menu
menu

試し読み

超大物の遺言執行者に指名されてしまった小夜子を屋敷で待ち受けていたものとは?『天才弁護士の孫娘 比良坂小夜子と御子神家の一族』試し読み#2

2022年6月10日発売、注目のユーモア&リーガルミステリ『天才弁護士の孫娘 比良坂小夜子と御子神家の一族』

若手弁護士・比良坂小夜子の祖母は、「伝説」「神」と語り継がれる偉大すぎる弁護士。でも孫の小夜子は、いたって地味で平凡(むしろ自他共に認めるポンコツ?)という真逆っぷりで、先輩弁護士の葛城一馬に叱られたり呆れられたりするばかり。なのに、祖母の伝手で大実業家の遺言執行の依頼が舞い込んできてしまう。及び腰で屋敷に向かう小夜子を待っていたのは、癖の強い一族の面々。さらに殺人事件まで発生してしまい――!?
天才弁護士の孫娘は、果たして遺言状の謎と事件の真相にたどりつけるのか。
コミカルでスリリングなイチオシ新作『天才弁護士の孫娘 比良坂小夜子と御子神家の一族』、特別試し読みをお送りします!



『天才弁護士の孫娘 比良坂小夜子と御子神家の一族』試し読み#2

 数日後。小夜子は遺言執行の任務を果たすべく、愛車に乗って御子神邸へと赴いた。と言っても一人ではなく、補佐役の葛城一馬も一緒である。
 三つ年上の葛城一馬は坂上事務所のエース的な存在で、能力的には所長をしのぐと言われるほどだ。本来なら小夜子の補佐などやるべき人間ではないのだが、小夜子のあまりに不安そうな様子を見るに見かねた坂上が「それなら葛城くんを補佐につけようか」と提案してくれたので、一も二もなく飛びついた結果の同行である。
 当然のことながら葛城は不機嫌極まりなかったが、小夜子はそ知らぬ顔でひたすら運転に注力した。
 むろん小夜子としても、葛城に迷惑をかけるのは本意ではない。できることなら誰にも迷惑をかけることなく、この世の片隅でひっそりと生きていきたいというのが比良坂小夜子の理想である。
 しかし自分のようなポンコツがこの業界でやっていく以上は、誰かに迷惑をかけざるを得ない。そして誰にかけるべきかといえば、何も知らない顧客よりは、事務所の先輩である葛城の方がまだしも「まし」ではなかろうか。
 ──などと口にしたら葛城を激高させるは必定なので、小夜子は無言のままひたすら車を走らせた。
 信号待ちでバックミラーをちらりと見やれば、葛城の端整な顔が目に映る。つややかな黒髪に涼し気な目元。すっと通った鼻筋。けんにしわを寄せていても、実に絵になる男前だ。法曹目線で評価するなら、「裁判員裁判のときに有利だね!」と太鼓判を押されるタイプの顔立ちである。
 小夜子自身、葛城と別の形で出会っていたら、恋のひとつもしたかもしれない。まあしたところで成就するとは思えないので、何の意味もない仮定だが。
 小夜子が益体もない考えにふけっていると、ふいに葛城が口を開いた。
「お前さぁ、遺言執行って別に初めてじゃないだろ」
「はい。今までに二回ほど」
「じゃあなんで今回そこまでびびってるんだよ」
「だって遺産の額がけた違いじゃないですか」
 帰宅してから公開情報をあさったところ、ミコガミとは国内有数の刃物メーカーで、年間数十億の売り上げがある。なおかつ非上場で、株式の大半は故人が所有していたともなれば、すなわち──お分かりいただけただろうか?
「その遺産となれば、一億や二億じゃききませんよ? しかも息子が三人も! これはもういぬがみ家ばりの泥沼になる奴じゃないですか。名前もなんか似てますし!」
 亡くなった御子神季一郎には、夏彦、あきとうという三人の息子がいるという。妻のはるも存命なので、法定相続の通りなら、原則として遺産の半分は晴絵にいき、残りの半分を三人の息子で均等に分け合うことになる。しかしわざわざ遺言を作るからには、そこに修正を加えるということだろう。
「なにを大げさなことを。そりゃ多少の不平不満は出るかもしれんが、そんなもん法に従って淡々と処理すればいいだけの話だろ」
「そうなんですけど、不安なんですよ。もしなにかやらかしたらと思うと、さすがに規模が大きすぎて……とにかく最初だけ、最初だけついて来ていただければ!」
「最初だけだからな」
 葛城はため息をつくと、ふいにげんそうな顔つきで言った。
「つーかさ、お前ってなんでそんなに庶民臭いの?」
「は?」
 質問の意味が分からずに、小夜子は間抜けな声を発した。
「お前ってあの比良坂貴夜子の孫なんだろ?」
「はい、一応」
「ならお前自身も結構な資産家なんじゃねーの?」
「祖母の遺産のことをおっしゃっているなら、四十坪弱の古い家が一軒と、この車があったきりですよ。現金はほとんどありませんでした」
「なんでまた」
「謎ですね。孫の私にも全く見当がつきません」
 比良坂貴夜子弁護士が生前手にしたはずのばくだいな成功報酬は、一体どこに消えたのか。
 匿名でどこぞに寄付したのか。ギャンブルにでもつぎ込んだのか。あるいは一部で噂されているように、証人を買収するための費用に全て消えたのか。
 そのいずれもあり得るようで、またいずれもあり得ないようにも思われた。
 最後の買収の噂については、孫娘として「おばあちゃんはそんな人じゃありません!」と反論すべきところだが、実際問題、貴夜子がどんな人間だったのか、小夜子にもよく分からない。
 ただ覚えているのは、いつも教え導いてくれた優しい声。優しいまなし。

