【解題】 手塚治虫の死と『火の鳥』

癌に侵されていた神様


『野性時代』で「太陽編」の連載が終わったのは1988年2月号。この年の手塚は、年初から多忙が続いていた。1月10日にはTBSテレビ系の人気番組『テレビ探偵団』にゲスト出演。1月29日には「戦後漫画とアニメ界における創造的な業績」により朝日新聞社から「朝日賞」が贈られ、同日、毎日映画コンクールでも実験アニメ『森の伝説』に対して第26回大藤信郎賞が贈られた。手塚にとっては嬉しいW受賞だった。
 2月13日には有楽町マリオンの朝日ホールで「朝日賞」の受賞記念講演を行い、同時に実験アニメ『森の伝説』の上映を行って喝采を浴びた。
 埼玉県新座市で進めていた新スタジオの工事も順調で、春にはアニメ部門の移転が決まり、その準備にも追われていた。
 しかし、この頃から手塚は体調不良を覚えるようになっていた。とくに腹部の痛みがひどく3月15日には半蔵門病院に緊急入院。難治性胃潰瘍と診断されて、3月17日に第1回目の手術が行われた。退院は5月12日。この間にあるじがいないままに手塚プロのアニメ部門は新座スタジオに引っ越している。
 退院後の手塚はげっそりと痩せて、周囲を心配させたが、本人は精力的にマンガとアニメの仕事に戻った。それだけではなく、6月24日には『週刊ポスト』の取材で来日中のジョージ・ルーカスと対談。6月26日には渋谷西武のシードホールでカナダのアニメ作家で、『木を植えた男』などの作品で評価されているフレデリック・バックとトークショーを行った。8月9日には『SPA!』の取材で『ロジャー・ラビット』などのロバート・ゼメキスと対談。9月にはスペインのエピサテレビ局が新座スタジオで手塚へのインタビューを行うなど、文化交流の仕事も続けていた。
 アニメ『森の伝説』が、日本だけでなく世界からも高い評価を受けたことも手塚を元気づけていた。第8回サグレブ国際アニメーションフェスティバルで青少年映画賞を受賞するなどしたのだ。
 体力さえ回復すれば、以前にもまして精力的にマンガとアニメに取り組むことができるようになる、と手塚自身が信じていた。だが、3月の手術ですでに手塚の体には胃癌が見つかっていたのだ。

書籍

『火の鳥12 太陽編(下)』

手塚 治虫

定価 950円(本体880円+税)

発売日:2018年11月22日

ネット書店で購入する