KADOKAWA Group
menu
menu

連載

~皆川博子幻の名作『ゆめこ縮緬』復刊に寄せて~ vol.4

【幻の作品が復活! 皆川博子『ゆめこ縮緬』復刊企画④】おすすめコメント・葉山響(ライター)

~皆川博子幻の名作『ゆめこ縮緬』復刊に寄せて~

皆川博子さんの短篇は「冒頭がすごい」「引き込まれる」と話題です。幻想・綺想をこよなく愛する7人の本読みの達人に、『ゆめこ縮緬』収録作の中で、書き出しが好きな作品を教えていただきました。
1篇にしぼるのはとても難しい! といううれしい悲鳴の中、皆さんが選んでくれた作品の試し読みをします。ぜひ皆川ワールドに触れてみてください。



推薦コメント

「桔梗闇」
地蔵が鳴くのである。泣くのではなく、喋るのでもなく。初っ端から意表を突かれているところに、「まあ、お聞きな」と言われてしまう。そうしたらもう、耳を傾けざるを得ないではないか。脱帽である。
――葉山 響(ライター)

試し読み

 み、みィと、地蔵が鳴いた。
 地蔵が鳴くものか、猫だろうって? まあ、お聞きな。
 あたり一面、芒(すすき)の原。
 おあつらえむきに、お月さまじゃないか。
 月の光がつくる影のせいさ、地蔵が薄く笑っているように見えるのは。
 一つだけなら、さほど目をひくこともない、身の丈五寸ほどの小さい地蔵だけれど、それが、芒のあいだに、百か、二百か。
 あちらで、みィ、こちらで、みィ。
 鳴きかわすのだよ。
 そう言って、桔梗(ききょう)はみィィと語尾をのばす。
「噓だい」
 六歳の周也は、身をこわばらせ、空元気をみせる。
「噓ばっかり言って」
「噓と思うなら、お思いよ」

このつづきは、千街晶之(書評家)さんのおすすめコメントと共に第2回でお読みいただけます!
ご購入はこちら▶皆川博子『ゆめこ縮緬』| KADOKAWA

▶【次回予告】ライター&書評家・朝宮運河さんイチオシの短篇は……?


紹介した書籍

関連書籍

MAGAZINES

小説 野性時代

最新号
2024年5月号

4月25日 発売

ダ・ヴィンチ

最新号
2024年6月号

5月7日 発売

怪と幽

最新号
Vol.016

4月23日 発売

ランキング

アクセスランキング

新着コンテンツ

TOP