 ──ほらほら駄目じゃない小夜子ちゃん。
 ──ね? これはこうするものなのよ。
 ──あらまあ小夜子ちゃん、それじゃみんなに笑われてしまうわよ?
 ──ほらね、おばあちゃんの言った通りでしょう?

 小夜子自身の判断や希望はことごとく祖母に修正された。祖母の言葉はいつも説得力があり、その判断は常に正しかった。祖母に従ってさえいれば、なにも心配いらないと思っていた。
 しかし永遠に存在するかと思われた祖母は、小夜子の大学卒業前に突然の事故で命を落とした。そして小夜子は指針を失い、ずっと不安を抱えて迷走している。

第二章 御子神家の人々

 到着した御子神邸は予想にたがわぬ豪邸で、小夜子をして「葛城さんについて来てもらって良かった!」と思わせるに十分なものだった。
 どこまでも続くついべいに堂々としたかぶもん。そして美しくせんていされた五葉松。本館は建て増しに建て増しを重ねたらしく、中は迷路のように入り組んでいる。執事の案内で長い廊下を通って奥まった部屋に入ると、待っていたのは五十代くらいの男女と、まだ十代とおぼしき青年だった。
「どうも、遠いところをおいでいただいてありがとうございます。私がご連絡差し上げた御子神夏彦です」
 男性はそう名乗ると、傍らの二人を「妻のたかと息子のなつです」と紹介した。
 御子神夏彦はひょろりとした体つきの小柄な男性で、顔立ちは悪くないものの、どことなく「とっつぁんぼうや」という印象を受ける。御子神グループの跡取りと目されているそうだが、あまりそういった威厳は感じられない。
 一方、妻の尊子は派手な目鼻立ちのグラマラスな女性で、若いころはさぞかし華やかなぼうを誇っていたに相違なく、今でも十分に見栄えがする。その立ち振る舞いは堂々としてかんろくがあり、むしろこちらが跡取りと言われた方がよほどしっくりくるほどだ。
 そして息子の夏斗は丸まる太った青年で、「どうも」とぼそりと言ったきり、ひたすらスマホをいじっている。ここに同席している理由は全くもつて不明だが、信楽しがらき焼の狸だとでも思って放置するしかないだろう。
 互いに簡単なあいさつを済ませると、御子神夏彦は机上の封筒を小夜子に向けて差し出した。
「こちらが父の遺言書です」
 差し出された封筒を開けると、中には数枚の便せんが入っており、署名となついん、そして自分が死んだのちの財産の処理方法がぼつこん鮮やかに記されている。
 その内容に小夜子は思わず目をしばたいた。
(え、なにこれ……)
 いわく、全財産は季一郎の四十九日を過ぎた時点で長男の夏彦に贈る。ただしその時点で夏彦が死亡していた場合、あるいは相続資格を失っていた場合は、次男の秋良に贈る。夏彦、秋良が共に死亡していた場合、あるいは相続資格を失っていた場合は、三男の冬也に贈る。夏彦、秋良、冬也の三人がいずれも死亡していた場合、あるいは相続資格を失っていた場合は、長男の息子である夏斗に譲る。夏彦、秋良、冬也、夏斗の四人がいずれも死亡していた場合、あるいは相続資格を失っていた場合は、三男の娘であるふゆに譲る。
 ただし相続人が誰であっても、遺言内容を知ってから四十九日が明けるまでの間、この屋敷に住み続けることを条件とする。日中の外出は自由だが、日没から夜明けまでの間は必ず屋敷内に滞在すること。日没までに戻らなかった場合、また夜明け前に外出した場合は、理由は何であれ相続資格を失う。
 以上の条件を満たし相続人となった者は誰であっても、妻の晴絵が死亡するまでの間、その扶養をする義務を負うものとする。
 家庭裁判所への検認申し立てから実施までに一か月近くかかっているため、四十九日まであと二十一日。このままいけば全て夏彦が相続することになる。
 遺言による長男相続、それ自体は別に珍しい話ではない。
 問題は、そのあとだ。
「ええと、失礼ですが、夏彦さんたちにはなにか持病のようなものがおありなんでしょうか」
「いえ、特には」
 夏彦は渋い表情で返答した。
「ご質問の意味が四十九日までに私たちが死ぬ可能性があるかということなら、ほとんどないと申し上げるほかありません。それこそ事故に遭うか、誰かに殺されでもしない限り」
