KADOKAWA Group
menu
menu

連載

カドブン meets 本が好き! vol.56

“読む楽しさ”がぎゅっと詰まったカラフルな11の物語── 『空想の海』レビュー【本が好き!×カドブン】

カドブン meets 本が好き!

『空想の海』レビュー【本が好き!×カドブン】

書評でつながる読書コミュニティサイト「本が好き!」(https://www.honzuki.jp/)に寄せられた、対象のKADOKAWA作品のレビューの中から、毎月のベストレビューを発表します!
今回のベストレビューは、独醒書屋さんの『空想の海』に決まりました。ありがとうございました。



バラエティに富む短編小説集。刺激があって想像力が掻き立てられ、“空想の海”を旅している気分です。

レビュアー:独醒書屋さん

 深緑野分さんの11篇から成る短編小説集です。SF、サスペンス、ミステリー、ホラーと様々なジャンルの小説が収録されていて、次に何が飛び出してくるかわからない楽しみがあります。想像力(空想力)豊かな、才能あふれる作家さんだと思いました。
 読者もそれに刺激されて、自由な発想で作品と向き合うことができます。

そうしてすべてが終わると、荒くれた世界のはずれに、海が生まれた。

で始まる『海』は哲学的。核戦争で人類が滅亡した後の世界なのでしょうか、一人残されたヒト(?)が図書館で見つけた本を一冊ずつ海へ落としていく。それが自分がやるべきことだと信じて。
 これは文明の後始末と解釈すべきなのか、それとも進化が再び始まるための糧としての本なのかと、いろんな考えが浮かんできて妄想が広がっていきます。

 次の『髪を編む』は、クスッと笑ってしまう“ほっこりする”話でした。いつも妹の髪を編んであげる優しいお姉さん。願掛けが思わぬ結末になる話です。
 『本泥棒を呪う者は』は『この本を盗む者は』のスピンオフ作品だそうです。御倉館から盗まれた本を取り戻すために“御倉たまき”が得体の知れない魔物と取引をする話。オリジナル作品を読んでいたらもっとワクワクするんだろうと思って、ちょっと後悔。
全体的にはちょっとブラックで、モヤっとした気持ちになる作品が多いです。

 一番印象に残ったのは最後の『緑の子どもたち』です。緑の家に暮らす“あたし”と「赤」「銀」「チビ」の4人。容姿も言葉も、おそらく価値観も違う4人は話すこともなく、テリトリーを侵さないように暮らしていました。それが自転車を作るという共通の目的ができて、お互いに協力するようになるのです。争いのない世界を実現する方法を示唆しているように感じます。
 『カドクラさん』も平和がテーマで、「先の戦争では負けたから、今度こそ勝つぞ!」と戦争に突入した日本を描いています。ただ平和を訴えるだけでは同じ過ちを繰り返すだけだから、現実的な回避策を今から用意しておく必要があるとの思いを強くしました。

 読む人によって、様々な受け止め方があるでしょう。小説とは元々そういうものですが、この短編集は特にそう思います。私にとっては、冒頭に書いた通り、いろんな刺激を受けた小説でした。

▼独醒書屋さんのページ【本が好き!】
https://www.honzuki.jp/user/homepage/no14067/index.html

書誌情報



空想の海
著者 深緑 野分
発売日:2023年05月26日

“読む楽しさ”がぎゅっと詰まったカラフルな11の物語
奇想と探究の物語作家、デビュー10周年記念作品集!

「緑の子どもたち」
植物で覆われたその家には、使う言葉の異なる4人の子どもたちがいる。言葉が通じず、わかりあえず、でも同じ家で生きざるを得ない彼らに、ある事件が起きて――。

「空へ昇る」
大地に突如として小さな穴が開き、そこから無数の土塊が天へ昇ってゆく“土塊昇天現象”。その現象をめぐる哲学者・物理学者・天文学者たちの戦いの記録と到達。

ミステリ、児童文学、幻想ホラー、掌編小説 etc.
書き下ろし『この本を盗む者は』スピンオフ短編を含む、珠玉の全11編。

詳細:https://www.kadokawa.co.jp/product/322206000479/
amazonページはこちら


紹介した書籍

関連書籍

MAGAZINES

小説 野性時代

最新号
2024年5月号

4月25日 発売

ダ・ヴィンチ

最新号
2024年6月号

5月7日 発売

怪と幽

最新号
Vol.016

4月23日 発売

ランキング

アクセスランキング

新着コンテンツ

TOP