【解題】 4度目のディレクターズカット版

 

『COM』版と『マンガ少年』版

「乱世編」は、朝日ソノラマの月刊誌『マンガ少年』で、1978年4月号から80年7月号まで連載された。80年3月3日から21日には、NHKラジオ第1放送でドラマ版も放送されている。
 本文庫第6巻に収録された「望郷編」と同様、元々は虫プロ商事の月刊誌『COM』で73年8月号から連載スタートしたものだった。しかし、直後に虫プロ商事が倒産し、『COM』も休刊。連載は第1回のみで中断してしまった。虫プロ商事はこの時期には内部のゴタゴタが続いており、『COM』も青年向けの『COMコミックス』、さらにお色気路線を進めた『Comコミック』を経て、ようやく復刊にこぎつけたばかりで、手塚も『火の鳥』再開に意欲を燃やしていただけにファンをがっかりさせた。
 『マンガ少年』版は、やはり「望郷編」と同じく新たな構想で描き直され、一部に『COM』版の原稿が再利用された。なお、『COM』版は連載第2回分の未完成原稿とともに、本文庫14巻に収録予定だ。
 『COM』版『マンガ少年』版ともに、平安時代末期の源氏と平家の戦いと武家政権の誕生を描いた古典『平家物語』がベースになっているが、登場人物やストーリーには大きな変化がある。
 『COM』版の主人公は山猟師のまきじ。ヒロインのおぶうはまきじの妹という設定だった。しかし、『マンガ少年』では、主人公の名は弁太(べんた)に改められ、三枚目の要素が加えられた。これは発表場所が少年誌だったことも影響しているのだろう。おぶうも弁太の恋人に改められた。
 さらに大きく変わったのは赤兵衛(あかべえ)白兵衛(しろべえ)のエピソードだ。
 『マンガ少年』版に赤兵衛の名で登場する猿は、『COM』版では、ボスの座を追われ瀕死の状態でいるところをまきじが拾って家に連れ帰り赤坊主(あかぼうず)と名づける。白兵衛の名で登場する犬は、やはり子犬をまきじが拾って来て白丸(しろまる)と名づけ、二匹はまきじに飼われていたのだ。
 つまり、『COM』版では平清盛と源義経の物語と赤坊主と白丸の物語は同時に進む。人間界での権力争いと、動物たちの権力戦いは同時並行的に描かれて、動物たちの運命が人間たちの運命を暗示する、という構成だったと推測できる。このように、動物たちの群れに起きた出来事から、人間たちの運命を象徴的に描く手法は、『カムイ伝』の作者・白土三平(しらとさんぺい)が好んで使っていたもので、手塚の白土に対する対抗意識が現れたものともとれる。

書籍

『火の鳥7 乱世編(上)』

手塚 治虫

定価 950円(本体880円+税)

発売日:2018年09月29日

ネット書店で購入する

    『火の鳥6 望郷編』

    手塚 治虫

    定価 950円(本体880円+税)

    発売日:2018年08月24日

    ネット書店で購入する