文庫の解説はふつう、著者のあとがきの後にくる。ところが本書では、本文が終わるといきなり解説である。
『フィンランド語は猫の言葉』は文化出版局(一九八一年)、講談社文庫(一九九五年)、猫の言葉社(二〇〇八年)と三つの版があるが、これまではそれぞれに著者によるあとがきがあった。では、どうして今回はないのか。
 著者曰く「もう書くことがありません」。
 確かに同じ本のあとがきを、版を変えるたびに書くのは厳しいだろう。夏目漱石や森鷗外も分かってくれるに違いない(想像だが)。
 ということで、わたしの解説となる。だがわたしもすでに、自分の著作の中で本書を何度か取り上げている。それをくり返しても仕方がない。
 そこでこの解説は、『フィンランド語は猫の言葉』の三つの版とわたしの関係から始めることにしよう。
 わたしが『フィンランド語は猫の言葉』と出合ったのは、文化出版局から出たばかりの頃である。確か新聞の広告で知ったのだと思う。高校一年生だったわたしは、海外の言語や文化に広く興味があったものの、メジャーな世界には無関心で、一人でロシア語をせっせと勉強するようなヘンなやつだった。といってもロシア語だけに固執するわけではなく、日本では話題になることの少ない地域については常にアンテナを張っていて、図書館ではそういう本ばかり借り出していた。
 本書に惹かれたのは「フィンランド語」というキーワードである。
 フィンランド語についての本。しかも語学書じゃない。
文化出版局版

文化出版局版

 当時入手できたフィンランド語の入門書は、本書にもあるように尾崎おざきよし『フィンランド語四週間』(大学書林)だけである。もちろんすでに手に取っていた。だが大学生だった稲垣さんに歯が立たなかったものが、高校生のわたしに分かるはずがない。魅力は感じながらも、手を出すのは躊躇われた。
 ところが『フィンランド語は猫の言葉』はエッセイ集である。これなら読めるに違いない。さっそく買い求め、自室のベッドに寝転んで読み始めた。
 そして止まらなくなった。
 どの話も楽しくて、知的で、元気いっぱいで、こんなふうに海外生活が送れたらどんなにステキだろうかと、想像しただけでワクワクする。これには多くの人が共感するはずだ。
 だがわたしがもっとも惹かれたのは、フィンランドの生活よりも、フィンランド語そのものに触れたエッセイだった。文法や音声や方言や古典語といった、大学の授業科目名のようなタイトルが並ぶのに、それがこれほど面白いとは!
 いや、面白おかしいばかりではない。ときにはかなり真面目な解説がされる。
 フィンランド語には一三の子音要素d・h・j・k・l・m・n・ŋ・p・r・s・t・vと、八つの母音要素a・o・u・e・i・y・ä・öがある。(50頁)
 章の冒頭からこうだ。こういう話を専門家が書くと、最初は日常的な話題から始まって、次第に専門的な分野の解説となるのが定石である。ところが稲垣さんのエッセイは、はじめに学問的な情報がバーンと提示される。そして最後は必ず面白い。つまり、フィンランド語そのものの魅力が、余すところなく語られているのである。本書を読めば、誰だってフィンランド語が勉強したくなるに決まっている。
 しかしながらわたしは、フィンランド語に憧れながらも、結局はスラブ諸語へと向かった。「変化が複雑で気が狂いそうに」(63頁)なるロシア語だけでなく、グジェゴシュやクシシュトフ(57頁)の世界ともつき合いながら、今日に至る。
 とはいえ、フィンランドとフィンランド語のことを忘れたわけではない。
 講談社文庫版が出たとき、わたしは国立理系大学でロシア語教師をやっていた。少人数の学生を引き連れて、ロシアへ修学旅行に出かけることもあったが、モスクワやペテルブルクを訪れる際は、旅行社に頼んで経由はなるべくヘルシンキにしてもらった。するとたった一泊にもかかわらず、学生のなかにはフィンランド語に興味を持つ者も出てくる。こうしてわたしは、自らがフィンランド語を学ばなかった代わりに、フィンランド語ファンを地道に増やしていったのである。

書籍

『フィンランド語は猫の言葉』

稲垣 美晴

定価 734円(本体680円+税)

発売日:2019年04月24日

ネット書店で購入する