menu
menu

レビュー

【レビュアー:中江有里】心がざわつく「あひる」の姿が、読み終わった後も脳裏に浮かんできます。

 以前の住まいの近所であひるを飼っている家を見かけ「あひるって飼えるんだ」と思ったことがある。本書の「わたし」の家であひるを飼い始めると、近所の小学生が遊びに来るようになる。「のりたま」と名付けられたあひるを巡る平和で穏やかな日々。しかしあひるの不調が物語に影を落としていく。
 入れ替わっていく「のりたま」、何かを祈り続ける家族、でも本当のことを誰も口にしない……一つの嘘を飲み込んでしまうと、二つ目も三つめも飲んでしまう「わたし」。
 本書の「あひる」とはいったい何なのだろう。白い羽に黄色いくちばし、もしかしたら「あひる」はたいていの人が思い描くあの「あひる」とは違うのかもしれない。ひたすらに愛を傾けられる存在は、新たなる愛の対象があらわれると存在意義を失う。愛されなくなった「あひる」の行方はわからないし、家族のその後を知るのも怖い。もしかしてあの近所の家も……? と、思い返している。


書誌情報はこちら>>今村夏子『あひる』


紹介した書籍

関連書籍

新着コンテンツ

もっとみる

NEWS

もっとみる

PICK UP

  • テスカトリポカ

MAGAZINES

小説 野性時代

最新号
2021年8月号

7月26日 発売

怪と幽

最新号
Vol.007

4月27日 発売

ランキング

書籍週間ランキング

1

テスカトリポカ

著者 佐藤究

2

遠巷説百物語

著者 京極夏彦

3

ラストパス 引退を決断してからの5年間の記録

著者 中村憲剛

4

黒牢城

著者 米澤穂信

5

六人の嘘つきな大学生

著者 浅倉秋成

6

仮面

著者 伊岡瞬

2021年7月18日 - 7月25日 紀伊國屋書店調べ

もっとみる

レビューランキング

TOP