本作は、四十四年前に放映され、大人気を博したNHKの人形劇『新八犬伝』(全四百六十四話)のシナリオを抜粋再構成し、ノベライズ化したものである。
 NHKは開局して間もなく人形劇の放送を開始している。もちろん人形劇はNHKの独占コンテンツではないのだが、操り人形劇「マリオネット」、影絵劇「シルエット」、そして指人形劇「連続ギニヨール」と、複数枠を設けていたのはNHKだけであり、独擅場の感は大いにあった。まだテレビアニメーションが一般的でなかった時代、映像を使った新しい表現に作り手側も意欲的だったのだろう。
 しかし何といってもNHK人形劇を大衆に知らしめたのは恒松恭助作/劇団やまいも(現・劇団ちろりん)制作の『チロリン村とくるみの木』を嚆矢とする夕方の帯枠(月曜~金曜・各十五分の放送。『チロリン村とくるみの木』は当初は週に一度の放送であったが、人気を踏まえ一九六二年より夕方の帯番組となった)だろう。
 足かけ九年に亘って放送され、好評のうちに終了した『チロリン村』の後を承けたのは、かの『ひょっこりひょうたん島』であった。
 井上ひさし・山元護久作/人形劇団ひとみ座制作となる『ひょっこりひょうたん島』は、後にリメイク版も制作され、主題歌も世代を超えて定期的にカバーされているので、番組を視聴し得なかった年代の方々でもご存じかと思う。若年層向けとはいうものの、社会風刺性・諧謔性に富んだ『ひょうたん島』は、瞬く間に国民的番組と呼べる程の人気を獲得し、五年続いた。これをして夕方の人形劇枠は、朝の連続テレビ小説同様、視聴習慣を伴う定番コンテンツとなったのである。
 続く小松左京原作/竹田人形座操演によるSF人形劇『空中都市008』、『ひょうたん島』の路線を先鋭的に深化させた『ネコジャラ市の11人』(『ひょうたん島』と同じ制作陣)を間に挿み、満を持してスタートしたのが、この『新八犬伝』であった。
 時代劇、しかも曲亭馬琴の原作である。人形のデザインも含め、それまで夕方の人形劇を視聴していた子供たちの間に一種の戸惑いが生まれたことは間違いない。これは『008』『ネコジャラ市』の不振を払拭するための路線変更と受け取られがちなのだが、NHKの人形劇を俯瞰する限りは(『008』も含め)予定されていたローテーションだったように思う。
 SFに路線を変更して失敗、元に戻したが人気の回復は見られず、そこで新機軸を投入――という構図は判り易いのだが、『008』が不人気だったという記憶は筆者にはない。これは当時人気を博していた海外の人形劇『サンダーバード』を意識した路線変更という説もあるようだが、帯枠となる前の『チロリン村』の前番組は『008』と同じ竹田人形座による星新一原作のSF『宇宙船シリカ』であり、別枠でもやはり竹田人形座による手塚治虫原作の『銀河少年隊』が放映されていたことを鑑みると、人形劇が夕方の帯枠に統一されたための登板であり、路線変更とはいえないように思う(『チロリン村』にしても『ひょうたん島』にしても外圧による打ち切り説が根強いのだが、そうした事実があったのだとしても、人形劇の場合は準備に時間が掛かるため急なスイッチは難しい。

書籍

『新八犬伝 結』

石山 透

定価 778円(本体720円+税)

ネット書店で購入する