画像
 漁師町生まれの西原さんが初めて触ったお金には、魚の鱗や血が付いていたそうだ。魚の匂いを漂わせ町を巡るお金。私にとってそれは、緑青と金属の粉とコーキング剤が付着した硬貨。父は板金業だ。お金の匂い=生活の匂いだと西原さんは言う。
 お金に纏わる驚きのエピソードとからっとした笑いの連続、そして時にしんみりとした。私自身、確定申告を自ら全て行い月毎の予算立て等、無頓着ではない方と思う。それでもトラブルに巻き込まれた際、いざお金について勉強し直そうと思っても、こういう率直な話は、どこにも書いていなかった。お金は数字でありながら、感情を、人生を振り回す。
 読後はチェックの付箋だらけとなった本作で、私が一番没頭したのは4章「自分探しの迷路は、『カネ』という視点を持てば、ぶっちぎれる。」だ。
 経験者の素直な感情が込められた明るく真摯な激励。自分個人の人生へ船出する二十代の方々に、特に読んでみてほしい。

西原理恵子『この世でいちばん大事な「カネ」の話』"

関連記事

西原理恵子『この世でいちばん大事な「カネ」の話』

書籍

『この世でいちばん大事な「カネ」の話』

西原 理恵子

定価 596円(本体552円+税)

発売日:2011年06月23日

ネット書店で購入する

    書籍

    『女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと』

    西原 理恵子

    定価 1188円(本体1100円+税)

    発売日:2017年6月2日

    ネット書店で購入する