menu
menu

ニュース

KADOKAWA文芸編集部の8月の新刊お披露目!直木賞作家・木内昇が描く笑いと涙の家族小説『かたばみ』(木内昇)、『爆弾』『スワン』の気鋭が放つ超弩級のミステリ短編集『素敵な圧迫』(呉勝浩)のほか、読み逃せない全8作品!

KADOKAWA文芸編集部の8月の新刊!

KADOKAWA文芸編集部がお届けする8月の文芸単行本新刊が揃いました。

▼最新情報はこちらから!
KADOKAWA文芸編集部X(旧Twitter)アカウント @kadokawashoseki

辻寛之『終末のアリア』(8月1日)



新時代のテロと、「神」に護られた容疑者。本当の敵は、どこにいる――?

2021年9月11日午前8時46分、国会議事堂に無人偵察機が墜落・炎上した。
同時多発テロから20年後のこの日、誰が何を目的にテロを起こしたのか? そしてなぜターゲットは日本なのか――。
奇しくも同じ日、アメリカが国際指名手配するイスラム過激派テロリスト・赤星瑛一が警視庁に出頭していた。このままではCIAに暗殺される、身の潔白を証明させてほしいと保護を求めてきたのだ。
警察はテロ犯の疑いをもって赤星の身柄を拘束するも、その後に次々とサイバーテロが発生、取調室の赤星は「神の裁き」だと繰り返すばかりで犯人像はまったく掴めない。
首相官邸、防衛省、警察庁は一枚岩になりきれず右往左往、具体的な対策を打ち出せないでいるうちに、東京の電力供給がストップし、国民生活にも被害が及び始める。
大混乱の最中、追い打ちをかけるように北朝鮮のミサイル発射を知らせる警報が鳴る・・・・・・。
突如訪れた国家と世界の危機に、「平和の国」日本はどう立ち向かうのか。

詳細はこちら ⇒ https://www.kadokawa.co.jp/product/322008000198/
書評はこちら ⇒ https://kadobun.jp/reviews/review/entry-73284.html
インタビューはこちら ⇒ https://kadobun.jp/feature/interview/entry-73927.html

東亮太『夜行奇談』(8月2日発売)



得体の知れぬ51の怪異譚。妖しむも良し、“解く”も良し――。

怪談実話×妖怪画――かつてない融合で生まれた、二度読み必至のシン・百鬼夜行!

新婚夫婦が引っ越したマンションに、持ち主不明のライターが転がっていた。翌日も、色違いのライターが落ちている。夜中、異音に気づいた夫婦が見たものとは?(「ライター」)
犬が引きずる白いモノ。沼に誘われる少年。頬かむりで踊る白い集団。ロッカーに貼られた女のシール。紅蓮のハト。屋根裏のドールハウス。欠けてゆく地蔵――。
怪しい出来事に遭遇すると、昔から人は「解釈」を試みてきた。幽霊・狐狸・妖怪を想像して「正体」にしようとした。「解釈」や「正体」をすべて削ぎ落して生まれたものが「怪談」なら、そこに「得体」を添えると……。
著者が何年もかけて蒐集した「得体の知れない話」と「得体」を収録。

すべてのお化け好きに贈る、企みに満ちた実話系怪談集。

詳細はこちら ⇒ https://www.kadokawa.co.jp/product/322302001499/
インタビューはこちら ⇒ https://kadobun.jp/feature/readings/entry-73930.html

木内昇『かたばみ』(8月4日発売)



2023年、必読の家族小説

「家族に挫折したら、どうすればいいんですか?」
太平洋戦争直前、故郷の岐阜から上京し、日本女子体育専門学校で槍投げ選手として活躍していた山岡悌子は、肩を壊したのをきっかけに引退し、国民学校の代用教員となった。西東京の小金井で教師生活を始めた悌子は、幼馴染みで早稲田大学野球部のエース神代清一と結婚するつもりでいたが、恋に破れ、下宿先の家族に見守られながら生徒と向き合っていく。やがて、女性の生き方もままならない戦後の混乱と高度成長期の中、よんどころない事情で家族を持った悌子の行く末は……。

新聞連載時から大反響! 感動という言葉では足りない、2023年を代表する傑作の誕生


「気がつくと頭の中で物語が映像化されている。登場人物たちと共に生活を営んでいるように思えてくる。見事な描写力である。「血縁が家族を作るのではない。人間は善なのだ」……作者のそんなつぶやきが聞こえてきそうな、心温まる傑作」 ――作家・小池真理子

詳細はこちら ⇒ https://www.kadokawa.co.jp/product/322110000639/
書評はこちら ⇒ https://kadobun.jp/reviews/review/entry-73085.html

大沢在昌『熱風団地』(8月29日発売)



世界情勢を揺るがすVIPを捜索せよ!

