menu
menu

試し読み

【新連載試し読み】坂木司『ホテルジューシー2』

12月12日発売の「小説 野性時代」2018年1月号では、真山仁、坂木司の新連載がスタート!
カドブンではこの新連載の試し読みを公開いたします。
本日は坂木司『ホテルジューシー2』新連載第一回を公開いたします。

>>【新連載試し読み】真山仁『トリガー』

残念なパーマで、“ハーフ”の僕は、とっくに人生のてっぺんを越えてしまった。大学一年にして「余生」を生きているのだが……。

大好評を博した青春成長ミステリ、待望の第2弾、スタート!

 僕は余生を生きている。

 子供は、自分が生まれ育った環境を「普通」だと思って育つものだ。
 たとえばそこに仲の良い両親がいればそれを普通だと思い、暴力的な関係を見れば同じように思う。家が一軒家だとかマンションだとか、親と一緒の部屋で寝るとか寝ないとか、飲み物の基本がお茶なのか牛乳なのかとか、パターンは色々ある。
 でもそういう色々は、子供が家の外に出るとバレてしまう。
「ええ? お前ってまだ親と風呂入ってんの?」
「信じらんねえ。朝にラーメンって、最高だな」
「水、買わないんだ?」
 まあ、色々あるよね。いいことも悪いことも。
 バレるのは、大体小学校。六年間もあるし、行事とか学校公開とかで家の事情がバレまくる。そして絶対、それをネタに騒ぐ奴がいる。その流れが笑いに向かうかいじめに向かうかは、運とキャラ次第。
 もし君がラッキーなら、そういうはやし立てを許さないクラスメートや先生がいるだろう。そうでなくても、いじめに加わらない友達に恵まれていればなんとかなる。逆にアンラッキーなら、誰も守ってくれなかったり、気づかれなかったりするだろう。
 でも言われた方のキャラが強ければ、挽回はできる。気が強いとか面白いとか、一人でも自分の世界にいれば大丈夫とか。まあ、色々。
 そんな中で一番の悲劇は、アンラッキーで、かつ、人に恵まれず、キャラも性格も弱かった場合。
 僕はこれ。これの特盛り。
 まず、問答無用で太ってた。理由的にはこれだけでもいいくらい。
 ついでに色白。「白ブタ」確定。
 ついでに天然パーマ。どうやっても直らない寝癖みたいな髪型。つまり僕の見た目は、突っ込みを待ってるボケ芸人みたいだったってこと。
 そして当然のごとく運動が苦手。動けないブタだから、ただのブタ。
 勉強は、普通だったはず。でも気が弱くてぼんやりしてたから手を挙げられず、結果バカ認定されてた。
 ここまででもう、お腹いっぱい。なのに僕にはスペシャルトッピングがついていた。
 それは、家族。
 というか、遺伝子。

「おーいザンパ」
 そう呼ばれて、へらっとした笑顔で振り向く。笑いたい気持ちなんかこれっぽっちもないのに。
 だってそうしてないと、ひどい目にあうかもしれないから。
 ザンパ。そう呼ばれはじめたのはいつだったのか。たぶん小学校の低学年だと思うけど、一年生の頃のことなんてさすがに覚えてない。ただ、ずっと地元で公立の小学校に入った時点で、方向性は決まってたんだろうなと思う。
 あだ名の由来は二つ。
 一つめは、『残念なパーマ』。
 他にも『バクハツ』とか『しっパー』(失敗したパーマ)とかあったけど、最終的にこれに決まった。理由は、二つめとの兼ね合いだ。
 で、二つめ。『残念なハーフ』。
 これが最大にして最強の、僕のいじめられ原因。当たり前だけど、これっぽっちも僕のせいじゃないし、悪いことでもない。ついでに言うとハーフじゃなくてクオーター、それも多国籍ミックスだから間違ってもいる。
 なのに小学校と中学校、都合九年間、僕は「ザンパ」と呼ばれ続けた。

 
(このつづきは、「小説 野性時代」2018年1月号でお楽しみいただけます)
※掲載しているすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。


関連書籍

MAGAZINES

カドブンノベル

最新号
2020年12月号

11月10日 配信

怪と幽

最新号
Vol.005

8月31日 発売

小説 野性時代

最新号
2020年12月号

11月11日 発売

ランキング

書籍週間ランキング

1

生きる力 引き算の縁と足し算の縁

著者 笠井信輔

2

火曜ドラマ おカネの切れ目が恋のはじまり シナリオブック

脚本 大島里美

3

Another 2001

著者 綾辻行人

4

四畳半タイムマシンブルース

著者 森見登美彦 原案 上田誠

5

『魔女の宅急便』が生まれた魔法のくらし 角野栄子の毎日 いろいろ

著者 角野栄子

6

この本を盗む者は

著者 深緑野分

11/23~11/29 紀伊國屋書店調べ

もっとみる

アクセスランキング

新着コンテンツ

TOP