menu
menu

NEWS





『マリアビートル』
ハリウッド映画化!9月1日(木)日本公開





著者プロフィール


伊坂幸太郎(いさか・こうたろう)

1971年千葉県生まれ。東北大学法学部卒業。2000年『オーデュボンの祈り』で第5回新潮ミステリー倶楽部賞を受賞しデビュー。『アヒルと鴨のコインロッカー』で第25回吉川英治文学新人賞、短編「死神の精度」で第57回日本推理作家協会賞を受賞。08年『ゴールデンスランバー』で第21回山本周五郎賞、第5回本屋大賞を受賞。著書に『グラスホッパー』『マリアビートル』『AX アックス』『重力ピエロ』『砂漠』『フィッシュストーリー』『モダンタイムス』『陽気なギャングが地球を回す』『アイネクライネナハトムジーク』『ホワイトラビット』『フーガはユーガ』『クジラアタマの王様』『逆ソクラテス』『ペッパーズ・ゴースト』など多数。




殺し屋シリーズとは

累計300万部を突破する、伊坂幸太郎屈指の人気シリーズ。「蟬」「蜜柑」「檸檬」「槿」「天道虫」「スズメバチ」「兜」など、個性的な殺し屋たちが登場。日常の裏側で、組織や殺し屋たちが交錯する。『グラスホッパー』『マリアビートル』『AX アックス』の3作がシリーズ作品。各作品は関連するものの続編ではなく、独立した作品となっている。



『マリアビートル』




  • 物騒な奴らを乗せた新幹線は疾走する! ノンストップエンターテインメント

    マリアビートル

    • 著者 伊坂幸太郎
    • 発売日 2013年9月25日
    • 定価 836円(本体760円 + 税)

    ★2022年、ハリウッド映画化!!★
    主演:ブラッド・ピット
    監督:デヴィッド・リーチ(『デッドプール2』『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』)
    邦題:『ブレット・トレイン』(原題:BULLET TRAIN)

    ★英国推理作家協会賞(ダガー賞)翻訳ミステリー部門 ショートリスト作品(最終候補作)(英題『Bullet Train』)

    殺し屋シリーズ累計300万部突破!
    東京発盛岡着、2時間30分のノンストップエンターテインメント!

    幼い息子の仇討ちを企てる、酒びたりの殺し屋「木村」。優等生面の裏に悪魔のような心を隠し持つ中学生「王子」。闇社会の大物から密命を受けた、腕利きの二人組「蜜柑」と「檸檬」。とにかく運が悪く、気弱な殺し屋「天道虫」。疾走する東北新幹線の車内で、狙う者と狙われる者が交錯する――。
    小説は、ついにここまでやってきた。映画やマンガ、あらゆるジャンルのエンターテイメントを追い抜く、娯楽小説の到達点!
    『グラスホッパー』『AX アックス』に連なる、殺し屋たちの狂想曲。

    ★2022年、ハリウッド映画化!!★
    主演:ブラッド・ピット
    監督:デヴィッド・リーチ(『デッドプール2』『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』)
    邦題:『ブレット・トレイン』(原題:BULLET TRAIN)

    ★英国推理作家協会賞(ダガー賞)翻訳ミステリー部門 ショートリスト作品(最終候補作)(英題『Bullet Train』)

    殺し屋シリーズ累計300万部突破!
    東京発盛岡着、2時間30分のノンストップエンターテインメント!

    幼い息子の仇討ちを企てる、酒びたりの殺し屋「木村」。優等生面の裏に悪魔のような心を隠し持つ中学生「王子」。闇社会の大物から密命を受けた、腕利きの二人組「蜜柑」と「檸檬」。とにかく運が悪く、気弱な殺し屋「天道虫」。疾走する東北新幹線の車内で、狙う者と狙われる者が交錯する――。
    小説は、ついにここまでやってきた。映画やマンガ、あらゆるジャンルのエンターテイメントを追い抜く、娯楽小説の到達点!
    『グラスホッパー』『AX アックス』に連なる、殺し屋たちの狂想曲。





