KADOKAWA Group
menu
menu

連載

~皆川博子幻の名作『ゆめこ縮緬』復刊に寄せて~ vol.2

【入手困難、幻の作品が復活! 皆川博子『ゆめこ縮緬』復刊企画②】「桔梗闇」冒頭公開&おすすめコメント・千街晶之(書評家)

~皆川博子幻の名作『ゆめこ縮緬』復刊に寄せて~

皆川博子『ゆめこ縮緬』

皆川博子『ゆめこ縮緬』

皆川博子さんの短篇は「冒頭がすごい」「引き込まれる」と話題です。幻想・綺想をこよなく愛する7人の本読みの達人に、『ゆめこ縮緬』収録作の中で、書き出しが好きな作品を教えていただきました。
1篇にしぼるのはとても難しい! といううれしい悲鳴の中、皆さんが選んでくれた作品の試し読みをします。ぜひ皆川ワールドに触れてみてください。


コメント


最初の一行から結末に至るまで、真似しようのない奇想に溢れた一篇。孤独な少年、広く薄暗い家、美しい継母と綱渡りの芸人、そして地蔵が鳴く芒の原……不思議と甘い安らぎを感じさせる幻想小説だ。
――千街晶之(書評家)

試し読み「桔梗闇」

      1

 み、みィと、地蔵が鳴いた。
 地蔵が鳴くものか、猫だろうって? まあ、お聞きな。
 あたり一面、すすきの原。
 おあつらえむきに、お月さまじゃないか。
 月の光がつくる影のせいさ、地蔵が薄く笑っているように見えるのは。
 一つだけなら、さほど目をひくこともない、身の丈五寸ほどの小さい地蔵だけれど、それが、芒のあいだに、百か、二百か。
 あちらで、みィ、こちらで、みィ。
 鳴きかわすのだよ。
 そう言って、桔梗ききょうはみィィと語尾をのばす。
「噓だい」
 六歳の周也は、身をこわばらせ、空元気をみせる。
「噓ばっかり言って」
「噓と思うなら、お思いよ」
 桔梗は、鏡にむきなおる。
 浅葱あさぎ長襦袢ながじゅばんを、両の肩までむきだしに、皿に溶いた水白粉みずおしろい平刷毛ひらばけで、のどからあごに塗る。もともと、つやのある白い肌だ。水白粉のほうが色が鈍い。
「はい」と、刷毛を彼の手にわたし、襟元をいっそうゆるめた。
 なで肩で細く長い首がのびたさまが、細口の徳利とっくりみたいだと、周也は思っている。
 一々言いつけられなくても、このごろは、何をすればいいのか、承知だ。
 縁側に鏡台をおき、桔梗の敷いた座蒲団ざぶとんは、紫の縮緬ちりめん
 桔梗がくるまで、周也はその座蒲団を見たことがなかった。
「あたしは、そこで育ったのだからね、鳴き地蔵が噓なら、あたしが育ったのも、噓。ここにあたしがいるのも、噓になる」
 早くおしな、と、うながす。
 板刷毛を手に、周也は少しうしろめたい。
 ずり落ちそうな長襦袢は、細腰に巻いた腰紐こしひもでかろうじてとまっている。
 陽の光が、鶏頭の脂ぎったひだのあいだにとろりとまっている。
 桔梗は片手でおくれ毛をかきあげ、少し前かがみになり、周也の板刷毛が触れると、「冷たい」と、首をすくめた。声が笑いをふくむ。
「動いたらだめだよ」周也は、どぎまぎして、声が邪険になる。
 中腰で、肩から襟足の生えぎわまで、板刷毛を慎重にひく。
 刷毛が感じる桔梗の肌の感触は、周也のみぞおちにまで流れる。
「軽く、刷いておくれよ、周ちゃん。そんなにきつくちゃあ、板があたるよ」
 周也の目に、桔梗の頰のりんかくが、光にふちどられて映る。こまかいうぶ毛が、金粉のようだ。
「真ん中から塗って、それから、両脇というほうが、きれいに塗れるんだけれどねえ」
 失敗したのかな、と、周也は困ってしまい、
「やりなおす?」
「いいよ。かまわないよ」
 つづけて、と、うながす。
 脂ののった肌に、水白粉がしっとりとなじむ。
 小皿に刷毛をひたしては、丹念に塗る。
 あいた手で、汗をぬぐった。
 そのしぐさが鏡に映ったようで、
「汗っかきだね」桔梗はからかった。
 み、みィと地蔵が鳴いたら、こんな声なのだろうか、と周也は思う。
 背後に足音がしたので、周也はうろたえた。
 だれに指摘されなくても、彼自身が気づいている。男の子が化粧道具をいじる、そのことだって、決してほめられたことではないけれど、それ以上に、桔梗の肌から刷毛を媒介につたわるこの感覚は、禁断のものだ。
 足音は彼の後ろで立ち止まった。
 ふりむかなくても、ばあやのおよねだとわかる。
 およねは、周也の母がこの家に嫁ぐとき、実家からいてきた古強者ふるつわもので、母がいなくなった後も、いつづけて、奉公人をとりしきっている。
 だから、周也よりこの家に長くいるのだし、まして先月から同居するようになった桔梗など、物の数でもないといったふうだ。
 およねはそれでも、召使としての分は心得ていますというふうに、言葉に出してとがめはしないが、表情が、はっきり告げている。
 坊っちゃま、いけません。その女のそばにへばりついていては、いけません。
 およねは、桔梗をあからさまにさげすんでいた。

ご購入はこちら▶皆川博子『ゆめこ縮緬』| KADOKAWA


紹介した書籍

関連書籍

MAGAZINES

小説 野性時代

最新号
2024年4月号

3月25日 発売

ダ・ヴィンチ

最新号
2024年5月号

4月6日 発売

怪と幽

最新号
Vol.015

12月22日 発売

ランキング

アクセスランキング

新着コンテンツ

TOP