menu
menu

試し読み

『爆弾』『スワン』の気鋭・呉勝浩が放つ超弩級のミステリ短編集。表題作を全文公開!【『素敵な圧迫』試し読み#1】

『爆弾』『スワン』の気鋭が放つ超弩級のミステリ短編集
呉勝浩『素敵な圧迫』

――天秤の片方に、人生の破滅がのっている。

『爆弾』『スワン』でミステリ界に衝撃を与えた呉勝浩さんの新作は、珠玉のミステリ短編集『素敵な圧迫』(2023年8月30日刊行予定)。刊行を記念し、表題作「素敵な圧迫」を特別公開します。物語に翻弄される快感と、胸を貫くカタルシスをご堪能ください。



呉勝浩『素敵な圧迫』試し読み#1



 いいすきを見つけると、胸がおどった。
 まだ小学生になるかならないかのころ、押入れの隅っこに身体からだを滑り込ませたことがある。冷えた木の壁に鼻先がくっついて、布団の弾力に背中を押された。ふすまを閉じると暗闇が、そして静けさがおとずれた。
 ほうように似た、素敵な圧迫。以来、押入れの隙間に寝転ぶのが、ちようひろひそかなたのしみとなった。
 成長するにつれ、身体が隙間を追い抜いた。押入れの圧迫はたんなるきゆうくつになり下がり、それはまったく、広美を満足させなかった。たんの引き出しは狭すぎたし、浴槽は広すぎた。誕生日に「ぴったりくる隙間がほしい」とねだったが、まゆをひそめた両親は真面目に取り合ってくれなかった。それどころか隙間にはまる習性を𠮟しかられた。
 どうやら世の中に、寝転べる隙間は多くない。隙間に寝転ぶこと自体、一般的ではないらしい。このさい寝転べずともよかったが、そういう問題でもないようだった。
 通学路の排水溝、バスの長椅子の床。よさげな空間を目にするたび、その圧迫を想像し、むらむらするのを我慢した。教室の後ろに置かれた掃除用具入れ。いじめられっ子でなくちゃ閉じ込めてもらえないじんみした。
 仕方なく、勉強に励んだ。上京を認めさせるため、大学のブランド力を利用した。念願の一人暮らし。このワンルームに、どんな隙間をこしらえようか。つないだネットでかんおけのつくり方を印刷し、材料を求めホームセンターへ。しかしすぐ、まずいと気づいた。世話焼きの母親が来たときに、棺桶の言い訳は難しい。下手をして、病院につれていかれたらたまらない。
 結局、冷蔵庫に行き着いた。トレイを抜き取った冷蔵室は、ひざを抱えた広美をすっぽりとおさめてくれた。扉を閉めても、ぎりぎり痛くない範囲。寝転ぶことはできないが、ほどよい圧迫。ああ、気持ちいい──。
 身体が、大きく跳ねた。
『自由をこの手に取り戻しましょう!』
 若い男性のたけびが遠くから響いてくる。ラジオか何かの音らしい。
『この息苦しい社会の、腐った大人の、権力者たちの、好き勝手はもうたくさんだ!』
 みんなで声をあげようぜ──絶叫が途切れ、いかにも機械的なアナウンサーの声が、国会がどうしたとかデモ隊の人数だとか強行採決の時期なんかを伝え、それがブチッと演歌に替わった。つづいてにこやかなトーク番組に、CMに、ダンスポップへと細切れに移り、そして消えた。
 もうろうとしていた意識が、現実に戻ってくる。
 がくがくと、揺れは小刻みにつづいた。舗装道路じゃないようだと、ぼんやり思う。
 手足を動かそうとしてみたが、上手うまくいかない。後ろに組まれた両手首、むき出しの両足首、どちらもきつくひもで結ばれている。口にはガムテープだ。視界に光は見当たらない。
 また、大きく揺れた。身体が前後にふられた。膝小僧がぶつかった。次いで後頭部に痛みが走った。ぶるるるるんと、エンジンの音だけが響いている。
 せわしなく騒がしい、なんて中途半端な隙間だろう。乱暴で息苦しい、なんといたわりのない圧迫か。
 うんざりしつつ、広美は状況を整理する。
 ここは車のトランクの中。行き先は山の奥。たぶん、ダム。

(つづく)

作品紹介



素敵な圧迫
著者 呉 勝浩
発売日:2023年08月30日

『爆弾』『スワン』の気鋭が放つ、超弩級のミステリ短編集
「ぴったりくる隙間」を追い求める広美は、ひとりの男に目を奪われた。あの男に抱きしめられたなら、どんなに気持ちいいだろう。広美の執着は加速し、男の人生を蝕んでいく――(「素敵な圧迫」)。

交番巡査のモルオは落書き事件の対応に迫られていた。誰が何の目的で、商店街のあちこちに「V」の文字を残したのか。落書きをきっかけに、コロナで閉塞した町の人々が熱に浮かされはじめる――(「Vに捧げる行進」)。

ほか全6編を収録。
物語に翻弄される快感。胸を貫くカタルシス。
文学性を併せ持つ、珠玉のミステリ短編集。

詳細ページ:https://www.kadokawa.co.jp/product/322303000843/
amazonページはこちら


紹介した書籍

関連書籍

MAGAZINES

小説 野性時代

最新号
2023年9月号

8月25日 発売

ダ・ヴィンチ

最新号
2023年10月号

9月6日 発売

怪と幽

最新号
Vol.014

8月31日 発売

ランキング

書籍週間ランキング

1

虚空教典

著者 剣持刀也

2

この夏の星を見る

著者 辻村深月

3

気になってる人が男じゃなかった VOL.1

著者 新井すみこ

4

たゆたう 特装版

著者 長濱ねる

5

青瓜不動 三島屋変調百物語九之続

著者 宮部みゆき

6

不器用で

著者 ニシダ

2023年9月10日 - 2023年9月17日 紀伊國屋書店調べ

もっとみる

アクセスランキング

新着コンテンツ

TOP