【解題】 古代国家「日本」の誕生と白村江の戦いと壬申の乱

「太陽編」の過去のパートは、663年10月の朝鮮半島における倭国・百済くだら連合軍VS唐・新羅しらぎ連合軍による〈白村江はくすきのえの戦い〉から、672年7~8月の古代日本最大の内乱〈壬申の乱〉までの9年間が舞台になっている。この2つの戦争は「倭国」が朝廷を中心とする中央集権国家「日本」になっていく重要なターニングポイント。その背景には、中国の巨大な統一国家・唐が誕生して、東アジアの覇権を手に入れようとしていたという7世紀のアジア情勢が大きく関わっている。

揺れる朝鮮半島情勢


 この時代の朝鮮半島は三国時代と呼ばれ、高句麗こうくり、百済、新羅の3国が鼎立ていりつしていた。
 高句麗は紀元前1世紀には建国されていたとされ、5世紀半ばには朝鮮半島の大部分と中国の東北地方にまで領地を持つ巨大な国になっていた。百済は4世紀ころに朝鮮半島南西部に建国され、地理的な関係から倭国とも貿易や文化交流で深い関係を結んでいた。一方、百済と敵対関係にあった新羅は紀元前1世紀に誕生した斯盧しら国がルーツで、国名を新羅に定めた6世紀には朝鮮半島の中東部から南部までを支配する国になっていた。
 中国は、隋の時代から朝鮮半島への進出を目論んで4度にわたる高句麗遠征を行ったがいずれも失敗。隋が滅んで628年に統一を果たした唐は、新羅と手を組み、まず百済を攻め滅ぼして、そこから一気に高句麗を攻略する戦略を立てるようになっていた。
 7世紀半ばの百済は干ばつに加え、王室の退廃が目に余るようになっていた。唐にすれば絶好のチャンス。660年に新羅軍の要請を受けたという名目で唐・新羅あわせて18万の軍勢で百済への侵攻をはじめ、同年7月、唐・新羅の連合軍は百済の王都を陥落させ、百済は滅亡する。

書籍

『火の鳥11 太陽編(中)』

手塚 治虫

定価 950円(本体880円+税)

発売日:2018年11月22日

ネット書店で購入する