menu
menu

レビュー

犯罪を重ねる男の真の目的は――圧倒的な結末に熱い涙が溢れる重厚なミステリ『ラストナイト』

文庫巻末に収録されている「解説」を特別公開!
本選びにお役立てください。

(解説者:朝宮 運河 / ライター)

 本書『ラストナイト』は、やくまるがくが二〇一六年に発表した作品の文庫版である。同作は「月刊ジェイ・ノベル」に連載された後(連載時のタイトルは「檻から出た蟬」)、実業之日本社より単行本として発売された。
 二〇一六年といえば、デビュー以来十年を超すキャリアの総決算ともいえる『Aではない君と』が第三七回吉川英治文学新人賞を受賞し、社会派ミステリー作家・薬丸岳があらためて脚光を浴びた転機の年であった。その翌年には短編小説「黄昏たそがれ」が第七〇回日本推理作家協会賞(短編部門)を受賞。ベストセラー作家としてのポジションを、いよいよ確かなものにして今日にいたっている。最近ではいくとうえいが主演した『友罪』をはじめとして、映画化・ドラマ化が相次いでいるのもうれしい傾向だ。
 そうしたブレイクと相前後して発表された『ラストナイト』は、上昇気流にある作家ならではの意欲とテクニックがたっぷり注ぎこまれた充実の一冊だ。心揺さぶる人間ドラマとサプライズに富んだ展開が融合した、現代ミステリーの逸品である。

 東京のあかばね、常連客でにぎわうきくという居酒屋に、ひとりの異様な男がやってくる。彼の名はかたぎりたつ。顔一面が「ひよう柄模様の刺青いれずみ」で覆われた、見る者をひるませるような外見の持ち主だ。刑務所を出てきたばかりだという片桐は、常連客に白い目で見られているのも構わず、懐かしい店のカウンターに着く──。
 幾度となく罪を犯し、五九年の生涯の半分以上を刑務所で過ごしている片桐は、普通の感覚ではちょっと近寄りがたい相手だろう。しかし二〇代までの片桐は、ラーメン店の経営者になることを夢見る、働き者で気のいい青年だった。その彼がなぜかれたように犯罪を繰り返すのか。物語は孤独な獣のような片桐の人生を、五つのパートからなる連作形式で浮き彫りにしてゆく。
 第一章の主人公は菊屋の店主、きくまさひろだ。菊池にとって片桐は、家族ぐるみのつき合いをしてきた三五年来の旧友。たとえ刑務所帰りであっても、昔どおりに接したいという思いがあるが、現実はそれを許さない。近い将来店を任せるつもりでいる娘に、「お父さんがあの人ときちんと訣別してくれなきゃ、わたしたちはお店を継げない」と迫られてしまうのだ。
 かつての親友同士が年齢を重ねるにつれ、ライフスタイルの違いから疎遠になってしまうのは現実にもよくある話だが、菊池と片桐の関係はもうすこし複雑である。片桐が最初に起こした事件は、菊屋に因縁をつけにきたやくざから、菊池の妻をかばおうとしたのが原因だったからだ。その事件がもとで、片桐は愛する妻子と別れることになった。希望にあふれていた二〇代の日々を回想し、菊池は悲しみを覚える。
 刺青で顔を覆い隠し、罪を犯し続ける片桐は、いわば現代社会の異物である。彼と関わりを持つことになった人びとの胸中には、恐れや怒り、反発や同情などさまざまな感情が呼び覚まされる。その多彩な心模様が、本書のひとつの読みどころといっていい。この第一章では、菊池が友情の終わりを予感するシーンがあまりにも切ない。
 続く第二章では、五年前に片桐の事件を担当した弁護士・なかむらひさしが、第三章では静岡県はままつで暮らす片桐の娘・まつひかりが、それぞれ語り手を務めている。
 中村は出所直後訪ねてきた片桐の様子に不審なものを感じ、また罪を犯そうと考えているのではないかと疑う。これまで弁護士として多くの犯罪者と接してきた中村には、片桐の更生を信じたいある切実な理由があった。強い思いに駆られて、中村は片桐と別れた妻子が暮らしているという浜松に向かう。
 一方のひかりは、母と死別し、呉服屋を営む伯父おじ夫婦のもとで養子として暮らしている。彼女にとって罪を犯し、母を不幸に追いやった片桐は、憎しみの対象でしかない。そして片桐の子であることが、彼女に結婚や出産を思いとどまらせる。そんなある日、彼女のもとに中村が現れ、父と会うことを勧めてくる。ひかりの心は揺れ動く。

