menu
menu

レビュー

戦時中も日本に寄り添い、「一柳さん」として復興に生涯を捧げたアメリカ人『屋根をかける人』

【カドブンレビュー】


ウィリアム・メレル・ヴォーリズは明治38年、現在の滋賀県立八幡商業高等学校の英語教師として24歳で来日した。2年で解職されてしまうものの、その後も近江八幡にとどまり、教会や学校など多くの建物を手がけた建築家、近江兄弟社の創業者として日本の近代史に足跡を残してゆく。本書はその半生を追う歴史小説だ。

日露戦争まっただ中の第一章から太平洋戦争末期の第七章までは、奔走するヴォーリズの若い日々そのままにあっという間にすぎてゆく。大正8年に一柳子爵令嬢と結婚、昭和16年には日本に帰化し姓も一柳を名乗る。その間ヴォーリズのたずさわった建築物は1500にも達するが、一部は震災や戦災で灰燼に帰し、青年は老人になり、敗戦後となる第八章で物語は深度を増す。

敗戦直後から元首相・近衛文麿は国体護持、天皇制度の維持のため人脈を駆使してGHQに働きかけていた。かねてより面識のあった近衛から依頼をうけて、ヴォーリズも彼と連合国最高司令官ダグラス・マッカーサーとの会談の実現に尽力する。
当時、日米の多くの人が天皇をめぐる問題に関与した。ヴォーリズも、戦後の象徴天皇制へのレールをひいたひとりとなった。

第一章でヴォーリズは、学生たちに「大きな家をつくろう」、「屋根というのはアメリカ人でも日本人でも、ペルシア人でもアフリカ人でも、ひとしく風雨からまもる。その下にあたたかい団欒の場をつくる。私たちはいずれ、地球そのものを覆う広大な一枚の屋根をかける人になりましょう」と説く。
欧米人には、天皇にたいする日本の国民の態度は概して理解されないという。ヴォーリズも例外でなく、日本人の天皇観を理解できなかった。天皇は古い国の君主であり、彼の信じる神であるはずもない。
しかしヴォーリズが天皇の立場の苦しみを慮り、日本国民が敗戦から立ちなおるためになにが必要かを考え、マッカーサーと近衛とのあいだを繋いだことは、彼にとって至極自然な行動だったろう。ヴォーリズはただ、復興してゆく日本が、天皇と国民がともに生きる大きな家、理想の国になることを願ったに違いない。
はたしてヴォーリズと昭和天皇は昭和22年6月、京都御所御庭で対面する。その庭に、たしかに天皇は「ヒロヒトさん」という普通の人として佇み、ヴォーリズは「一柳さん」という日本人として寄り添った。

国や民族をこえて理想の居場所をつくることにこだわりつづけ、やがて日本とアメリカ双方に大きな「屋根をかける人」となるヴォーリズ。物語を読む人はきっと、たったひとりで日本へとやってきたアメリカ生まれの青年を、思わず応援したくなるはずだ。門井さんの本は文章がやさしくて読みやすい。歴史小説が苦手だという人も、ぜひ読んでみてほしい。


書誌情報>>門井慶喜『屋根をかける人』
試し読みはこちら→【試し読み】門井慶喜『屋根をかける人』


関連書籍

新着コンテンツ

もっとみる

NEWS

もっとみる

PICK UP

  • 新刊インタビュー 今村夏子『父と私の桜尾通り商店街』
  • モモコとうさぎ』刊行記念書店員座談会 働くとはどういうこと?
  • イカちゃんクマちゃんのイカ総研
  • 【試し読み】安田峰俊『八九六四 「天安門事件」は再び起きるか』
  • 【特別インタビュー】オリジナルクイズも出題! 東大王・伊沢拓司が選ぶ角川文庫5選
  • 『麒麟児』刊行記念対談 出口治明×冲方丁

カドブンノベル

最新号 2019年9月号

8月10日 配信

ランキング

書籍週間ランキング

1

営繕かるかや怪異譚 その弐

著者 : 小野 不由美

2

氷獄

著者 : 海堂 尊

3

未来を決めるのは私だから王子様も魔法もいらない

著者 : とどろん

4

鹿の王 水底の橋

著者 : 上橋 菜穂子

5

USJを劇的に変えた、たった1つの考え方 成功を引き寄せるマーケティング入門

著者 : 森岡 毅

6

これからの都市ソフト戦略

著者 : 藤後 幸生

8/5 ~ 8/11 紀伊國屋書店調べ

もっとみる

レビューランキング

TOP