「そうですか……」
 それなのに、わざわざ息子たちが死ぬ場合を想定していることに、何とも言えない薄気味悪さを感じる。加えて日没から夜明けまで屋敷に滞在するという条件も、なんとはなしに不気味である。
 生前の季一郎のインタビュー記事によれば、長男と次男は東京でそれぞれの家を構えており、現在この屋敷に住んでいるのは晴絵夫人と三男一家だけのはずである。家を出た息子たちを呼び寄せて共同生活を送らせることに、なんの意味があるのだろう。
「まあまあ、そんなことどうでもいいじゃありませんの」
 はきはきした声で口をはさんだのは尊子である。
「お義父とう様の思惑をあれこれ考えたって、今さら分かりっこありませんわよ、ね? それよりこの遺言は、ちゃんと有効なんですの?」
「内容自体は有効です。形式も特に問題はないと思います」
「それじゃあと二十一日間この家に滞在すれば、財産は全て主人のものになるということでよろしいんですね?」
「いえ、全額かどうかはまだ分かりません。故人の奥様である晴絵さんと、次男の秋良さん、三男の冬也さんには遺留分がありますから」
 子供や配偶者といった特定の法定相続人は、遺言内容にかかわらず相続財産の一定割合を受け取る権利が認められており、これを遺留分という。
「だから晴絵さんたちが遺留分侵害額請求権を行使すれば、その分はそちらに行くことになります。つかぬことをうかがいますが、他の方々はこの遺言内容に同意していらっしゃるんですか?」
 小夜子の問いに、夏彦は「それが、母や弟たちはまだ遺言の内容を知らないんです」とどこか申し訳なさそうな顔つきで言った。
 なんでも季一郎氏の遺言書が書斎で発見された際、遺言が入った封筒は封をのり付けされた上で封印が押されていたらしい。法律上、封印された遺言の開封は検認の際に行う必要があることから、夏彦も含めた相続人一同はじりじりしながら当日を待ちわびていたのだが、よりによってその前日、次男の秋良は急性虫垂炎で入院する羽目になったという。晴絵も秋良に付き添ったため、二人は開封に立ち会えなかったとのこと。
「三男の冬也さんはどうなさったんですか?」
「それが……実をいうと、冬也は三年前から行方不明なんです」
「行方不明?」
「はい。三年前にふらりとしつそうして、それっきりです」
「それはなにかの事件に巻き込まれたということではないんですか?」
「いえ、本人の意思による失踪です。部屋には置き手紙がありましたし、荷物を持ち出した形跡もありましたから。手紙には思うところがあって家を出る、探さないで欲しいって、それだけです。仕事も全部放り出して、一体何を考えているんだか。冬也が持っている携帯に『遺産について話し合いたい』というメールを送ったんですが、いまだ返信はありません。父の危篤や葬儀のときにも送りましたけど結局帰ってこなかったので、今回もこのまま帰ってこないかもしれません」
「そうなんですか……」
「秋良の方は今日退院ですので、付き添いの母と一緒にじきにこちらへ戻ってきます。それで……できればその、遺言の内容について先生の方から二人に説明していただければと思いまして」
「相続人への説明は執行者の仕事のうちですから、もちろんそれは構いませんが」
「いやそれで、できればその──」
「まあ貴方あなたったら、はっきり申し上げないとだめでしょう?」
 尊子がにこやかに口をはさむと、小夜子たちの方に向き直った。
「先生方には秋良さんたちに内容を説明したうえで、遺留分を要求しないように説得して欲しいんですの」
「え、私がですか?」
「ええそうですとも。先生以外に誰がいらっしゃるんですの?」
 尊子はさもおかしそうに微笑んだ。
「遺言の内容をきちんと実現するのが遺言執行者のお仕事でしょう? 引き受けた以上はちゃんと仕事をしてくださらないと、ね? それじゃよろしくお願いしますね。比良坂先生?」
「いえ、あの、説得はちょっと、あまり自信が」
「申し訳ありませんが、説得は遺言執行者の業務の範囲外です」
 葛城は横からさわやかにそう告げると、ばっさりと話を打ち切った。