 と、あらすじを紹介しながら、あらためて「ああ、薬丸岳らしい小説だな」と感じてしまった。薬丸岳らしいとはどういうことか。ここで簡単に著者のプロフィールをふり返っておくと、一九六九年生まれの著者が『天使のナイフ』で第五一回江戸川乱歩賞を受賞してデビューしたのが〇五年。同作は少年犯罪によって妻を殺された男が、犯人グループへのふくしゆう感情にさいなまれながらも、新たに起こった事件の真相を追う、というスリリングな長編だった。個人的な思い出だが、発表当時、何の予備知識もなく同作を手に取って、難しいテーマをエンターテインメントに昇華させる手腕に驚嘆したことがある。
 しばしば著者がインタビューで語っているように、『天使のナイフ』創作のモチベーションとなったのは、一九八〇年代に発生した現実の少年犯罪(女子高生コンクリート詰め殺人事件)だった。自分と年の近い少年たちが、残虐な犯行に手を染めたことへの驚きと怒りが、後年優れた創作へと結実したのだ。以来、心神喪失者による殺人を扱った『虚夢』、少年刑務所の元法務技官という変わり種の刑事を主人公にした「刑事・夏目」シリーズ、教育現場の闇に迫った『ガーディアン』など、法制度や少年犯罪への鋭い視点を含んだミステリーを相次いで刊行。読者を獲得してきた。
 それらと密接な関係をもつのが、〝償いとゆるし〟というより普遍的な感情をテーマにした作品群である。家族を殺された過去をもつ探偵が、犯罪加害者を追跡調査してゆく連作ミステリー『悪党』や、世間をしんかんさせた連続殺傷事件の犯人のその後を扱った『友罪』などが代表的なものだろうか。著者の転機となった先述の『Aではない君と』も、同級生を刺殺して逮捕された息子とともに苦悩する父親の姿を通し、償うことと赦すことの重みを描いている。わが国にミステリー作家は数多いが、薬丸岳ほど〝事件が起こった後〟のドラマにこだわり続けている作家もそう見当たらない。
 そして本書もそうした流れをむものだ。顔中を恐ろしげな刺青で覆い、誘拐や強盗などの罪に手を染めてきた片桐。もしそんな男が目の前に現れたら、あなたはすんなり受け入れることができるだろうか? 第一章には片桐の生き方を受け入れられない菊池に対し、ある人物が「生きかたが変われば受け入れたい?」と問いかける印象的なシーンがある。犯してしまった罪は消えない。しかし未来は変えられるかもしれない。本書は現実の厳しさを突きつけるとともに、その先にあるかすかな希望を懸命に探ろうとしている。
 デビュー作『天使のナイフ』の文庫解説において、乱歩賞デビューの先輩作家であるたかかずあきがこう述べている。

 このような現実の社会が抱える難問に対し、作者は怯むことなく真正面から立ち向かっていく。結論を急がず、説教に逃げることもせず、賛否両論を丁寧にすくい上げながら、一歩一歩橋頭堡(きょうとうほ)を築いていくかのような筆致には迫力さえ感じられる。終章で語られる「本当の更生」については、主人公とともに苦悩した者でなければ到達できない真実が含まれているように思う。講談社文庫版『天使のナイフ』解説より

