本書の初版は一六二二年。そのクォート版(いわゆるQ1)の表紙には「ヴェニスのムーア人オセローの悲劇。グローブ座及びブラックフライヤーズ劇場にて国王一座によって頻繁に上演。ウィリアム・シェイクスピア作」とある。前年の十月六日に書籍業出版組合に登録された題名も『ヴェニスのムーア人オセローの悲劇』であった。一六二三年のフォーリオ(F)に収められた本作の題名も『ヴェニスのムーア人オセローの悲劇』であるから、これが本作の正式な題名と言えよう。
 上演の記録で最も早いのは、一六〇四年十一月一日に『ヴェニスのムーア人』と題する芝居が宮廷のホワイト・ホールにて上演されたというもの。これが『オセロー』の初演と考えられるため、本作品が執筆されたのは一六〇三~四年であろうと推察されている。
 本作にはめんどうなテクストの問題がある。Fのテクストは三千六百八十五行であり、Q1より百六十行ほど多いが、Q1にあってFにないところも十数行ある。本書十三ページの注7などに記したように、Q1は初演時の台本を反映しているところがある半面、Fには改訂が加えられているため、どちらを底本とすべきかについては議論が分かれる。多くの研究者たちの議論を総括して言えることは、Q1のテクストに加筆してFのテクストができたのではなく、むしろシェイクスピアの草稿から上演用にカットを加えてQ1ができたのであり、Fは草稿を反映していると同時に一六〇六年の罵声禁止令の影響を受けて罵声を削除するなどの編集が行われたのであろうということである。したがって底本をFとしつつ、罵声等の表現ではQ1を採用するというアーデン3の編集方針にこの翻訳も従った。

本作品の解釈と翻訳の課題

 なぜオセローは最愛の妻を殺してしまったのか。なぜイアーゴーの正直さ(honesty)を信じ、妻の貞淑さ(honesty)を疑ったのか。まず、イアーゴーの正直さを信じたのは、軍隊という組織は上官と部下の絶対的な信頼関係に基づいて成り立っているからだと言える。上官の命令に部下は躊躇せずに服従せねばならず、上官は部下の命を預かる責任を負う半面、部下に全幅の信頼を置かなければやっていけない。オセローにイアーゴーを疑うという発想がなかったのは、部下を大事に思う上官としては自然なことであり、ましてや「正直なイアーゴー」という評判がある部下ならなおさらだった。
 だからといって、部下を信頼したがゆえに最愛の妻を疑ったという単純な話でもない。むろん、ハンカチを見たというそれだけの理由で妻を疑ったわけでは決してない。彼が疑い始めたのは、自らの男性性に対する自信が崩れたためだ。
 ヴェニス一の美女から愛されているという思いは、彼の男性性を支える大きな基盤となっており、だからこそ、自分に自信があるあいだは、妻の愛を疑うことなどなかった。その絶対的な自信が崩れたとき、自分は本当に妻に愛されているのかと疑い始めるのである。民族的な違いがあるにも拘わらずデズデモーナの愛を勝ち得たことは、それまでは彼の男性性を高揚させる勝利にほかならなかったが、彼が白人社会における黒人であるという他者性を指摘され、白人の文化をわかっていないと言われた瞬間、その自信にひびが入る。そのとき初めて、彼は困惑を口にするのだ、「そうなのか?」と(百二ページの注1参照)。
 きっかけはそれだけで充分だ。小さなひびから堤防が決壊するように、あふれるばかりにたたえられていた自信は、せきを切って、疑惑という川へ流れ込む。
 それでも、妻と会話をきちんとしていれば誤解は解け、ハンカチのような状況証拠を動かぬ証拠と思い込むことはなかったのではないか。そう思う人は多いだろう。早くも十七世紀に、トマス・ライマーが『悲劇管見』(一六九三)において、この劇をやり玉にあげ、この劇の教訓として「良家の娘は黒人とけ落ちすべからず、人妻はハンカチ類をなくさぬよう用心すべし、夫は嫉妬をする前に証拠を十分吟味すべし」と述べて揶揄したのは有名な話だ。
 オセローがイアーゴーに騙されて「疑惑」という苦痛を味わったすえにデズデモーナ殺害を決心したとしても、デズデモーナとじかに言葉をやりとりするうちに誤解が解けるという展開にならないのはなぜか。サミュエル・ジョンソンが、自ら編集したシェイクスピア全集(一七六五)の序文で、オセローの「激しいまでのあけっぴろげな性格、度量が大きく、裏表がなく、信じやすく、人をとことん信頼し、愛情は激しく、決断は揺るぎなく、復讐心が強い」という性質を称賛しているが、それからもわかるように、オセローの激しい性格ゆえに、一旦火がついてしまったオセローの復讐心はデズデモーナを前にしてもおさまることはなかったと解釈されがちだった。だが、そうではないのだ。
 実は、オセローが妻殺害に及んでしまう最大の罠はイアーゴーではなく、シェイクスピアによって仕掛けられている。その点を理解しないと、本作の真の面白さはわからない。
 その仕掛けは、オセローがデズデモーナ殺害を決心してやってくる第五幕第二場にある。この場の冒頭でオセローが「それが理由だ、それが理由なのだ」と自分に言い聞かせていることからもわかるように、オセローの心は揺れている。百四十四ページで「妻と言い争うことはすまい。あの体と美しさで俺の決心が鈍るといかん」と述べているように、「決心が鈍る」こともあり得た。ところが、キャシオーが殺されたと聞いてデズデモーナは叫んでしまう。
 Alas, he is betrayed!
 これまでの翻訳では「あの人は計略に掛かったんですわ」「あの人はだまされたんだわ」「あの人は罠にかかった」「誰かに計られた」「あの人は敵の罠に」などと訳されてきた台詞である。しかし、原文のbetrayedには「騙された」という意味のほかに、「秘密がばれてしまった」という意味がある。デズデモーナは前者のつもりで言っているのに、オセローはデズデモーナが「ばれてしまった」と言ったと誤解し、ついに真実が確かめられたと思い込むのである(百八十四ページの注3参照)。この一行をどう訳すかが、この翻訳の課題の一つだった。
 翻訳上の課題となった点をもう一つ付記しておこう。オセローがデズデモーナを殺した直後に、エミーリアがドアの外から「旦那様、旦那様」と呼びかけると、オセローが「何だ、あの音は?」と反応して、デズデモーナがまだ死んでいないのではないかと疑うくだりがある。今までどうしてもこのくだりが腑に落ちなかった。エミーリアがドアの外から声をかけると、どうしてオセローはデズデモーナが死んでいないと思うのか。松岡和子まつおかかずこ訳を除くこれまでの多くの訳がエミーリアの直前のデズデモーナの最期の台詞(O Lord! Lord! Lord!)を訳出していないことに気づいて疑問は氷解した。詳細は百八十六ページの注1に記したが、デズデモーナが口にしたLord! Lord!という音と、エミーリアのMy lord!と呼ぶ音が重なるのだ。この言葉の重なりをどう訳すかも、この翻訳の課題だった。
 このように、シェイクスピアが意図した演劇的な言葉の仕掛けを日本語で表現しようと努めたのがこの翻訳の特徴である。これまでどおり台詞の響きやリズムを重視したのは言うまでもない。

イアーゴーの悪/二重の時間

書籍

『新訳 オセロー』

シェイクスピア 訳:河合 祥一郎

定価 691円(本体640円+税)

発売日:2018年07月24日

ネット書店で購入する