(つづく)

作品紹介・あらすじ



天才弁護士の孫娘 比良坂小夜子と御子神家の一族
著者 雨宮 周
定価: 682円(本体620円+税)
発売日:2022年06月10日

謎めいた遺言状が引き起こす殺人劇。その真相に、天才弁護士の孫が迫る!?
伝説の弁護士の孫は、まさかのポンコツ!?
なのに、いわくありげな一族の遺言執行をすることになって……!
ユーモアあふれるリーガルミステリ!

若手弁護士・比良坂小夜子ひらさかさよこの祖母は、勝率100%で法曹関係者から神と崇められている伝説の弁護士。
だが小夜子は、そんな祖母とは真反対。
気弱で流されやすく、いたって省エネなスタンスで、同じ事務所のエリート先輩弁護士・葛城一馬かつらぎかずまにいつも叱られたり、呆れられたりしている。

そんな折、小夜子は祖母がかつて弁護を担当した大実業家・御子神季一郎みこがみきいちろうの遺言執行者に指名される。
その遺言書はなぜか、相続をめぐって殺し合いが起きかねない不穏な内容で、一族の面々も癖の強い人物ばかり。

小夜子は及び腰ながらも職務を全うしようとするが、御子神邸で連続殺人が発生し、当事者として巻き込まれることに……。
天才弁護士の孫は、遺言状の謎と殺人事件の真相に迫ることができるのか!?
詳細:https://www.kadokawa.co.jp/product/322106000322/
amazonページはこちら






紹介した書籍

MAGAZINES

小説 野性時代

最新号
2022年7月号

6月25日 発売

ダ・ヴィンチ

最新号
2022年7月号

6月6日 発売

怪と幽

最新号
Vol.010

4月25日 発売

ランキング

書籍週間ランキング

1

炎上白書

著者 あやなん

2

メンタル強め美女白川さん

著者 獅子

3

メンタル強め美女白川さん3

著者 獅子

4

六人の嘘つきな大学生

著者 浅倉秋成

5

メンタル強め美女白川さん2

著者 獅子

6

USJを劇的に変えた、たった1つの考え方 成功を引き寄せるマーケティング入門

著者 森岡毅

2022年6月19日 - 6月26日 紀伊國屋書店調べ

もっとみる

アクセスランキング

新着コンテンツ

TOP