 これは『天使のナイフ』に限らず、すべての薬丸作品にあてはまる至言だろう。中村が菊池に「それじゃ困るんですよ!」と感情をぶつけるシーン。ひかりが思いの丈を吐き出すシーン。四章や五章の語り手に訪れる、人生の貴重な一瞬──。おそらくこれらのシーンは、著者が主人公の目線まで下りてゆき、ともにかつとうするところから生まれたものだ。本書で描かれる人間ドラマがあくまで力強く、緊張感をもって伝わってくるのは、著者自身にも答えの出ない問いを、しんに突きつめているからに違いない。このような作家が同時代に存在してくれていることは、一読者としてとても嬉しい。

 そしてもうひとつ、本書の長所としてあげておきたいのが構成の巧みさである。作中で描かれているのは、片桐が出所してから一連の出来事に決着がつくまでの五日間。その間に起こった出来事を、著者は五つの章をリンクさせることで提示する。同一のシーンが別々の視点から複数回描かれる、というテクニックは映像ではおみのもので、映画好きで知られる著者のセンスがうかがえよう。こうした卓越したエンタメ性も「薬丸岳らしさ」のひとつなのだ。
 濃密な人間ドラマに思えた物語が、四章以降ややテイストを変え、ミステリーとしての顔を露わにしてゆく展開も素晴らしい。四章の主人公であるもりぐちあや、五章の主人公のあらせいが、それぞれ片桐の人生にどう関わっているのかも注目してほしいポイントである。
 そしてついに訪れる五日目の夜(=ラストナイト)。片桐の人生に隠された真実が明かされるクライマックスには、思わず息をんだ。ネタばらしになるので詳しくは語れないが、これは紛れもなく〝償い〟の物語である。罪を犯し続ける片桐が、切ないほどに求めたものは何だったのか。ぜひご自分の目で確かめてみていただきたい。

 冒頭でこのところ薬丸作品の映画化・ドラマ化が相次いでいると書いた。具体的には一八年に『友罪』が『64 ロクヨン』のたかひさ監督によって映画化されたほか、『Aではない君と』がとうこういち主演でドラマ化されている。今年(一九年)に入ってからも、すでに『悪党』ひがしまさひろ主演)、『死命』(よしこうろう主演)の二作がドラマになった。人間ドラマとエンターテインメント性、社会性が三位一体となった薬丸ミステリーは、映像作品の原作にぴったり。鉱脈が潜んでいることに、映像関係者が気づきはじめたのだろう。
 今のところ『ラストナイト』は映像化されていないが、複数のエピソードが絡み合う構成は、映画にもドラマにも適している。もしも映像化されるとしたら、孤独を漂わせ、まなざしに陰りを帯びた片桐を演じるのは、誰がいいだろうか。そんなことを想像しながら読むのも楽しい。
 作家として大きな飛躍を果たした薬丸岳が、今後どんな作品を書いてくれるのか。期待して見守りたいと思う。

ご購入&試し読みはこちら▶薬丸岳『ラストナイト』| KADOKAWA


紹介した書籍

関連書籍

新着コンテンツ

もっとみる

NEWS

もっとみる

PICK UP

  • 呉勝浩「スワン」
  • 武士とジェントルマン
  • はらだ有彩「ダメじゃないんじゃないんじゃない」
  • 真藤順丈「ビヘイビア」
  • 藤野恵美「きみの傷跡」

カドブンノベル

最新号 2019年11月号

10月10日 配信

ランキング

書籍週間ランキング

1

明日の僕に風が吹く

著者 : 乾 ルカ

2

トリガー 上

著者 : 真山 仁

3

ドラフト最下位

著者 : 村瀬 秀信

4

逃亡小説集

著者 : 吉田 修一

5

私のことが好きじゃないとかセンスないよね

著者 : あたりめ

6

キミのお金はどこに消えるのか 令和サバイバル編

著者 : 井上 純一

10/7~ 10/13 紀伊國屋書店調べ

もっとみる

レビューランキング

TOP