menu
menu

連載

森見登美彦・著 上田 誠・原案「四畳半タイムマシンブルース」 vol.12

【連載小説】クーラーのリモコンが全宇宙消滅の引き金に――!? ヨーロッパ企画の傑作と『四畳半神話大系』が融合! 森見登美彦・著 上田 誠・原案「四畳半タイムマシンブルース」#1-12

森見登美彦・著 上田 誠・原案「四畳半タイムマシンブルース」

※本記事は連載小説です。

>>前話を読む

 風鈴が鳴り止んで、あたりはひっそりと静まり返った。
 小津たちがタイムマシンとともに消えてしまうと、そこは相変わらずの四畳半アパートである。昼下がりのうだるような暑さが一気に戻ってきたように感じられた。
 相島氏が「城ヶ崎さん」と震える声で言った。
「何がどうなっているんです?」
「どうやらあのタイムマシンは本物らしいな」
「まさかそんな。SF映画じゃないんですから……」
 よろめく相島氏に明石さんが「相島さん」と声をかけた。
「そこに立っているとタイムマシンが戻ってきたとき危ないのでは?」
 相島氏は「ウヒャッ」と叫んで飛び退いた。


紹介した書籍

関連書籍

MAGAZINES

カドブンノベル

最新号
2020年9月号

8月10日 配信

怪と幽

最新号
Vol.004

4月28日 発売

小説 野性時代

第201号
2020年8月号

7月13日 発売

ランキング

アクセスランキング

新着コンテンツ

TOP