フリーの観光ガイド佐抜克郎は、外務省関係者から東南アジアの某国の重要人物を捜してほしいと依頼を受ける。その人物は軍事クーデターにより日本に逃れてきていたのだが、現在居場所が分からないそうなのだ。佐抜はあがり症だが、現地語を話せるという特技があった。相棒として紹介された元女子プロレスラーのヒナとともに、佐抜は彼の行方を求めて多国籍の外国人が暮らす「アジア団地」に足を踏み入れる。某国の民主化を警戒する外国勢力や日和見を決め込む外務省に翻弄されながらも、佐抜はやがて大きな決断の舞台に近づいてゆく。

詳細はこちら ⇒ https://www.kadokawa.co.jp/product/322305000749/
大沢在昌「相棒小説」5選はこちら ⇒ https://kadobun.jp/feature/readings/entry-74943.html

北原里英『おかえり、めだか荘』(8月30日発売)



女優・北原里英の初小説! 30歳目前、夢や友情にもがくルームシェア物語

「めだか荘」でルームシェアをするアラサー女性4人。
恋愛願望が強すぎて上手くいかない遥香、あと少し売れたくて「脱ぐ」か悩む女優の那智、
プロポーズされるも仕事を頑張りたいからと結婚に踏み切れない楓、父親や弟との関係にもどかしさを抱える柚子。
性格や職業がバラバラな4人でも楽しく過ごしていたが、
リニア開通に伴う都市再開発のため、8ヶ月後に退去するよう連絡が来て……。

――私の人生、これでいいのかな?


●著者コメント
子どもの頃から、物語を想像したり妄想したりすることが好きでした。
文章を書くことも好きだったので、作家になりたいな、なんて思っていた時期もありました。
ですがいざ書き始めても、物語を完結させることができない。読書感想文で褒められることもない。
いつのまにかそんな夢を持っていたことも忘れて、わたしはアイドルになり、いまは結婚もいたしました。
そんなわたしの元に突然現れた小説家デビューのお話。
KADOKAWAさんに助けていただきながら、人生で初めて物語を完結させることができました。
特別に教養があったり、詩的センスがピカイチではないわたしに何が書けるだろう、と不安でしたが、
これまで経験してきたことを武器に、そして今のわたしにしか書けないものになったかなと思います。
人生何があるかわかりません。何年越しに忘れられていた小学生の時の夢が叶ってとても嬉しいです。
たくさんの方に手に取っていただけますように。

詳細はこちら ⇒ https://www.kadokawa.co.jp/product/322111000525/
特設サイトはこちら ⇒ https://kadobun.jp/special/kitahara-rie/okaerimedakasou/

呉勝浩『素敵な圧迫』(8月30日発売)



『爆弾』『スワン』の気鋭が放つ、超弩級のミステリ短編集

「ぴったりくる隙間」を追い求める広美は、ひとりの男に目を奪われた。あの男に抱きしめられたなら、どんなに気持ちいいだろう。広美の執着は加速し、男の人生を蝕んでいく――(「素敵な圧迫」)。

交番巡査のモルオは落書き事件の対応に迫られていた。誰が何の目的で、商店街のあちこちに「V」の文字を残したのか。落書きをきっかけに、コロナで閉塞した町の人々が熱に浮かされはじめる――(「Vに捧げる行進」)。

ほか全6編を収録。
物語に翻弄される快感。胸を貫くカタルシス。
文学性を併せ持つ、珠玉のミステリ短編集。

詳細はこちら ⇒ https://www.kadokawa.co.jp/product/322303000843/
試し読みはこちら ⇒ https://kadobun.jp/trial/lovelypressure/entry-74635.html

染井為人『黒い糸』(8月30日発売)



横溝賞出身、『悪い夏』の著者による初のホラーサスペンス

千葉県松戸市の結婚相談所でアドバイザーとして働くシングルマザーの平山亜紀は、仕事で顧客とトラブルを起こして以降、無言電話などの嫌がらせに苦しめられている。
亜紀の息子・小太郎が通う旭ヶ丘小学校の6年2組でも、クラスメイトの女児が失踪するという事件が起きていた。
事件後に休職してしまった担任に替わり、小太郎のクラスの担任を引き継いだ長谷川祐介は、クラス委員長の倉持莉世から、クラスの転入生の母親が犯人だという推理を聞かされて戸惑うが、今度はその莉世が何者かに襲われ意識不明の重体となってしまう。
特定のクラスの周辺で立て続けにおきる事件の犯人は同一なのか、またその目的とは。

詳細はこちら ⇒ https://www.kadokawa.co.jp/product/322304001094/
試し読みはこちら ⇒ https://kadobun.jp/trial/kuroiito/entry-74225.html
染井為人の全作品はこちら ⇒ https://kadobun.jp/feature/readings/entry-74494.html
インタビューはこちら ⇒ https://kadobun.jp/feature/interview/entry-74941.html

樋口毅宏『無法の世界 Dear Mom, Fuck You』(8月31日発売)



『民宿雪国』の興奮再び。一気読み必至のサバイバルエンターテインメント。

「東京を出よう」

世界的な群発火災、異常乾燥と未知のウイルスにより、経済は完全に停止し、無秩序な世界が到来した日本。

略奪が常態化した都会に身の危険を感じた同性カップルの久佐葉イツキと葉子は、息子の貴一とともにショットガンを携え東北の「恵田町」を目指す。

死と裏切りが隣り合わせの旅路の果てに、イツキと葉子が見たものとは……?

詳細はこちら ⇒ https://www.kadokawa.co.jp/product/322111000532/


紹介した書籍

関連書籍

MAGAZINES

小説 野性時代

最新号
2024年3月号

2月25日 発売

ダ・ヴィンチ

最新号
2024年3月号

2月6日 発売

怪と幽

最新号
Vol.015

12月22日 発売

ランキング

アクセスランキング

新着コンテンツ

TOP