menu
menu

試し読み

【シリーズ完結!】希代の名怪盗はここから始まった――! 『怪盗探偵山猫 深紅の虎』刊行記念『怪盗探偵山猫』試し読み#1

さらば、山猫――!?
最強の敵が現代の義賊に襲いかかる。累計90万部の話題シリーズ、堂々完結!

ドラマ化もされ、話題になった「怪盗探偵山猫」シリーズ完結巻、
『怪盗探偵山猫 深紅の虎』がいよいよ刊行。
シリーズ完結を記念し、カドブンでは、シリーズ1冊目の『怪盗探偵山猫』
試し読みを公開します。
希代の名盗賊の活躍をぜひお楽しみください。

主な登場人物

勝村英男……雑誌記者
霧島さくら……刑事
森田……刑事課長
関本……警部補
今井洋介……元雑誌編集長

Previous night
前夜 闇夜の猫

 男は、ビルの屋上に立ち、頭上であやしげに光る月を見ていた。
 黒いニット地の覆面をつけていて、その顔をうかがい知ることはできない。
「時間だ」
 男は、ポケットから板チョコを取り出し、一口かじると、つぶやくように言った。
 担いでいたリュックから、ショットガンに似た形状をした、救命索発射銃を取りだす。
 空気圧により、離れた場所にワイヤーなどを射出するための銃で、災害救助などで使用されている。
 男は、脇を締めるようにして救命索発射銃を構える。
 狙うは、隣のビルにある給水塔のパイプ。
 距離は、直線で三十メートル。隣にあるビルの方が、一階分低い位置にある。
 男が引き金を引くのと同時に、ボンと鈍い音がして、ワイヤーの付いたかぎが真っ直ぐ飛んでいき、狙い通りパイプに巻き付いた。
「ビンゴ」
 男は、笑みを浮かべながら言うと、ワイヤーの端を配電ボックスの留め金に固定する。
 これで、ビルの間をワイヤーでつなぐことができた。
 男は、リュックの中から滑車を取り出し、それをワイヤーに引っかける。
「では、行くとしますか」
 男は、滑車を強くつかみ、屋上のへりから地面を見下ろす。
 五十メートル以上の高さがある。落ちれば、死は免れない。だが、男は何のちゆうちよもなく滑車を摑んでビルから飛び出した。
 ワイヤーを走る滑車に運ばれ、男は瞬く間に隣のビルの屋上に到着した。
「楽勝」
 男は、得意げに微笑む。
 今、男がいるビルは、万全のセキュリティーを売りにしている。
 事実、入り口には、カードリーダーと静脈認証によるセキュリティーゲートがあり、入退出の履歴は、全てデータ保存されている。
 強引にこじ開ければ、たちどころに警備員が駆けつける。
 だが、それは地上からの侵入者に対してだけだ。
 入り口に万全を期すあまり、侵入できるはずがないという慢心が生まれている。
 そこが、セキュリティーの穴になる。
 男は、リュックから電動式のドライバーを出し、エレベーターシャフトへと通じるパネルを取り外す作業に取りかかる。
 素早い手つきで、パネルを外し、ペンライトをくわえたままエレベーターシャフトの中に侵入する。
 エレベーターシャフトに、警備システムが無いことを、男は知っていた。
 これも、慢心から生まれるセキュリティーの穴──。
 男は、リュックからロープを取り出し、その端をポールに結びつけ、もう片方を身体に装着したハーネスに取り付ける。
「よし」
 そのまま、クライミングの要領で、するするとエレベーターシャフトを降りていく。
 男は、十メートルほど下降したところで、動きを止め、シャフトの壁面を注意深く観察する。
「あった……」
 上の階と下の階の扉の間に、配管用に作られた高さ五十センチほどの隙間がある。一般家庭でいうところの、天井裏にあたる。
 男は、その隙間に身体を滑り込ませると、ロープを外した。
 エレベーターの扉の前には、赤外線の防犯装置が待ち構えている。かつに開ければ、それでアウトだ。
 だが、配管用のスペースには、防犯装置は存在しない。
 ビルの図面は、全て頭の中に入っている。ペンライトをくわえたまま、うようにして配管用のスペースを進む。
 五分ほど進んだところで、点検用に設けられたパネルを発見した。
 息を殺し、慎重にそのパネルを外す。
 男は、眼下に目的の場所があることを確認し、目を輝かせた。
 ここは社長室の真上だ。三百坪ほどの広さがある事務所の一角をパーティションで区切って個室にしてある。
 天井に、半球の物体が取り付けてあるのが見えた。
 赤外線感知センサーだ。
 目に見えない赤外線を照射して、動く物体を感知すると、警備に通報する仕組みになっている。
 一見、万全に思えるこの装置には穴がある。それは、部屋全体を網羅しているわけではないということだ。
 たいてい、ある一方向に向かって赤外線が照射されている。
 この部屋の場合は、事務所スペースへと通じるドアだ。
 装置より後方にいれば、感知されることはない。
 それと、もう一つ。このセンサー自体に警報装置がないということだ。
 男は社長のデスクの上に降り立つと、ドライバーを取り出し、センサーのカバーを外す。むき出しになった機器から伸びる一本のコードを切断した。
 これで、ただのガラクタ。
 男は、部屋の隅に置かれた金庫の前に歩み寄った。
「あとは、頂くだけだ」
 男が、うっすらと笑みを浮かべた──。


紹介した書籍

関連書籍

カドブンノベル

最新号 2019年11月号

10月10日 配信

ランキング

書籍週間ランキング

1

明日の僕に風が吹く

著者 : 乾 ルカ

2

トリガー 上

著者 : 真山 仁

3

ドラフト最下位

著者 : 村瀬 秀信

4

逃亡小説集

著者 : 吉田 修一

5

私のことが好きじゃないとかセンスないよね

著者 : あたりめ

6

キミのお金はどこに消えるのか 令和サバイバル編

著者 : 井上 純一

10/7~ 10/13 紀伊國屋書店調べ

もっとみる

アクセスランキング

新着コンテンツ

TOP