【解題】 千年の時を超え宗教と権力という問題をえぐり出す

 

およそ5年振りの連載再開


「太陽編」は、角川書店の月刊文芸誌『野性時代』(現在は『小説 野性時代』に引き継がれている)の1986年1月号から88年2月号に連載された。
『月刊マンガ少年』に連載された「異形編」の完結が1981年4月号なので、およそ5年振りの連載再開だった。
 再開に至ったきっかけは、当時の角川書店社長だった角川春樹氏からのアプローチによるものだ。手塚と直接会った春樹氏は、壬申の乱を舞台にした『火の鳥』を描いて欲しいと依頼。しかし、すでに作品の過去のパートが「異形編」で室町時代後半に達していることから、7世紀の壬申の乱にまで遡るのは難しい、と考えた手塚治虫は「『壬申の乱』という別のマンガにしてはどうか」と提案した。これに対し、春樹氏は、角川書店のシンボルマークである鳳凰のイメージとも繋がる『火の鳥』でなければならないこと、手塚治虫の描いた壬申の乱をどうして読みたいことを伝え、最終的に手塚が折れる形で企画がスタートした。
 過去のパートである「異形編」に続く「太陽編」で、さらに過去を描くために手塚が考えたのが、全体を読むと過去と繋がった近未来の話にするという手法だった。こうして、過去と未来が大きく振幅するという「太陽編」の構想がつくられていった。つまり、過去のパートを未来のパートの一部分にすることで、時系列的な矛盾を解決しようとしたのだ。


書籍

『火の鳥10 太陽編(上)』

手塚 治虫

定価 950円(本体880円+税)

発売日:2018年10月24日

ネット書店で購入する