menu
menu

連載

安部若菜 小説家への道 vol.8

安部若菜 小説家への道 #8「歌詞ってすごい」

安部若菜 小説家への道

アイドルグループNMB48の安部若菜さんによる初小説『アイドル失格』の出版が決定!
発売に向けて、日々奮闘する様子をお届けします。

『アイドル失格』特設サイト
https://kadobun.jp/special/abe-wakana/

#8「歌詞ってすごい」

『アイドル失格』発売まであと2ヶ月を切りました!
今は、最後の作業「再校」をしているところなのですが、小説を書き始めてから1つ気づいたことがあります。

それは「歌詞」ってすごい!ということ。

歌詞も、曲中で物語を描いているものが多く、小説に近しい部分もあると思うのですが、歌詞の場合は、造語や、比喩表現での個性が重要になってくると思うのです。


執筆上で私が悩んだことの一つが、ありきたりな表現になってしまう、ということでした。

わざわざ複雑な表現にする必要もなく、伝わればいいとは思うのですが、シンプルすぎても面白みがない。
そんな時、歌詞の凄さに気がつきました。


例えば、NMB48の新曲が先週発売されたのですが、そのタイトルは『好きだ虫』
なぜ虫を使って「好き」を表現しようと思ったのか?どこからその言葉が出たのか?
秋元康さんの発想力には、思わずため息が出そうになります。


他にも、NMB48の『冬将軍のリグレット』という曲に
『窓の外は季節のちぎり絵 紙吹雪みたいな舞い散る雪』
というフレーズがあります。

今までは何気なく歌っていたけど、小説を書き始めてからは、綺麗な表現だな…と改めて気付かされ、歌詞を今までと違う目線で読むようになりました。

『星空のキャラバン』という曲も、素敵な表現が詰まっていて、大好きな曲の一つになりました。


個人的に、冬の曲には綺麗な表現が多い気がしていて、今年の冬はそういった部分にも注目して聴きたいと思います。


NMB48の曲は200曲以上あるのですが、どれも個性があり、最近は歌詞を読むのが楽しくなりました!

いつか、カップリング曲でいいから、私もNMB48の歌詞を書かせてもらえないかな……と密かに思ったりもしています。


ですが、まずは小説にしっかり向き合うことが大切だと思うので、最後の最後まで気を抜かず、出せる力を全てぶつけようと思います!

表紙なども近々公開致しますので、ぜひ楽しみにしていてください!

  

『アイドル失格』予約受付中!
特典情報もありますので、詳しくは特設サイトをご覧ください。
https://kadobun.jp/special/abe-wakana/


紹介した書籍

MAGAZINES

小説 野性時代

最新号
2022年12月号

11月25日 発売

ダ・ヴィンチ

最新号
2022年12月号

11月5日 発売

怪と幽

最新号
Vol.011

8月31日 発売

ランキング

アクセスランキング

新着コンテンツ

TOP