登場人物紹介

木村雄一
昔は殺し屋として活躍していたが、酒浸りの生活で身を崩し、警備員の仕事に就く。
妻とは離婚し、息子の渉を一人で育てている。
王子に渉をビルの屋上から突き落とされ、その復讐のために王子と対面しようとする。
「怒ってるなんて言葉じゃ足りねえんだよ」
蜜柑みかん檸檬れもん
二人組の殺し屋。長身で容姿が似ているため双子に間違えられるが、血縁関係はなく性格も真反対。
檸檬は機関車のアニメが大好きで、蜜柑は文学好き。
盛岡の有力者・峰岸に依頼され、峰岸の息子を奪還し、彼と身代金を新幹線で運ぶ途中だった。
「俺がドルチェで、そっちがガッバーナだ」
「違う。俺はドナルド、そいつがダグラス」
王子さとし
見た目は見るからに健全な優等生然としており、 二重瞼で鼻筋の通った顔立ちは女性に見えるほどの美少年。
だが、圧倒的な知識と独自のネットワークを駆使し、大人を翻弄することに快感を覚える中学生。
「どうしてこんなに思い通りになるんだろうね。人生って甘いね」
七尾
やること為すことツキに見放されている殺し屋。上司の真梨亜が仕事を受け、七尾が実行する、というコンビで活動している。
業界では<天道虫>というあだ名で呼ばれるが、本人はそのあだ名が気に入っていない。
得意技は首折り。
「世の中に簡単な仕事なんてないんじゃないかな」



『グラスホッパー』




  • 伊坂幸太郎史上、最大の問題作にして最強傑作!

    グラスホッパー

    • 著者 伊坂幸太郎
    • 発売日 2007年6月23日
    • 定価 649円(本体590円 + 税)

    『マリアビートル』『AX アックス』に連なる<殺し屋シリーズ>の原点!

    「復讐を横取りされた。嘘?」元教師の鈴木は、妻を殺した男が車に轢かれる瞬間を目撃する。
    どうやら「押し屋」と呼ばれる殺し屋の仕業らしい。
    鈴木は正体を探るため、彼の後を追う。
    一方、自殺専門の殺し屋「鯨」、ナイフ使いの天才「蝉」も「押し屋」を追い始める。
    それぞれの思惑のもとに──。
    「鈴木」「鯨」「蝉」、三人の思いが交錯するとき、物語は唸りをあげて動き出す。
    疾走感溢れる筆致で綴られた、分類不能の「殺し屋」小説!

    『マリアビートル』『AX アックス』に連なる<殺し屋シリーズ>の原点!

    「復讐を横取りされた。嘘?」元教師の鈴木は、妻を殺した男が車に轢かれる瞬間を目撃する。
    どうやら「押し屋」と呼ばれる殺し屋の仕業らしい。
    鈴木は正体を探るため、彼の後を追う。
    一方、自殺専門の殺し屋「鯨」、ナイフ使いの天才「蝉」も「押し屋」を追い始める。
    それぞれの思惑のもとに──。
    「鈴木」「鯨」「蝉」、三人の思いが交錯するとき、物語は唸りをあげて動き出す。
    疾走感溢れる筆致で綴られた、分類不能の「殺し屋」小説!


  • 伊坂幸太郎の≪最強傑作≫を完全コミック化。分類不能の「殺し屋」ストーリーをお得な合本版で!

    【合本版】グラスホッパー(コミックス 電子書籍版)

    • 原作 伊坂幸太郎
      漫画 井田ヒロト
    •  配信日:2015年10月26日

    妻を殺された鈴木は、仇を討つため非合法組織【令嬢】に社員として潜入していた。だが、復讐の機会をうかがっている最中、そのターゲットが何者かに殺されてしまう。ナイフ使いの「蝉」、自殺させ屋の「鯨」、そして謎の男「押し屋」を巻き込み、復讐劇は予測不可能な未来へ突き進む。映画化もされた伊坂幸太郎原作の大ヒット小説を完全コミック化。全3巻がお得な合本版で登場!

    妻を殺された鈴木は、仇を討つため非合法組織【令嬢】に社員として潜入していた。だが、復讐の機会をうかがっている最中、そのターゲットが何者かに殺されてしまう。ナイフ使いの「蝉」、自殺させ屋の「鯨」、そして謎の男「押し屋」を巻き込み、復讐劇は予測不可能な未来へ突き進む。映画化もされた伊坂幸太郎原作の大ヒット小説を完全コミック化。全3巻がお得な合本版で登場!




