【この解説では一部内容の深層に触れています。物語を読了後にお目通しください】
 お笑い芸人と小説といえば、まず脳裏に浮かぶのは又吉直樹『火花』。もともと文学好きとして知られた又吉ゆえに、初の中篇小説である『火花』が雑誌掲載時から話題を呼んだのは当然としても、その後芥川賞を取ったあげくに累計三〇〇万部を超える大ベストセラーになろうとは、業界関係者も想像していなかったのではないだろうか。
 しかし考えてみれば、お笑い芸人の小説作品が話題になるのはこれが初めてではない。ビートたけし『浅草キッド』を始め、小説に手を染める有名どころも少なくなく、劇団ひとり『陰日向に咲く』のように、ミリオンセラーを記録する作品もすでに現れている。
 お笑い芸人も小説作家も、物語を紡ぎ出すという点では共通している。芸人のネタは短めなものが多いから、小説のほうも短篇向きと思われがちだが、なかなかどうして長編にも有望株が登場しているのである。
 本書の著者、藤崎翔もそのひとりだが、正確にいうと、元・芸人。
 一九八五年、茨城県に生まれた藤崎は、高校卒業後お笑い芸人を志して上京、「セーフティ番頭」というコンビを組んで舞台に立つもののなかなか芽が出ず、二〇一〇年に解散、いったんは堅気となる。だが、好きなことをして儲けたいという夢は捨てきれず、紙とペンさえあれば出来る作家を目指して修業再開。幸い、ネタ作りの勉強もあって、芸人時代から小説は読んでいた。短篇から始めて文学賞にも応募、その中で手応えがあったのがミステリーであった。
 
 かくして二〇一四年、第三四回横溝正史ミステリ大賞に応募した『神様の裏の顔』(原題『神様のもう一つの顔』)が見事大賞をゲット、作家デビューを果たす。
 その内容は、周囲から神のように慕われていた老教師が死去、その葬儀が執り行われる。通夜に集まった関係者が思い出を語り合うが、次第に思いも寄らぬ故人の顔が浮かび上がってくる、というもの。一見ありがちな設定だが、軽妙なタッチでブラックなスパイスも効いており、後半には鋭いヒネリ技も決まっている。緩急自在に読者を物語世界に引きずり込んでいくその作法はあっぱれなストーリーテラーぶりといえようが、そこにはお笑い芸のネタ作りで培われたものもあろう。

書籍

『殺意の対談』

藤崎 翔

定価 734円(本体680円+税)

発売日:2017年4月25日

ネット書店で購入する

    書籍

    「神様の裏の顔」

    藤崎 翔

    定価 734円(本体680円+税)

    発売日:2016年8月25日

    ネット書店で購入する