表示されていた。
 思わずため息をつく新。アプリを起動し、返信文を打った。
「なにしてたんだよ。」
 すぐに既読がつき返信が届く。内容を目にし、新は肩を落とした。
「いろいろです。」
「いろいろ?」
「とにかく忘れてた。ごめん。」
「いいよ、買ってくから。」
「すみません。」
 蒼介からスタンプが届く。大きな目玉がついたみかんが笑顔で土下座していた。「キモ。」とだけ返し、生活用品コーナーへ移動する。コンビニエンスストアに陳列されたシャンプーは、新の髪質に合わないものが多い。商品と睨めっこし、白と黒のパッケージを手にし、ピラフの上に重ねる。吐き気を堪えながら会計を終え、足早にコンビニエンスストアを出た。

 今日も自宅に鍵はかかっていない。怒る気力もないのか唇を尖らせ、彼は玄関に入った。目の前には土下座をした蒼介。
「ほんっとすみません。」
「(無駄に綺麗な姿勢だなあ。踏んでやろうか、本当に。)お前なあ。『やれ』って言って、『はい』って言っただろ。」
「うん……。」
「もう買ったからいいけどさ。ほら、ボトルに入れてこい。」
「はい。」
 新はシャンプーを蒼介に押し付け、キッチンへ向かった。ピラフを皿に空ける。袋を捨てるためゴミ箱を開くと、そこには炒飯の袋があった。ご飯だけはしっかりと食べているようだ。上にピラフの袋を落とし、蓋を閉じた。
 すると、ボトルの詰め替えが完了したのか蒼介が風呂場から出て、電子レンジの稼働音にかぶせるように声をかけた。
「あ、聞いてよ、新ちゃん。『レインコート男』、見つからなかったよ。」
「は? もしかしてそれ探しててシャンプー忘れてたのか? ばーか。」
「だって心配だったからさあ。」
 会話を遮るように電子レンジが「チン、」と鳴る。一旦話を切り上げ、新はピラフとスプーンを手にテーブルについた。「いただきます、」と手を合わせ、会話を再開する。
「大体、『レインコート男』って夜に出るらしいじゃん。昼に探しても意味ないんじゃねえの。」
「でもなにか痕跡があるかもだし。」
「探偵気取りかよ。」
 ピラフを口にかきこむと、昨夜からチャンネルが変わっていなかったらしい。件のニュース番組が流れた。内容は引き続き台風と対策について、日高心菜とキャスターが話している。明日、明後日は雨らしい。

(つづく)



渡邊璃生『愛の言い換え』詳細はこちら(KADOKAWAオフィシャルページ)
https://www.kadokawa.co.jp/product/321904000345/


紹介した書籍

MAGAZINES

カドブンノベル

最新号
2020年9月号

8月10日 配信

怪と幽

最新号
Vol.004

4月28日 発売

小説 野性時代

第201号
2020年8月号

7月13日 発売

ランキング

書籍週間ランキング

1

四畳半タイムマシンブルース

著者 森見登美彦 原案 上田誠

2

崎義一の優雅なる生活 太陽の石

著者 ごとうしのぶ

3

心霊探偵八雲12 魂の深淵

著者 神永学 イラスト 加藤アカツキ

4

村上世彰、高校生に投資を教える。

著者 村上世彰

5

虜囚の犬

著者 櫛木理宇

6

女だてら

著者 諸田玲子

7/27~ 8/2 紀伊國屋書店調べ

もっとみる

アクセスランキング

新着コンテンツ

TOP