登場人物紹介

鈴木
元々は中学の数学教師だったが、妻が寺原の息子に轢き殺され、復讐のために非合法組織<令嬢フロイライン>に入る。しかし組織に疑われ危機に陥ったとき、寺原の息子が目の前で車に轢かれる。彼を殺した殺し屋「押し屋」を追いかけ始め……。
「僕は、君のために結構頑張ってるんじゃないかな」
人を殺すことに対して一切の躊躇のない、ナイフ使いの殺し屋。雇い主である岩西に対して反発心を抱いている。しじみの砂抜きを見ている時が一番幸せ。とある依頼で、鯨を殺すべくホテルに向かうが……。
「おまえさ、人としじみのどっちが偉いか知ってるか?」
相手を自殺させる専門の殺し屋「自殺屋」。彼の目を見つめた者は内なる罪悪感に押しつぶされ自ら死を選ぶ。10年前の仕事の失敗を悔やんでおり、その決着をつけるため「押し屋」を負い始める。
「亡霊としての節度はないのか?」
槿あさがお
人を背後から押して死に至らしめる専門の殺し屋。「押し屋」として、伝説の存在となっている。妻と息子2人の4人家族で平和に暮らしている、ように見えるのだが……。
「そいつらは、黒くて、翅も長いんだ。おまけに、凶暴だ」



『AX アックス』




  • 最強の殺し屋は――恐妻家。殺し屋シリーズ!

    AX アックス

    • 著者 伊坂幸太郎
    • 発売日 2020年02月21日
    • 定価 748円(本体680円+税)

    【伊坂幸太郎史上最強のエンタメ小説<殺し屋シリーズ>、『グラスホッパー』『マリアビートル』に連なる待望作!】

    <<鳴りやまぬ驚愕と感涙の声!>>
    ★2020年の年間文庫ランキング4冠達成!
    ★2018年 本屋大賞 ノミネート作!
    ★第6回静岡書店大賞(小説部門) 大賞受賞作!
    ★フタバベストセレクション2017(フタバ図書) 第1位!

    最強の殺し屋は――恐妻家。

    物騒な奴がまた現れた!
    物語の新たな可能性を切り開く、エンタテインメント小説の最高峰!

    「兜」は超一流の殺し屋だが、家では妻に頭が上がらない。
    一人息子の克巳もあきれるほどだ。
    兜がこの仕事を辞めたい、と考えはじめたのは、克巳が生まれた頃だった。
    引退に必要な金を稼ぐため、仕方なく仕事を続けていたある日、爆弾職人を軽々と始末した兜は、意外な人物から襲撃を受ける。
    こんな物騒な仕事をしていることは、家族はもちろん、知らない。

    【伊坂幸太郎史上最強のエンタメ小説<殺し屋シリーズ>、『グラスホッパー』『マリアビートル』に連なる待望作!】

    <<鳴りやまぬ驚愕と感涙の声!>>
    ★2020年の年間文庫ランキング4冠達成!
    ★2018年 本屋大賞 ノミネート作!
    ★第6回静岡書店大賞(小説部門) 大賞受賞作!
    ★フタバベストセレクション2017(フタバ図書) 第1位!

    最強の殺し屋は――恐妻家。

    物騒な奴がまた現れた!
    物語の新たな可能性を切り開く、エンタテインメント小説の最高峰!

    「兜」は超一流の殺し屋だが、家では妻に頭が上がらない。
    一人息子の克巳もあきれるほどだ。
    兜がこの仕事を辞めたい、と考えはじめたのは、克巳が生まれた頃だった。
    引退に必要な金を稼ぐため、仕方なく仕事を続けていたある日、爆弾職人を軽々と始末した兜は、意外な人物から襲撃を受ける。
    こんな物騒な仕事をしていることは、家族はもちろん、知らない。







登場人物紹介

業界でも一目置かれる超一流の殺し屋。しかし、極度に妻を恐れる恐妻家。普段は文房具メーカーの営業社員。特定の武器は使わず、驚異的な身体能力で相手を圧倒する。他人の感情をうまく理解できない。
「蟷螂の斧を見くびるな」
兜の妻。共働きで朝早くから働いている。言葉の「裏メッセージ」に敏感で、表しかないメッセージに裏を見つける天才、と兜は思っている。
「やれるだけのことはやりなさい、それで駄目ならしょうがないんだから」
克巳
兜の一人息子。第一話「AX」では、大学受験を控えた高校生。母の機嫌の雲行きが怪しくなると、絶妙なフォローで父を助ける。だが父と母、どちらの味方にもなるので油断大敵。
「いつも親父は謝ってばかりだからなぁ」
医師
兜の裏家業の仲介役。都内のオフィス街に診療所を構える医師。カルテに標的の情報を記し、兜とは医療用語に偽装した符牒で仕事のことを話す。「手術」は殺害する行為を指し、「悪性」は標的がプロであること、など。
「あなたには、この手術をおすすめします」



TOP