KADOKAWA Group
menu
menu

試し読み

〈殺し屋シリーズ〉書き下ろし最新作! 伊坂幸太郎『777 トリプルセブン』大ボリューム試し読み#1

累計300万部突破! 伊坂幸太郎屈指の人気を誇る〈殺し屋シリーズ〉の最新長篇小説『777 トリプルセブン』が、2023年9月21日(木)に発売となりました。
刊行を記念し、冒頭部分約40ページが読める大ボリューム試し読みを掲載! 全11回の連載形式で毎日公開します。
気になる物語の冒頭をぜひお楽しみください!

★シリーズ特設サイトはこちら:https://kadobun.jp/special/isaka-kotaro/koroshiya/



〈殺し屋シリーズ〉書き下ろし最新作!
伊坂幸太郎『777 トリプルセブン』大ボリューム試し読み#1


二日前の別のホテル

「415号室でいいんだよね」モウフは前を歩くマクラに言った。彼女たちが着ているのは、ベージュのシャツに茶色のパンツ、ホテルビバルディ東京の客室清掃員用の制服だ。
 バックヤードを歩く。前を行くマクラとついていくモウフの間には、シーツや枕カバーを詰めたワゴンがあった。
「そうそう、415。良い子、と覚えて」
 モウフがマクラと知り合ったのは十年以上前、高校の女子バスケットボール部に入ったころのことだ。顔は見知っていたものの、同じ部だというのに話を交わしたこともなかった。というよりもモウフもマクラも、学校でほかの生徒と話すことなどほとんどなかった。
「結局、生まれた時から決まってるんだから、ずるい」と試合が終わった後、ベンチにも入れず遠くで観戦していたマクラがぼそっとらした。話しかけてきたのではなく、ただ本音が洩れ出ただけだったのだろうが、その隣、洩れ出た下流にモウフがいた。マクラが言わんとすることは分かった。マクラもモウフ同様、女子の中でもひときわ小柄だった。自分たちよりも運動能力が少し劣っていても、高身長の部員が重宝されることが多く、いくら練習に励み、それなりに結果を残したところで試合にはほとんど出られなかった。
「確かにね」とモウフも同意した。「生まれながらのアドバンテージ、ずるいよね」
「顔が良くて、スタイルが良かったら、人生はスムーズに決まってる。学校も楽しくて仕方がないだろうし。スイスイ生きられる。ほんと嫌」
「いちがいには言えないかもしれないけど」
「言えるって。しかもそれって生まれた時に決まってるようなもんでしょ。遺伝子とかで。ずるくない? 特別、努力したわけじゃないんだよ。生まれたらそうなっていたわけで。わたしなんてさ、顔は平凡、身体は小さくて、スタイルも良くない。何か悪いことした? って言いたくなるよね」
 モウフも外見的要素に関しては、マクラとほぼ共通していたものの、それまでは、「わたし、何か悪いことした?」と思うことはなかった。そうか、それくらいのことは言い返してもいいのか、とはっとさせられた。
「恵まれた人にはそれはそれで苦労がある、とか?」モウフがそう口にしたのは、マクラが何と言い返してくるかが知りたかったからだ。
「ないない」とマクラは手をぱたぱたと振った。「いや、そりゃあ苦労はあるだろうけど、じゃあわたしと入れ替わりましょうか? と言ったら、絶対断るよ。スイスイ人の苦労なんてたかが知れてるんだから」
 身勝手な文句を口にしているだけではあったが、モウフは不快感を覚えなかった。マクラの口調が、誰かを恨む感情的なものではなく、苦情を申し立てつつも、「どうせ改善されないんでしょ」と達観するかのような淡々としたものだったからかもしれない。
「あとさ、わたし気づいたんだけど」
「何?」
「スイスイ人って、だいたい他人を巻き込むんだよね」
「スイスの人のことを言っているように聞こえるね」モウフは笑いそうになる。
「彼氏がいたほうが幸せ、とか、みんなでわいわいしようとか、一人じゃできないことばっかり。わたしは一人で家にこもっているだけでも楽しいんだけど、あっちはそれを、可哀想な生き方だと思ってる節がある」
「あっち」がどのあたりを指すのか分からない上に乱暴な決めつけだったが、モウフは、「確かにね」と答えた。
 高校時代、それが最初の会話だった。

 エレベーターが到着する。清掃スタッフが使用するためのものだ。マクラが先に入り、モウフも続いた。四階へ向かうボタンを押す。
「そういえば、いぬいが人捜しをしているみたいだよ」マクラが言った。
「乾が?」
「自分のところで働いていた人らしいけど。三十歳くらいの女の人だったかな。必死に捜してる」

(つづく)

作品紹介



777 トリプルセブン
著者 伊坂 幸太郎
発売日:2023年09月21日

そのホテルを訪れたのは、逃走中の不幸な彼女と、不運な殺し屋。そして――
累計300万部突破、殺し屋シリーズ書き下ろし最新作
『マリアビートル』から数年後、物騒な奴らは何度でも!

やることなすことツキに見放されている殺し屋・七尾。通称「天道虫」と呼ばれる彼が請け負ったのは、超高級ホテルの一室にプレゼントを届けるという「簡単かつ安全な仕事」のはずだった――。時を同じくして、そのホテルには驚異的な記憶力を備えた女性・紙野結花が身を潜めていた。彼女を狙って、非合法な裏の仕事を生業にする人間たちが集まってくる……。

そのホテルには、物騒な奴らが群れをなす!

詳細ページ:https://www.kadokawa.co.jp/product/322305000745/
amazonページはこちら


紹介した書籍

関連書籍

おすすめ記事

MAGAZINES

小説 野性時代

最新号
2024年4月号

3月25日 発売

ダ・ヴィンチ

最新号
2024年5月号

4月6日 発売

怪と幽

最新号
Vol.015

12月22日 発売

ランキング

書籍週間ランキング

1

気になってる人が男じゃなかった VOL.2

著者 新井すみこ

2

家族解散まで千キロメートル

著者 浅倉秋成

3

気になってる人が男じゃなかった VOL.1

著者 新井すみこ

4

ミカコときょーちゃん

著者 世紀末

5

ねことじいちゃん(10)

著者 ねこまき(ミューズワーク)

6

マダムたちのルームシェア3

著者 sekokoseko

2024年4月8日 - 2024年4月14日 紀伊國屋書店調べ

もっとみる

アクセスランキング

新着コンテンツ

TOP