menu
menu

ニュース

『どっちが強い!?』から、新シリーズ『のびーる国語』が登場!笑って読んでいるうちに語彙が増えていく!

国語力アップに最適な『のびーる国語』シリーズ3冊同時刊行しました。

累計120万部突破の『どっちが強い!?』から、新シリーズ『のびーる国語』が登場!
暗記するのではなく、おもしろいまんがを何度もくり返し読んでいるうちに、しっかりと「ことわざ・慣用句・四字熟語」の意味や使い方がインプットできます。
国語に苦手意識のある子どもたちにピッタリの、国語学習まんがの新定番です!

▼『ことわざ』432語、『慣用句』485語、『四字熟語』435語。類書最多の収録語数!

類書最多の語数を収録している『のびーる国語』は、小学生のうちに覚えておきたい「ことわざ・慣用句・四字熟語」を、『どっちが強い⁉』のジェイクたちが活躍するショートまんがと4コマまんがで、無理なく学ぶことができます。

▼意味や使い方を、爆笑4コマまんがでじっくりと学べる!

ただひたすら暗記するだけの勉強方法では、なかなか長続きしません。おもしろい4コマまんがや、楽しい例文を読んでいるうちに、使い方や言葉の成り立ちも自分のものにしていくことができます。自分で理解して覚えていると、日常の会話や作文で、実際に使ってみようとする動機につながります。

おかし泥棒をさがしながら、「ことわざ」を覚えたり……。

料理対決しながら「慣用句」も分かります。

漢字だらけで難しそうな「四字熟語」も4コマまんがならラクラク♪

▼子どもたちをあきさせない、楽しい読み物も充実!

テーマ別の見開きのイラストを使用した読み物ページでは、「どういうときに使うのか」「どういう状況を表すのか」が、一目で分かります。またことわざバトルなど、遊び要素のある読み物も充実しています。

▼創刊キャンペーンも実施中!

抽選で3000円分の図書カードNEXTが当たる!「どっちものびーる!キャンペーン」も実施中です。
くわしくは公式ホームページをご覧ください。

●監修:細川太輔(東京学芸大学准教授)
1978年東京都生まれ。東京学芸大学准教授。東京大学教育学部卒、東京学芸大学連合大学院修了。教育学博士。私立小学校教諭、東京学芸大学附属小金井小学校教諭、東京学芸大学講師を経て、現職。NHK「ことばドリル」番組委員。主な著書に『小学校国語科学び合いの授業で使える! 「思考の可視化ツール」』(編著、明治図書)などがある。

●書誌情報
仕様:四六判ソフトカバー/各巻224ページ(4C/2C)
定価:本体各850円(+税)
対象年齢:小学中級~
書誌ページ:
 【角川まんが学習シリーズ のびーる国語 ことわざ】
 https://mangagakushu.kadokawa.co.jp/product/kokugo/321802000759.html
 【角川まんが学習シリーズ のびーる国語 慣用句】
 https://mangagakushu.kadokawa.co.jp/product/kokugo/321802000758.html
 【角川まんが学習シリーズ のびーる国語 四字熟語】
 https://mangagakushu.kadokawa.co.jp/product/kokugo/321802000757.html

公式サイト:https://mangagakushu.kadokawa.co.jp/kokugo/


カドブンノベル

最新号 2019年10月号

9月9日 配信

ランキング

アクセスランキング

新着コンテンツ

TOP